【速レポ】<中津川ソーラー>東北ライブハウス大作戦ステージ、「絶対に無駄にしないから。またやろうぜ!」

twitterツイート

ついに2日間にわたって熱戦が繰り広げられてきた<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>のREDEMPTION STAGEもフィナーレのときを迎える。そこに立つのはシーンを問わず『東北ライブハウス大作戦』に賛同し、心意気でつながったミュージシャンたち。TOSHI-LOW、細美武士、Kjの3人がホストとなり、他では観ることができないプレミアムな時間となった。

◆東北ライブハウス大作戦ステージ [TOSHI-LOW / 細美武士 / Kj] 画像

19時すぎ、REDEMPTION STAGEに近づくとステージ上ではKjが中心となったバンドが音を確認しているところ。Kjの他、生形真一 (Nothing's Carved In Stone)、NAOKI (10-FEET)、SAMBU (NAMBA69)という、めずらしい組み合わせだ。一度、ステージ袖へ捌けるのかと思いきや、「そのままやる?」というKjの言葉から10分前倒しでスタートし、鳴らされたのは「日曜日よりの使者」(THE HIGH-LOWS)だった。






しかも、Kjのみならず、生形とNAOKIもメインで歌うという、なかなか観ることができない形式。気がつけばステージ袖は出演者で鈴なり状態。皆、笑顔でステージを見つめている。

そして、そのまま「TRAIN-TRAIN」(THE BLUE HEARTS)へ。生形のギターでピンときた人も多かったではあろうが、Kjが歌い出したときのどよめきは凄かった。歌い継がれる名曲だけあって、客席では小さな子も一緒に声を上げる。






曲中、しっかりとオーディエンスを見つめながら語るKj。「ソーラーの力でこの国が立ち行くか、すべて賄えるかわかんないけど、やってみないとわからないじゃん。何度も言ってるけど、オレたちは<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>に賛同します」と改めて宣言。そこから難波章浩 (NAMBA69)をステージへ呼び込み、「TAKE ME HOME,COUNTRY ROADS」を披露。「東北に光を!」と何度も叫ぶ難波。それぞれが気持ちを改めて確かめた瞬間だった。







次はTOSHI-LOWが登場。まずは震災で感じたことや考えたこと、『東北ライブハウス大作戦』ついて率直な想いを取り繕わず言葉にし、そこでの体験から歌いたくなったという「満月の夕」を山口洋 (HEAT WAVE)と急遽飛び入りしたRONZI (BRAHMAN)と共に奏でていく。じっくりと大切に聴き入るオーディエンス。透き通るような視線がとても印象的だった。







ここから、「マジメにやるノルマが終わったので」とTOSHI-LOWが笑いを誘い、楽しみにしてた人も多いエセタイマーズの時間。ガッツリと衣装を身にまとったGotch似が姿を現し、TOSHI-LOWと細美がその場で着替える中、「Imagine」を日本語で歌いながらつなぎ、3人がちゃんと揃ったところで「タイマーズのテーマ」「Have You Ever Seen The Rain」「Summertime Blues」を次々に投下。原発を皮肉った「Summertime Blues」で「ソーラー最高!」と盛大に巻き起こったシンガロングは格別な気持ちよさがあったはず。







演奏する「Don't Look Back In Anger」(OASIS)が平和のアンセムになっていることに絡めて、「ソーラーでフェスをやることがコンセプトじゃなくて当たり前になるんじゃないか」と語った荒井岳史 (the band apart)が真ん中に立ち、村松拓 (Nothing's Carved In Stone)、村田シゲ (口ロロ)、KOUHEI (04 Limited Sazabys)という編成も面白い組み合わせだろう。荒井と村松、自身のバンドとはまた違った歌声を響かせ、会場を大いに湧かしていた。







そして、再び細美が姿を現し、『東北ライブハウス大作戦』の特攻隊長と名乗った後、集まったオーディエンスへ感謝の意を伝え、メンバーをひとりずつステージへ呼び込む。ホリエアツシ (ストレイテナー)、ウエノコウジ (the HIATUS)、ナカヤマシンペイ (ストレイテナー)という、ありそうでなかった珠玉のメンツ。特にウエノが紹介されたときの歓声は凄かった。

そこでプレイされたのは、なんとthe HIATUSではなく、MONOEYES「My Instant Song」。歓喜するオーディエンスのジャンプと声で会場全体が揺れるほどの盛り上がり。そこで鳴らされたのはストレイテナーの「ROCKSTEADY」だ。細美のヴォーカルにホリエがコーラス、ホリエのヴォーカルに細美がコーラス。どこまでもきらびやかだった。

すべての演奏が終わり、「いつも本当にありがとうございます。絶対に無駄にしないからね。またやろうぜ!」とオーディエンスへ約束した細美。東北をはじめとした各地でまた目撃できる日を楽しみにしたい。終わりではなく、またここから新たな物語が始まるのだろう。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎上山陽介/古川喜隆

■【東北ライブハウス大作戦ステージ [TOSHI-LOW / 細美武士 / Kj]@REDEMPTION STAGEセットリスト】

▼Kjユニット
01.日曜日よりの使者
02.TRAIN TRAIN
Kj (Vo, AG/Dragon Ash)
生形真一 (G/Nothing's Carved In Stone)
NAOKI (B/10-FEET)
SAMBU (Dr/NAMBA69)

▼Kjユニット + 難波章浩
03.TAKE ME HOME,COUNTRY ROADS
難波章浩 (Vo/NAMBA69)
Kj (AG/Dragon Ash)
生形真一 (G/Nothing's Carved In Stone)
NAOKI (B/10-FEET)
SAMBU (Dr/NAMBA69)

▼TOSHI-LOWユニット
04.満月の夕 w/ 山口洋
05.タイマーズのテーマ w/ 細美武士
06.Summertime Blues w/ 細美武士
07.Have You Ever Seen The Rain w/ 細美武士
TOSHI-LOW (Vo, AG/BRAHMAN)
山口洋 (Vo, AG/HEAT WAVE)
細美武士 (Vo, AG/the HIATUS)

▼荒井ユニット
08.Don't Look Back In Anger
荒井岳史 (Vo, G/the band apart)
村松拓 (Vo, AG/Nothing's Carved In Stone)
村田シゲ (B/口ロロ)
KOUHEI (Dr/04 Limited Sazabys)

▼細美ユニット
09.ROCKSTEADY
10.My Instant Song
細美武士 (Vo, G/the HIATUS)
ホリエアツシ (Vo, G/ストレイテナー)
ウエノコウジ (B/the HIATUS)
ナカヤマシンペイ (Dr/ストレイテナー)

■番組情報

『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 ダイジェスト』
12月放送予定 [WOWOWプライム][無料]

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>

2017年9月23日(土)岐阜県 中津川公園内特設ステージ
2017年9月24日(日)岐阜県 中津川公園内特設ステージ

▼9月23日(土)出演アーティスト
シアターブルック / ACIDMAN / THE BACK HORN / Base Ball Bear / the band apart / THE BAWDIES / Czecho No Republic / GRAPEVINE / the HIATUS / HY / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / Nulbarich / PANTA(頭脳警察) / TRICERATOPS / 吉田美奈子&森俊之 / Awesome City Club / SCOOBIE DO / LIVE FOR NIPPON [SOLAR BLUES (永井ホトケ隆・うつみようこ・KOTEZ) / NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介) / 山﨑彩音] / フラワーカンパニーズ / bird / BURNOUT SYNDROMES / 吉川晃司 / 真心ブラザース / Dachambo / cro-magnon / MONSTER大陸 / TRI4TH

▼『Village Of illusion』
LIVE:森広隆 / 武藤昭平with ウエノコウジ / 渡辺シュンスケ
DJ:DJ Cartoon a.k.a YUJIN / DJ PAIPAI / DJ吉沢Dynamite.jp
Dance:Asami / 福(fuku) / MINAMI / NON-P / REIKA / salsabroso / sdl caravan / Sweet Rave×Team Eros / YU-KO
HUMANBEATBOX:HIRONA

▼9月24日(日)出演アーティスト
ザ・クロマニヨンズ / Caravan / 後藤正文&喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION) / THE GROOVERS / ハナレグミ / インディーズ電力 / NAMBA69 / NONA REEVES / NOTHING BUT THE FUNK feat.さかいゆう / Nothing’s Carved In Stone / ROTTENGRAFFTY / ストレイテナー / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / 04 Limited Sazabys / Leyona & 臼井ミトン / GACHI SOLAR SPECIAL [浜崎貴司×土岐麻子×奇妙礼太郎 with いまみちともたか] / クラムボン / a flood of circle / 片平里菜 / NakamuraEmi / 忘れらんねえよ / DJダイノジ / 東北ライブハウス大作戦ステージ [TOSHI-LOW / 細美武士 / Kj] / 仲井戸“CHABO”麗市 SOLAR JAM feat.佐藤タイジ,TOSHI-LOW / The SunPaulo / Yasei Collective / BimBamBoom / UQIYO / Omoinotake

▼<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>公式アプリリリース
公式アプリでは、全アーティストの出演日程に加え、自分だけのマイタイムテーブルの作成、アーティストのライブ定番ソングや今後のツアー情報などをチェックすることができます。また、出演アーティストのコメント動画を配信スタート。
●アプリ名:「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 app powered by LiveFans」
●提供開始日: 2017年7月7日(金)
●対応OS: iOS8.0以降、Android4.0以降
●価格:無料
●ダウンロード
iOS https://itunes.apple.com/jp/app/id1245513865?mt=8
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.livefans.solar
【コメント配信アーティスト】
佐藤タイジ(シアターブルック)
荒井岳史(the band apart)
Nothing’s Carved In Stone

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報