Superfly、『ドクターX』 ダブル主題歌に決定

twitterツイート


10月12日(木)からテレビ朝日系でスタートする米倉涼子主演ドラマ『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』の主題歌を、Superflyが担当することが決定した。

Superflyは、2012年にスタートした同ドラマシリーズ1作目からすべての主題歌を担当しているが、今回はドクターX初の試みとして、2曲の主題歌をSuperflyが提供するという。一つ目の楽曲は、シリーズ1作目の主題歌でありこのドラマの原点とも言える「Force」をオーケストラバージョンにリアレンジした「Force -Orchestra Ver.-」である。11月15日に開催される<Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom”>がオーケストラ編成で行われることによって生まれた同バージョンは、オリジナルの「Force」からより一層壮大な雰囲気を感じられる楽曲に仕上がっているとのこと。

もう一つの主題歌は、今作の為に書き下ろした新曲「ユニゾン」だ。「Force -Orchestra Ver.-」は“私、失敗しないので。”が決め台詞で、組織や権威に屈しない大門未知子の力強い姿とリンクするのに対し、「ユニゾン」は大門未知子が垣間見せる優しさといったヒューマンな部分を表現した楽曲。シリーズ5作目を迎え、集大成とも言える大門未知子の両面を表したダブル主題歌となったもようだ。

主演の米倉涼子および、Superflyからコメントも寄せられている。

  ◆  ◆  ◆

【米倉涼子コメント】

Superflyさんとはずっと一緒にやってきましたし、どこへ行くにも一緒だという感覚が、私の中には常にあります。
ですから、今回も主題歌を引き受けてくださって、本当にうれしかったです。
“Superflyさん=ロック”というイメージが強かったこともあり、今回の楽曲は意外でした。
これまでの主題歌は前進する姿勢を全面に押し出したものでしたが、今回の2曲はアレンジなども含め、いろんな捉え方ができる楽曲になっています。
「患者さんと一緒に戦っていこう」という未知子の再決意はもちろん、彼女がたどってきた道のり、これまで助け合ってきた仲間たちへの思いなども感じられて、胸が熱くなりました。
そんなダブル主題歌と今回の『ドクターX』がどんな“ユニゾン”を奏でていくのか…。私自身もすごく楽しみです!

【Superflyコメント】

5作連続で主題歌を担当させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
1作目から、大門未知子が変化・進化していくように、Superflyの楽曲も変化・進化していけるよう、毎回気持ちをこめて参加させていただいています。
今回は意外で驚きのある作品に仕上げられたと思うので、どんな風に流れるのか、とても楽しみです!
本当にありがとうございます!

  ◆  ◆  ◆

◆Superfly オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報