【速レポ】<中津川ソーラー>インディーズ電力、「毎年規模がでかくなってますね」

ツイート

だんだん暑くなってきた正午過ぎ。いよいよ待ちに待ったインディーズ電力の登場だ! 太陽を模った装飾が陽性のエネルギーを放つRESPECT STAGEで、まさに<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>の最っ高な魅力がどかーんと体現されたアクトだった。

◆インディーズ電力 画像

今年に入り二代目社長としてiCasが就任(初代のうつみようこは名誉会長へ勇退)。フレッシュな布陣で新曲をがんがん作っている彼らがまず披露したのは「ギリギリ政府」だ。途中、佐藤タイジが哀愁のメロディを、iCasがバッキングを奏でる中、高野哲が拡声機を手に叫び出す。「インディーズ電力は毎年必ず出演していますが、毎年規模がでかくなってますね。入場者数も増えておりまして、去年が最高だったんですけど、私が聞いた情報によりますとすでに5,000人くらい上回っているそうです。3万人近く集まっていると。専務取締役佐藤タイジが発案&実行委員。みなさん、ソーラーマン佐藤タイジに大きな歓声を!」という粋な計らいを、タイジは照れながらも笑って受け止めた。



カントリー調の「光りのメロディ」が鳴り止んだ時、観客からiCasへ「かわいい~!」の声援が。「ありがとう、みんなのほうがかわいいよ~!」とアイドルっぽい声色で返した彼女に、「どうですかこの生まれ変わりっぷり」(高野哲)、「完全に変わってるよな」(佐藤タイジ)、「会長時代、かわいいって言われると“うるさいわあ、殺すぞこら~”って言ってた(笑)」(高野哲)と、いろんな意味で恐ろしいやり取りが展開される(笑)。

続いて「マネー」はミュートを効かせたジャングルビートと、2番でメロディを紡ぎつつファンキー成分がしとどに溢れる独特のリズムも刻むタイジのギターが冴えていた。ギターボーカル3人という編成を生かした輪唱もすごい楽しい。「響いてほしい」ではタイジがボイスパーカッションに挑戦。そのビートをルーパーで終始保ちながら、切ないムードの前半を経てサビで花開く壮大な歌謡性とあたたかな願い。とってもいい曲だ。




ザ・タイマーズの系譜を継ぐ彼らは替え歌もレパートリーのひとつだけれど、この日は「Why Can't We Be Friends?」を演ってくれた。今夏のツアーで高野哲が歌詞を仕上げたそうだ。次の「明日が見たいのさ」は軽快なフォークナンバー。私小説的な語り口とポジティブなメッセージがぎゅっと胸をわしづかみにしてくる。

ここでセットリストを急遽変更。昨日キッズエリアにてiCasと高野哲の特別編成で演奏したという替え歌、「グリーングリーン~中津川」が届けられる。ビートルズの「Get Back」風サウンドに、“あの日タイジとiCasと語り合ったさ/この世に生きる喜び/そして太陽のことを/グリーングリーン中津川/ことりがうたい/グリーングリーン中津川/緑がゆれる”の歌が乗る。まさにみんなで歌えて楽しめる本フェスのテーマソングだ。ラストはやっぱり「レッツゴー電力」。最後のフレーズをタイジがミスったのもあってか(笑)、満面の笑顔による締めくくりとなった。その場にいた、あるいはこれを読んでいる社員(ファン)のみなさま、本日の業務もお疲れ様でございました。


取材・文◎秋摩竜太郎
撮影◎平野大輔

【インディーズ電力@RESPECT STAGEセットリスト】

01. ギリギリ政府 (高野哲)
02. 光りのメロディ (iCas)
03. マネー (iCas)
04. 響いてほしい (佐藤タイジ)
05. Why Can't We Be Friends? (高野哲)
06. 明日が見たいのさ (佐藤タイジ)
07. グリーングリーン ※替え歌
08. レッツゴー電力 (佐藤タイジ)

■番組情報

『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 ダイジェスト』
12月放送予定 [WOWOWプライム][無料]

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>

2017年9月23日(土)岐阜県 中津川公園内特設ステージ
2017年9月24日(日)岐阜県 中津川公園内特設ステージ

▼9月23日(土)出演アーティスト
シアターブルック / ACIDMAN / THE BACK HORN / Base Ball Bear / the band apart / THE BAWDIES / Czecho No Republic / GRAPEVINE / the HIATUS / HY / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / Nulbarich / PANTA(頭脳警察) / TRICERATOPS / 吉田美奈子&森俊之 / Awesome City Club / SCOOBIE DO / LIVE FOR NIPPON [SOLAR BLUES (永井ホトケ隆・うつみようこ・KOTEZ) / NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介) / 山﨑彩音] / フラワーカンパニーズ / bird / BURNOUT SYNDROMES / 吉川晃司 / 真心ブラザース / Dachambo / cro-magnon / MONSTER大陸 / TRI4TH

▼『Village Of illusion』
LIVE:森広隆 / 武藤昭平with ウエノコウジ / 渡辺シュンスケ
DJ:DJ Cartoon a.k.a YUJIN / DJ PAIPAI / DJ吉沢Dynamite.jp
Dance:Asami / 福(fuku) / MINAMI / NON-P / REIKA / salsabroso / sdl caravan / Sweet Rave×Team Eros / YU-KO
HUMANBEATBOX:HIRONA

▼9月24日(日)出演アーティスト
ザ・クロマニヨンズ / Caravan / 後藤正文&喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION) / THE GROOVERS / ハナレグミ / インディーズ電力 / NAMBA69 / NONA REEVES / NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆう / Nothing’s Carved In Stone / ROTTENGRAFFTY / ストレイテナー / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / 04 Limited Sazabys / Leyona & 臼井ミトン / GACHI SOLAR SPECIAL [浜崎貴司×土岐麻子×奇妙礼太郎 with いまみちともたか] / クラムボン / a flood of circle / 片平里菜 / NakamuraEmi / 忘れらんねえよ / DJダイノジ / 東北ライブハウス大作戦ステージ [TOSHI-LOW / 細美武士 / Kj] / 仲井戸“CHABO”麗市 SOLAR JAM feat.佐藤タイジ,TOSHI-LOW / The SunPaulo / Yasei Collective / BimBamBoom / UQIYO / Omoinotake

▼<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>公式アプリリリース
公式アプリでは、全アーティストの出演日程に加え、自分だけのマイタイムテーブルの作成、アーティストのライブ定番ソングや今後のツアー情報などをチェックすることができます。また、出演アーティストのコメント動画を配信スタート。
●アプリ名:「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 app powered by LiveFans」
●提供開始日: 2017年7月7日(金)
●対応OS: iOS8.0以降、Android4.0以降
●価格:無料
●ダウンロード
iOS https://itunes.apple.com/jp/app/id1245513865?mt=8
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.livefans.solar
【コメント配信アーティスト】
佐藤タイジ(シアターブルック)
荒井岳史(the band apart)
Nothing’s Carved In Stone

この記事をツイート

この記事の関連情報