元fra-foa三上ちさこが復活。新津由衣とイベント開催

twitterツイート


三上ちさこ(ex.fra-foa)と新津由衣が、12月3日(日)に共同企画イベント<月と太陽-透明な交差点- vol.1>を代官山LOOPにて開催する事を発表した。

三上ちさこは2005年に解散した元fra-foaのボーカリストであり、現在はソロ活動5年ぶりとなる新作の制作に励んでいるという。ライブ活動も休止していたが、12月3日(日)は三上ちさこ復活のステージとして、全曲新曲揃いのお披露目ライブとなるようだ。オフィシャルサイトには新たなアーティスト写真、新曲試聴、直筆メッセージを掲載しており、今後の表現への意欲が綴られている。

新津由衣は、7月に活動名をNeat'sから本名に改名したばかりで、現在1stアルバムのリリースに向けて準備中とのことだ。



三上ちさこと新津由衣は共に、SEKAI NO OWARI、ゆず、でんぱ組.incらの楽曲を手がける音楽プロデューサー・CHRYSANTHEMUM BRIDGEとタッグを組んで現在制作しており、音楽性も表現も対極にあるアーティスト同士、互いに刺激し合い高め合ってきた同志であるという。

“月”は三上ちさこ、“太陽”は新津由衣として、<月と太陽-透明な交差点- vol.1>では両者の出演に加え、今後ゲストアーティストも追加発表される予定だ。

なおチケット予約は、各アーティストのオフィシャルサイト、LOOP WEB予約にて受付中。

<月と太陽 -透明な交差点- vol.1>

2017年12月3日(日) 代官山LOOP
OPEN18:30 / START19:00
■LIVE :三上ちさこ / 新津由衣
■Special Guest : 後日発表

■TICKET
<前売>¥3,800
<当日>¥4,000
※入場時にドリンク代(¥600)が別途必要となります。

<三上ちさこ プロフィール>

シンガーソングライター
1974年8月14日生まれ。

1998年仙台にてバンドfra-foa(フラホア)を結成、2000年トイズファクトリーからメジャーデビュー(代表曲は『澄み渡る空、その向こうに僕が見たもの。』『青白い月』『小さなひかり。』など)。全身全霊を振り絞るように歌う圧倒的なパフォーマンスで観る者を強烈に魅了し、旧赤坂BLITZにてワンマンライブを成功させるも、2005年にバンドは解散。その後ソロ活動において、観客側がそれぞれの才能を発揮できる場をライブで提供したり、自作のスイーツ&アクセサリーを会場で販売したりと、多面性あるライブを展開してきた。

現在、SEKAI NO OWARIやゆずを手がけたCHRYSANTHEMUM BRIDGEプロデュースでニューアルバムを制作中。

<新津由衣 プロフィール>

シンガーソングライター / アーティスト
1985年8月17日 神奈川県に生まれる。

2003年高校生の時にシンガーソングライターユニットRYTHEMとしてメジャーデビュー。
2011年「Neat's」名義でソロプロジェクトを始動し作詞作曲編曲、アートワークやMV制作、絵本制作、ディストリビューションも手がけアイデアとDIYでどこまでできるか挑戦。

2015年 SEKAI NO OWARI、ゆずなどを手掛ける音楽プロデューサーCHRYSANTHEMUM BRIDGEとタッグを組み、本名「新津由衣」に改名し現在1st albumを制作中。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報