【レポート】Broken By The Scream、“メタル系スクリーミングアイドル”全開の初ワンマン

twitterツイート

“メタル系スクリーミングアイドル“Broken By The Screamが9月10日、渋谷DESEOにて初単独公演<The First Scream>を開催した。

◆Broken By The Scream (BBTS) 画像

男性ファンが多数を占めるフロアだが、女性ファンも少なくない上、年齢層も幅広いなど、会場には多種多様な音楽ファンが駆け付けているように見受けられる。それもそのはず、BBTSはアイドルながらラウド系専門サイトでランキング1位を獲得したとのことで、その真価を見極めようと早耳音楽ファンも入り乱れていたのだ。


そして定刻通りに会場が暗転。期待と興奮でザワめく場内のスクリーンに、不穏なサウンドと共にBBTSのロゴが映し出された。映像の内容は、“少女たちの叫び声が聞こえた渋谷DESEOの事件の真相に迫る”というもの。拍子抜けするようなコミカルな本人たちの声とアニメーションに会場が笑いに包まれたが、そこに一つのテーマが突きつけられる。

「この事件の目撃者はいませんか?」

スクリーン映像が終わると同時に登場SEが鳴り響いた。激しいサウンドをバックにメンバーが姿を現し、ライブはデビュー曲「Oh! My! ME・GA・MIに恋してる」で幕を開けた。

「今日は私たちBroken By The Scream初のワンマンライブ<The First Scream>にご来場いただき本当にありがとうございます!! 最後までケガせず、みんなで楽しんでいきましょう!!」

メンバーからファンへの感謝と気遣いに対する返答にデスヴォイスが混じっているのもBBTSのライブならではのもの。そしてステージ前半は人気曲「Breeder Breeder」などを中心に激しいナンバーが波状攻撃のように畳みかけられる。野月平イオが唸るような低音グロウルで叫ぶと、雲林院カグラは高音のスクリームでそれに応える。流鏑馬アヤメと熊埜御堂ヤエのクリーンボイスが、そこに絶妙に交錯し、BBTSサウンドがオーディエンスを興奮の渦へ巻き込んでいった。

ライブ後半はワンマンに先立って公開されたトレーラー映像楽曲「夢花火」、初のバラードナンバー「ヒカリ」など、緩急に富んだ選曲であっという間のラスト「わたしはわたしのままだよ」を迎えた。しかし、オーディエンスの声援は鳴り止まずアンコールへ。

「これはBBTSの第一歩。みんな<The First Scream>のチケットを無くさないで持っていてね! 私たちがそのチケットをもっと価値のあるものにするから!」

力強いヤエの宣言と、最後にもう一度披露されたデビュー曲「Oh! My! ME・GA・MIに恋してる」が未来への宣戦布告のように鳴り響いて初ワンマンが終了した。

終演後、11月8日に1stミニアルバム『SCREAMING RHAPSODY』が全国リリースされることに加え、同月23日には下北沢LIVEHOLICで主催イベントが開催されることも発表となった。


■Broken By The Scream 初単独公演「The First Scream」2017年9月10日(日)@Shibuya DESEO

SE
01.Oh! My! ME・GA・MIに恋してる!
02.泣いて泣いて泣きまくれ
MC
03.恋ドラ!?
04.Breeder Breeder
05.オトコとオンナ
〜映像〜
06.めんぶれ
07.夢花火
MC
08.ヒカリ
MC
09.走れ!なでしこ!
10.わたしはわたしのままだよ
encore
En1.Oh! My! ME・GA・MIに恋してる!



■1st MINI ALBUM『SCREAMING RHAPSODY』

2017年11月8日(水)発売
DADE-00011 ¥1,852(税抜価格)+税
1.夢花火
2.恋ドラ!?
3.走れ!なでしこ!
4.わたしはわたしのままだよ
5.ヒカリ

■ライブ情報

2017年09月30日 渋谷O-NEST
2017年10月31日 渋谷GAME
2017年11月23日 下北沢LIVEHOLIC ※BBTS主催ライブ

◆Broken By The Scream オフィシャルサイト
◆Broken By The Scream レーベルサイト
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報