GACKT、“二面性”をテーマにドレスをプロデュース

twitterツイート

GACKTがパーティードレスの新ブランドのプロデューサーに就任し、本日9月27日(水)に発表会を開催した。

◆GACKT 画像・ドレス画像

GACKTはパーティードレスを中心に10~20代向けレディスファッションを取り扱う株式会社dazzyにて、新ブランド「MARGARET NOCTURNE(マーガレットノクターン)」を発表。白い花の「MARGARET」と夜の黒を意味する「NOCTURNE」をかけあわせ、無垢な少女が垣間見せる大人の顔というブランドコンセプトだ。


発表会ではドレスも初お披露目。正面から見ると可愛らしいシンプルなドレスだが背中が大きく開いていたりと、いずれもGACKTのオリジナリティあふれるデザインだ。GACKTは一つのドレスに二面性を必ず入れていると語り、かしこまったパーティーだけでなくちょっとした外出の際にも着て欲しいと述べた。ドレスは黒を基調にしたものだが、これも「MARGARET」の白と「NOCTURNE」の黒をモチーフにしているとのこと。

GACKTは日本の女性について、レベルが高いと述べつつも着飾る場所や自分を表現出来る場所が少ないと思っているそうだ。最後に「世の中の女性にドレスを着ること、身に纏うことはそんなに特別なことじゃないと知ってほしい」とも述べていた。「MARGARET NOCTURNE」のドレスは、本日よりdazzy storeにて予約販売がスタートしている。ドレスの価格やサイズ展開など詳細は販売サイトにて。



twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報