【速レポ】<中津川ソーラー>NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆうが繰り広げた、天才たちの宴

twitterツイート

NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆうが織りなした奇跡の1時間、この場に出会えた人たちは、至福の喜びを細胞レベルまで染み込ませ、天にも昇る幸せを味わったことだろう。そこで我々が目にしたものは、まごうことなき天才たちが集う宴だった。

◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017> 画像


太陽も地平線に落ちオレンジとブルーのグラデーションが雲間に描かれた夕方6時過ぎ、RESPECT STAGEで昼と夜の間を紡いだNOTHING BUT THE FUNKは、まるで音を操るアスリートのようでもあり、ただ音遊びをする無邪気な子供のようでもあった。6人の天才たちは6本の縦糸をリズムという横糸に紡いでいく。彼らが編み出す音楽といううねりは、まるで音の秘孔を突かれた生き物のように、音楽そのものがうごめき、のたうち、幾度となく首をもたげる様子を描き出した。音楽が目に見えるように感じたのは、僕だけではなかっただろう。音はそのままエネルギーとなって、我々の目の前で踊り波打った。







NOTHING BUT THE FUNKのサウンドには、一切の滲みや澱み、濁りがない。全サウンドが一点しかないスイートスポットに吸い込まれ、強烈なインパクトで音が心地よく起爆する。ドラム/ベース/ギター/キーボード/サックス/トロンボーンは、ときに饒舌になりおもむろに寡黙にもなり、ダイナミズムの陰影が描き出される。アーティストもオーディエンスも、会場全ての呼吸がシンクロし、見事な音の階調を描き出していた。天才のなせる未曾有のサウンドスケープである。



さかいゆうがフィーチャリング・アーティストとして登場したのは、5曲目となった「SUMMER AGAIN」からだった。6人が生み出す音空間で、天才さかいゆうも、まるで子供のようにはしゃぎ、自らのすべてをNOTHING BUT THE FUNKのグルーブに委ねるという、幸せと興奮をそのまま絵にしたようなパフォーマンスを披露してみせた。小さな波、大きな波…NOTHING BUT THE FUNKと一緒に乗る音楽の波の心地よさを、彼はどう表現したか。そう、止めることのできない心の叫び:シャウトだ。



さかいゆうの身体に帯びた熱は、すぐさま我々オーディエンスにも伝染していった。肌寒く気温は下がってきていたけれど、僕の身体もほかほかと熱を帯びていた。真似はおろか近づくことすらできないような天才たちの宴と息吹を目前で体験し、僕の音楽的知能指数がちょっぴりレベルアップしたような気がした。

取材・文◎BARKS編集長 烏丸哲也
撮影◎平野大輔



【NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆう@RESPECT STAGEセットリスト】

1.INTRO
2.RAMBLIN'
3.PASS THE PEAS
4.N.B.T.F.
5.SUMMER AGAIN ~ ROCK WITH YOU w/さかいゆう
6.SHIBUYA NIGHT w/さかいゆう
7.SOUL POWER w/さかいゆう

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>

2017年9月23日(土)岐阜県 中津川公園内特設ステージ
2017年9月24日(日)岐阜県 中津川公園内特設ステージ

▼9月23日(土)出演アーティスト
シアターブルック / ACIDMAN / THE BACK HORN / Base Ball Bear / the band apart / THE BAWDIES / Czecho No Republic / GRAPEVINE / the HIATUS / HY / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / Nulbarich / PANTA(頭脳警察)/ TRICERATOPS / 吉田美奈子&森俊之 / Awesome City Club / SCOOBIE DO / LIVE FOR NIPPON [SOLAR BLUES(永井ホトケ隆・うつみようこ・KOTEZ)/ NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)/ 山﨑彩音] / フラワーカンパニーズ / bird / BURNOUT SYNDROMES / 吉川晃司 / 真心ブラザース / Dachambo / cro-magnon / MONSTER大陸 / TRI4TH

▼『Village Of illusion』
LIVE:森広隆 / 武藤昭平with ウエノコウジ / 渡辺シュンスケ
DJ:DJ Cartoon a.k.a YUJIN / DJ PAIPAI / DJ吉沢Dynamite.jp
Dance:Asami / 福(fuku)/ MINAMI / NON-P / REIKA / salsabroso / sdl caravan / Sweet Rave×Team Eros / YU-KO
HUMANBEATBOX:HIRONA

▼9月24日(日)出演アーティスト
ザ・クロマニヨンズ / Caravan / 後藤正文&喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/ THE GROOVERS / ハナレグミ / インディーズ電力 / NAMBA69 / NONA REEVES / NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆう / Nothing's Carved In Stone / ROTTENGRAFFTY / ストレイテナー / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / 04 Limited Sazabys / Leyona & 臼井ミトン / GACHI SOLAR SPECIAL [浜崎貴司×土岐麻子×奇妙礼太郎 with いまみちともたか] / クラムボン / a flood of circle / 片平里菜 / NakamuraEmi / 忘れらんねえよ / DJダイノジ / 東北ライブハウス大作戦ステージ [TOSHI-LOW / 細美武士 / Kj] / 仲井戸“CHABO”麗市 SOLAR JAM feat.佐藤タイジ,TOSHI-LOW / The SunPaulo / Yasei Collective / BimBamBoom / UQIYO / Omoinotake

▼チケット
全プレイガイドチケット販売中
●イープラス http://eplus.jp/ntsb17/
●楽天チケット http://ticket.rakuten.co.jp/
●サンデーチケットセンター http://www.sundayfolk.com/go/tsb17/
●チケットぴあ http://w.pia.jp/t/solarbudokan/ 入場券(Pコード:335-356)
●ローソンチケット http://l-tike.com/solarbudokan2017 入場券(Lコード:41527)

▼<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>公式アプリリリース
公式アプリでは、全アーティストの出演日程に加え、自分だけのマイタイムテーブルの作成、アーティストのライブ定番ソングや今後のツアー情報などをチェックすることができます。また、出演アーティストのコメント動画を配信スタート。
●アプリ名:「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 app powered by LiveFans」
●提供開始日: 2017年7月7日(金)
●対応OS: iOS8.0以降、Android4.0以降
●価格:無料
●ダウンロード
iOS https://itunes.apple.com/jp/app/id1245513865?mt=8
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.livefans.solar
【コメント配信アーティスト】
佐藤タイジ(シアターブルック)
荒井岳史(the band apart)
Nothing's Carved In Stone

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報