【インタビュー】LADYBABY「喧嘩しても嫌いになれないのが私は苦しいんです」

twitterツイート

The Idol Formerly Known As LADYBABYが、待望の3rdシングル「Pinky! Pinky!」をリリースした。LADYBABY流ミクスチャーロックに仕上がった表題曲のテーマは“指きりげんまん”。サバイバルだったミュージックビデオの撮影中のエピソードなども聞きつつ、黒宮れいと金子理江の2人のキズナにも迫ったインタビューをお届けしたい。なお、LADYBABYは10月28日に恵比寿リキッドルームで8ヶ月ぶりのワンマンライブを開催する。

◆LADYBABY~画像&映像~

■パートがパキッとわかりやすく分かれて代わる代わる歌う
■ライブでも2人でしゃべっているような感覚があります


──ニューシングル「Pinky! Pinky!」とても楽しめました。CDを制作する前は「次はこんなふうにしたいね」という話をするんですか?

黒宮れい:(以下、れい)そうですね。「どんな感じがいい?」って制作スタッフに聞かれるんですけど、サウンドにしても歌詞にしても私たちらしいのがいちばん良いと思っているので、そういうことを伝えています。今回は「サバイバル感を出すのはどうかな?」と言われたので、「それ、いいと思います!」って。

──表題曲「Pinky! Pinky!」はぶっ飛んでいてキュートでくるくる変わる曲の展開が刺激的ですね。

金子理江:(以下、理江):そうですね。LADYBABYの曲って曲調が変わることが多いんですけど、今回もめまぐるしく変化していくのでいろいろなタイプの音を楽しめるんじゃないかな。あとサビで2人がかけあって歌っているんですけど、ここまでパートがパキッとわかりやすく分かれて、代わる代わる歌うことはなかったので、ライブでも2人でしゃべっているような感覚がありますね。

れい:サビのかけあいになっている箇所は、私たちの関係をわかりやすく例えているのかなって。


▲3rd single「Pinky! Pinky!」初回限定盤(CD+DVD)

▲3rd single「Pinky! Pinky!」通常盤(CD)
──“どんな時も お互いに 笑ってて 支え合おうって”っていう箇所だったりとか? この曲のテーマは「指きりげんまん」なんですよね。

れい:はい。私たち、あんまり約束とかしないんですけど、心で繋がっているのでそういうところが出ていて素敵だなと。

理江:約束がテーマの曲って自分的にはちょっと重いなと思うんですけど、それを2人があえて明るく歌うことによってポジティブになっているなって。

──確かに。ラップ調の部分があったりパンキッシュだったり、メタルの要素があったり、曲調はミクスチャーですよね。

理江:サウンドはカッコいいんですけど、歌い方が元気だから、聴いていて楽しいと思うんですよね。しょっぱなから“アーーーーーーもう無理!!!!!!!!!!!!”ですからね(笑)。


▲黒宮れい
──ははは。いきなり叫んでますもんね。

理江:最後もシャウトで終わりますからね。

れい:斬新で面白いと思います。

──歌詞には“指切り”の由来も描かれててちょっとホラーな描写も出てきますよね。

れい:そうなんです。LADYBABYはもともと日本の文化を伝えていくのがコンセプトのグループだったんですよ。2人体制になってからも、そこは引き続き歌の中に盛り込んで伝えていこうというのがあって。

理江:3人体制だった時より、今のほうがより自分たちに当てはめやすいテーマで歌っています。前回の「Pelo」もそうですけど今回だったら指きりげんまんだったりとか。


▲金子理江
──公開中のミュージックビデオの見どころも教えてください。

理江:ここまで2人で1つみたいな感じを全面に出した映像は初めてかもしれないですね。

れい:歌詞に合わせて映像がパッパッて切り替わってストーリーが展開していくのが面白いと思います。戦っているシーンもあるし。

理江:見たらゾンビと戦っているんだなってわかると思うんですけど、ゾンビ自体は映っていないから、私たちが戦っている敵を想像しながら見ても面白いんじゃないかと思います。あとはお花や植物とかボタニカルな要素を取り入れた映像になっていて、お花ってかわいいけど毒々しさもあるので、MVの内容とかけているのかなって思いました。撮影中、れいはめっちゃ苦しそうだったよね。ガスマスク付けて。

──2人でブランコに乗ってるシーンで付けていますね。

れい:そう。ガスマスク付けたんですけど、慣れてないので(笑)。

理江:慣れてないっていうか、フツー付けないですよね(笑)。

れい:ガスマスクが重くて鼻がつぶれちゃうんですよ。口呼吸うまくできないから、それで呼吸困難になっちゃって。

理江:プチパニック状態だよね。暑いし、中に虫が入ってくるし。

──うわあああ。

理江:撮影したのも緑が多い場所だったから、ゾンビじゃなくて自然がウチらを攻撃してきた(笑)。

れい:草の上に寝転がって2人で指きりしてるシーンがあるんですけど、ダメかと思った。幼虫みたいなのがいるし。

理江:れいが「言わないで」って言うから、すぐ横に虫がいても何も言わずに(笑)。

──そういった意味でもサバイバルな撮影だったんですね。

理江:見えないところにいろいろ敵が潜んでました(笑)。

──ははは。衣装もサバイバルとモッズファッションがモチーフ?

れい:モッズってまた流行ってるんですって。2年ぐらい前にも流行ったんですよ。洋服って繰り返すんですよね。

理江:服はフォーエバーですよ。衣装はかわいくて自信に繋がるような戦闘服っぽいものを着れるのがいちばんいいなって。今回、自分たちの意見も取り入れてもらったので気に入ってるよね。

れい:そう。「縷縷夢兎(るるむう)」の東 佳苗さんが作ってくださったんですけど、仲がいいから意見も言いやすかった。

理江:アーミーな感じでちょっとセクシーさもありつつ、少女らしさをテーマにしているんです。ガールズスカウトの缶バッジも付いてたりするんですけど、バッジにもいろいろ意味あいがある。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報