【レポート】花見桜こうき×最上川司、遊び心満載のジョイントコンサート第3弾

ツイート

花見桜こうきと最上川司のジョイントコンサート<夏風はこぶ秋の唄!! 最上桜劇場 Vol.3>が9月23日、東京・浅草六区ゆめまち劇場にて開催された。ここでは夜公演の模様をお届けする。

  ◆  ◆  ◆

◆コンサート写真(全31枚)

このコンサートは、ヴィジュアル系ロックバンドに属しながらも二足のわらじで演歌・歌謡の世界に飛び込んだという共通点を持つ、ダウトの幸樹(Vo)とTHE MICRO HEAD 4N'SのTSUKASA(Dr)による自主公演。第3回目の今回は昼夜両公演ともにチケットがソールドアウトし、オリジナル曲・カバー曲を織り交ぜたセットリストとコミカルな演出で満員のファンを楽しませた。

まずは4月に行なわれた前公演の写真を使用したムービーが上映され、ステージに現れた2人はオープニングナンバーとして「夏祭り」を歌唱。次に歌う順番をジャンケンとあっち向いてホイで決めると、こうきが「時の流れに身をまかせ」、司が「北酒場」と続け会場を温めていく。




童謡やJ-POPを盛り込んだ「夏秋ソングメドレー」では、「HIGH PRESSURE」を歌うこうきに司がドライヤーを向けて風を起こすフリをするという小ネタを挟み、サポートキーボード・泰斗の伴奏による「秋桜」では2人の美しいハーモニーで会場を包み込むなど、ジョイントコンサートならではの演出を繰り広げた。

“とある準備”のための休憩タイム後、幕が開くとステージ上には万国旗が並ぶ。驚くファンを前に体操着姿の2人が入場すると笑いと歓声がわき起こり、こうきの選手宣誓を皮切りに、まさかの大運動会がスタートした。繋いだダンボールの中に入って四つん這いになり進む、ダンボールキャタピラーからパン食い競走、次の借り物競走ではこうきが「聴診器」、司が「ハンカチ」と書かれたお題を引き当て、こうきの「この中にお医者様はいませんか!?」という絶叫も虚しく、司があっという間にハンカチを手にしてまず一勝。




それぞれのファンが大きな声援を送りますますヒートアップするなか、続いては玉入れ&ダンス競技へ。玉入れBGM以外が流れたらその音楽に合わせて踊るというルールが設けられており、次々に切り替えられる音楽に一生懸命対応する姿に爆笑が起こる。普段はなかなか見ることのできない姿をファンが堪能しきったところで制限時間となり、カゴから玉をひとつずつ取り出してカウントすると赤い玉の方が多く、司が完全勝利を収めた(こうきの罰ゲームはのちほど)。



大盛り上がりの大運動会のあとは浴衣に着替えた2人が登場し、この日のために制作したという初のオリジナル曲(タイトル/リリース未定)を熱唱。同曲は太鼓と笛の音が入ったお祭りソングで、歌詞にはそれぞれの出身地のこと、そして“一緒に夢を掴んでいこう”というメッセージなどが込められていると明かされた。

こうきによるMC後、ここからはそれぞれがオリジナル曲を2曲ずつ披露。黒をベースにした和装に衣装チェンジして現れた司は、メジャーデビュー曲「まつぽいよ」、振られてしまった女性の心情を歌った新曲「樹氷」(リリース未定)をしっとりと歌唱。こうきはミントグリーンの和装に身を包み、メジャーデビュー曲「アイラブ東京」、新曲「忘れ傘」(リリース未定)ではファンと一緒に扇子を振って会場をひとつにまとめ上げた。



ラストに2人の幼い頃の写真をスライドショーで上映しながら「少年時代」をデュエットし、本編が終了。アンコールでは、まず司が「ヴィジュアル系らしく……かかってこーい! いけるかー!?」と煽っているところに、先ほどの大運動会での罰ゲームとしてこうきがピコ太郎のコスプレをして登場。「TONIGHT」でヴィジュアル系アーティストとしての顔も見せ、コンサートを締めくくった。

なお本公演中に、12月30日に次回公演が開催されることがアナウンスされた。さらに、ゆくゆくは<最上桜劇場>としてツアーを行ないたい、会場のキャパシティを広げたいなどといった、今後の展望も明かされている。



取材・文・撮影◎BARKS

■夜公演 セットリスト

1.夏祭り(Whiteberry)/こうき・司
2.時の流れに身をまかせ(テレサ・テン)/こうき
3.北酒場(細川たかし)/司
4.紅葉(童謡)/司
5.赤とんぼ(童謡)/こうき
6.夢芝居(梅沢富美男)/司
7.真夏の果実(サザンオールスターズ)/こうき
8.花(ORANGE RANGE)/司
9.HIGH PRESSURE/こうき
10.秋桜(山口百恵)/こうき・司
[運動会]
11.新曲(タイトル未定)/こうき・司
12.まつぽいよ(オリジナル)/司
13.樹氷(オリジナル新曲)/司
14.アイラブ東京(オリジナル)/こうき
15.忘れ傘(オリジナル新曲)/こうき
16.少年時代(井上陽水)/こうき・司
EN.TONIGHT(LUNA SEA)/こうき・司

※4〜9曲目はメドレー

この記事をツイート

この記事の関連情報