【速レポ】<中津川ソーラー>04 Limited Sazabys、「このフェスを守っていきましょう」

ツイート

昨日に引き続き、清々しいほどの晴天。それなりに暑さも感じるが、少しぐらい日差しが照りつけないと野外イベントでは寂しさもあるだろう。まさに絶好のフェス日和だ。

◆04 Limited Sazabys画像

<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>2日目、REVOLUTION STAGEの口火を切るのは、ロックシーンを担うバンドとしてその存在感を示しまくっている04 Limited Sazabys。今年は日本武道館でのワンマンも大成功させ、リリースにライヴと縦横無尽に駆け回っている。

SEが鳴り、はやる気持ちが抑えきれないのか、ひとりだけ走ってステージに飛び込んできたRYU-TA(G, Cho)。中盤に本人からも語られたが、なんと中津川出身であり、本日はまさしく地元凱旋。より深い気持ちがあるに違いない。

ライヴは「準備はできてますか? 中津川、注目の一音目!」とGEN(B, Vo)が叫んで「swim」からスタート。GENのハイトーンが響く中、客席にはいきなり大きなサークルが生まれ、満面の笑みでオーディエンスが走り回っている。始まって数十秒でこの光景。バンドが放つパワーの凄まじさを強烈に突きつけられたようでもあった。




もちろん、ライヴが進むにつれ、その勢いはどんどんスピードアップ。ダイバーも出現すれば、目を閉じて喜びを噛み締めながら手を突き上げるオーディエンスの姿も印象的だった「Warp」から切れ目なく「climb」へとつなぎ、RYU-TAとオーディエンスの「ソーラー! 中津川! フォーリミ!」というコール&レスポンスからなだれ込んだ「Chicken race」ではフワッと浮き上がるような高揚感を醸し出す。

また、「monolith」から「fiction」という流れの激烈さも凄かった。しなやかな歌声を響かせるGEN、力の入ったショットを繰り返し、ロックな空気を強固に築き上げていくKOUHEI(Dr, Cho)も妙妙たる存在だったのだが、どこまでも目をひいたのがRYU-TAとHIROKAZ(G)のステージング。ステージの端まで動き回り、「まだまだやれんだろ?」と言わんばかりの表情で遠くの客席まで見渡しながらギターを弾きまくる。その姿がライヴバンドにふさわしい空気を作っているのだ。

後半になっても熱気は上がりっぱなし。その先へ進む意志に満ちた「Feel」、RYU-TAがオーディエンスを煽りに煽りまくった「me?」から「midnight cruising」と畳み掛け、自分が音楽に助けられた想いから「オレがそうだったように、誰かの救いになりたいし、力を与えたい。何かを感じたらポケットに詰め込んで持って帰って、日常生活で使ってください」と語ってから「Terminal」。締めくくりは「Squall」で会場全体に感謝と慈愛に満ちた雨を降らせていった。




ライヴ中、メンバーは口々に「また来年も出たい」と語っていたが、特に印象的だったのが「このフェスを守っていきましょう」というGENの真摯な姿。昨年より地元・愛知でYON FESというフェスを主宰するようになった彼ら。物事を築き上げる難しさを知っているからこその重みのある言葉が突き刺さった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎古川喜隆

【04 Limited Sazabys@REVOLUTION STAGEセットリスト】

01.swim
02.Warp
03.climb
04.Chicken race
05.monolith
06.fiction
07.Feel
08.me?
09.midnight cruising
10.Terminal
11.Squall

■番組情報

『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 ダイジェスト』
12月放送予定 [WOWOWプライム][無料]

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>

2017年9月23日(土)岐阜県 中津川公園内特設ステージ
2017年9月24日(日)岐阜県 中津川公園内特設ステージ

▼9月23日(土)出演アーティスト
シアターブルック / ACIDMAN / THE BACK HORN / Base Ball Bear / the band apart / THE BAWDIES / Czecho No Republic / GRAPEVINE / the HIATUS / HY / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / Nulbarich / PANTA(頭脳警察)/ TRICERATOPS / 吉田美奈子&森俊之 / Awesome City Club / SCOOBIE DO / LIVE FOR NIPPON [SOLAR BLUES(永井ホトケ隆・うつみようこ・KOTEZ)/ NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)/ 山﨑彩音] / フラワーカンパニーズ / bird / BURNOUT SYNDROMES / 吉川晃司 / 真心ブラザース / Dachambo / cro-magnon / MONSTER大陸 / TRI4TH

▼『Village Of illusion』
LIVE:森広隆 / 武藤昭平with ウエノコウジ / 渡辺シュンスケ
DJ:DJ Cartoon a.k.a YUJIN / DJ PAIPAI / DJ吉沢Dynamite.jp
Dance:Asami / 福(fuku) / MINAMI / NON-P / REIKA / salsabroso / sdl caravan / Sweet Rave×Team Eros / YU-KO
HUMANBEATBOX:HIRONA

▼9月24日(日)出演アーティスト
ザ・クロマニヨンズ / Caravan / 後藤正文&喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/ THE GROOVERS / ハナレグミ / インディーズ電力 / NAMBA69 / NONA REEVES / NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆう / Nothing's Carved In Stone / ROTTENGRAFFTY / ストレイテナー / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / 04 Limited Sazabys / Leyona & 臼井ミトン / GACHI SOLAR SPECIAL [浜崎貴司×土岐麻子×奇妙礼太郎 with いまみちともたか] / クラムボン / a flood of circle / 片平里菜 / NakamuraEmi / 忘れらんねえよ / DJダイノジ / 東北ライブハウス大作戦ステージ [TOSHI-LOW / 細美武士 / Kj] / 仲井戸“CHABO”麗市 SOLAR JAM feat.佐藤タイジ,TOSHI-LOW / The SunPaulo / Yasei Collective / BimBamBoom / UQIYO / Omoinotake

▼<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>公式アプリリリース
公式アプリでは、全アーティストの出演日程に加え、自分だけのマイタイムテーブルの作成、アーティストのライブ定番ソングや今後のツアー情報などをチェックすることができます。また、出演アーティストのコメント動画を配信スタート。
●アプリ名:「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 app powered by LiveFans」
●提供開始日: 2017年7月7日(金)
●対応OS: iOS8.0以降、Android4.0以降
●価格:無料
●ダウンロード
iOS https://itunes.apple.com/jp/app/id1245513865?mt=8
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.livefans.solar
【コメント配信アーティスト】
佐藤タイジ(シアターブルック)
荒井岳史(the band apart)
Nothing's Carved In Stone

この記事をツイート

この記事の関連情報