【速レポ】<中津川ソーラー>the HIATUS、「俺たちが残していかなきゃいけない」

twitterツイート

ギターを持ち、心を整えるように細美武士(Vo,G)が息を吐くと、「Clone」のピアノのフレーズがリリカルに広がっていく。the HIATUSのステージは、心地よい緊張感と、徐々に鼓動が高鳴っていくダイナミズムとが織り混ざって、頭からグッと心をとらえていくものとなった。柏倉隆史(Dr)の刻む細やかで躍動的なビートとウエノコウジ(B)のグルーヴィなベース、プリズム的にきらめくmasasucks(G)のギターのフレーズと伊澤一葉(Key)の鍵盤とのアンサンブルは、軽やかで、それでいて深く体に浸透させていくパワーがあって、会場の熱がじりじりと上がっていくのがわかる。続く「Geranium」の重厚なギター・サウンドと憂いを帯びたメロディ&ヴォーカルが掻き立てる叙情感を、観客は目いっぱい手を広げ、無心で受け止める。「The Flare」までの頭3曲で、すでにクライマックスを何度も迎えているような、スケールの大きな始まりだ。

◆the HIATUS画像

「こんにちは、the HIATUSです。夏フェスだね、これ」と、照りつける太陽と熱いプレイに汗をほとばしらせた細美が語りかける。ステージから見る観客もきっと、汗びっしょりなんだろう。そして、「気の利いたことが言えたり、面白い冗談が言えたりしませんが、the HIATUSは全部の音楽を置いていくので、最後までよろしくお願いします」というと、さらにディープでエクスペリメンタルな、the HIATUSのロック・ミュージックへと引き込んでいった。





ギターを置き、マイクひとつでパフォーマンスする細美は、バンドの奏でるサウンドを全身に浴び、声を届ける。「Thirst」、そして「Bonfire」といった、アンサンブルの高い精度やそれぞれの楽器の妙味が冴える幾何学的なサウンドでも、一体感溢れる大きなハンドクラップが起きるのは、曲の爆発力があるからこそだろう。ポリリズム的で複雑な音の面白さがありながらも、つねに身体的で、エモーショナルに、体の芯をとらえる強さがある。ずっと、高くこぶしをあげ、体を揺らし、プリミティヴに音に反応する観客を見て、細美もまた笑顔でステップを踏む。「Unhurt」から「Lone Train Running」へと、グッとサウンドの重量もスピードをあげていくと、観客のジャンプもいっそう高くなった。




「最高だよ!」と言ってビールを煽った細美は、震災で福島からつながったフェスがここにあって、10年後にはもしかしたら震災を知らない子たちも見にくるのかもしれない、と語りながら、「俺たちが残していかなきゃいけない。ここに集まったあなたたちが、とても心強いです」と続けた。終盤は、気持ちを引っ張り上げていくようなソウルフルな曲「Radio」にはじまり、「Insomnia」の美しくエモーショナルな歌を刻みつけた。“ワン、ツー、スリー、フォー!”のカウントに会場が歓声を上げ、「紺碧の夜に」が始まるや晴れやかな手拍子が起こる。バンドメンバーが向かい合い、笑顔をかわしながらのセッションは見ているだけでも、その痺れるような興奮が伝わってくる。そして観客もメンバーも大きく拍手をしあい、最高のステージを締めくくった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎上山陽介

【the HIATUS@REVOLUTION STAGEセットリスト】

01. Clone
02. Geranium
03. The Flare
04. Thirst
05. Bonfire
06. Unhurt
07. Lone Train Running
08. Radio
09. Insomnia
10. 紺碧の夜に

■番組情報

『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 ダイジェスト』
12月放送予定 [WOWOWプライム][無料]

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>

2017年9月23日(土)岐阜県 中津川公園内特設ステージ
2017年9月24日(日)岐阜県 中津川公園内特設ステージ

▼9月23日(土)出演アーティスト
シアターブルック / ACIDMAN / THE BACK HORN / Base Ball Bear / the band apart / THE BAWDIES / Czecho No Republic / GRAPEVINE / the HIATUS / HY / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / Nulbarich / PANTA(頭脳警察) / TRICERATOPS / 吉田美奈子&森俊之 / Awesome City Club / SCOOBIE DO / LIVE FOR NIPPON [SOLAR BLUES (永井ホトケ隆・うつみようこ・KOTEZ) / NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介) / 山﨑彩音] / フラワーカンパニーズ / bird / BURNOUT SYNDROMES / 吉川晃司 / 真心ブラザース / Dachambo / cro-magnon / MONSTER大陸 / TRI4TH

▼『Village Of illusion』
LIVE:森広隆 / 武藤昭平with ウエノコウジ / 渡辺シュンスケ
DJ:DJ Cartoon a.k.a YUJIN / DJ PAIPAI / DJ吉沢Dynamite.jp
Dance:Asami / 福(fuku) / MINAMI / NON-P / REIKA / salsabroso / sdl caravan / Sweet Rave×Team Eros / YU-KO
HUMANBEATBOX:HIRONA

▼9月24日(日)出演アーティスト
ザ・クロマニヨンズ / Caravan / 後藤正文&喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION) / THE GROOVERS / ハナレグミ / インディーズ電力 / NAMBA69 / NONA REEVES / NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆう / Nothing’s Carved In Stone / ROTTENGRAFFTY / ストレイテナー / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / 04 Limited Sazabys / Leyona & 臼井ミトン / GACHI SOLAR SPECIAL [浜崎貴司×土岐麻子×奇妙礼太郎 with いまみちともたか] / クラムボン / a flood of circle / 片平里菜 / NakamuraEmi / 忘れらんねえよ / DJダイノジ / 東北ライブハウス大作戦ステージ [TOSHI-LOW / 細美武士 / Kj] / 仲井戸“CHABO”麗市 SOLAR JAM feat.佐藤タイジ,TOSHI-LOW / The SunPaulo / Yasei Collective / BimBamBoom / UQIYO / Omoinotake

▼チケット
全プレイガイドチケット販売中
●イープラス http://eplus.jp/ntsb17/
●楽天チケット http://ticket.rakuten.co.jp/
●サンデーチケットセンター http://www.sundayfolk.com/go/tsb17/
●チケットぴあ http://w.pia.jp/t/solarbudokan/ 入場券(Pコード:335-356)
●ローソンチケット http://l-tike.com/solarbudokan2017 入場券(Lコード:41527)

▼<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>公式アプリリリース
公式アプリでは、全アーティストの出演日程に加え、自分だけのマイタイムテーブルの作成、アーティストのライブ定番ソングや今後のツアー情報などをチェックすることができます。また、出演アーティストのコメント動画を配信スタート。
●アプリ名:「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 app powered by LiveFans」
●提供開始日: 2017年7月7日(金)
●対応OS: iOS8.0以降、Android4.0以降
●価格:無料
●ダウンロード
iOS https://itunes.apple.com/jp/app/id1245513865?mt=8
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.livefans.solar
【コメント配信アーティスト】
佐藤タイジ(シアターブルック)
荒井岳史(the band apart)
Nothing’s Carved In Stone

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス