【インタビュー】千歌繚乱出演バンド・Sick.、「ここで止まるつもりはない」

twitterツイート

■Sick.を大事に考えているからこそ脱退を決めた

――そのような状況の中で、活動休止を決めたのにはどんな理由があったのでしょうか。

詩季:まぁ、簡単に言うと見てたものが違ったのかな。各々が求めてる理想が違っていた、それだけです。

吏:今、Sick.はとても大事な時期です。ミニアルバムも高評価をいただいてライブの本数も多くて怒涛の日々の中、“ちょっと違うな”と思うことがあってもこなしていくしかなくて。でもこれからもっと大変になっていくのに、“違うな”と思うことがあったらこれからどんどん苦しくなるんじゃないかって思って…。

Avel:Sick.のことを重く、大事に考えているからこそ、僕たちは脱退を決めました。


▲吏(Pianoforte)

――活動休止前最後のライブになる<Sick. 1周年記念主催「 Screaming inside can kill. 」>についてはどのようにお考えでしょうか。

詩季:しんみりするのは抜きで、この日は単純にSick.の一年の集大成を見せる日。会場も一年前と同じ場所ですし、一年前の自分たちよりいいものを見せられるかどうかを考えています。来てくれた人に「活動休止してもこいつらは大丈夫だな」って思わせたいですね。メンバー全員いいプレイヤーなんで、離れても各々が絶対どっかで活躍してくれる。その「どこにいっても通用するよね」っていうのを見せられるライブにできたらいいなと思います。

風輝:詩季が言ったのにプラスして、現体制でできる最後のライブだし、いろんな意味ですごく大事な日になると思います。

Avel:脱退する僕らにとっては、今までSick.としてやってきた曲ができる最後の機会なんで、どの曲もこれまでで一番のパフォーマンスとクオリティで表現できたらなと思っています。自分のためにも、見てくれる人のためにも。

豪:個人的には、このライブ終わったら死んでしまうくらいの意気込みでドラムを叩いて、その熱意をお客さんに届けれたらなって思います。

吏:一年通してどれだけ成長できたのかを見せれる最高の場だと思うので、ファンの方には感謝の気持ちを伝えれたら。


▲Avel(B)

――これまでの活動で印象に残ってることは?

詩季:ちょうど一年前の始動ライブです。あの日はステージに仮面を飾ったり、出演してくれるバンドさんについてコメントを流すとか、すごいこだわったんです。後にも先にもあれが一番良かったライブだなと思います。

風輝:バンド人生単位で考えた時、一番勉強になったなって思うのはいいミュージックビデオを作ろうと思ったらとても過酷なんだということ。先にも言いましたが、たいていの大変なことが経験できてよかった。壮大に録ろうとしたりこだわればこだわるほど、危険も伴うし大変なんだと知れたのは大きな糧になりましたね。

豪:ライブの景色は一生忘れません。僕はヴィジュアル系バンドをやったのがこれがはじめてで、真剣にやったバンドもこれが初めて。お客さんが僕が知らないノリをしてて最初はすごいカルチャーショックでした。でもお客さんの熱量のすごさとか、一体感とか、ドラム台から見るあの景色は、永遠に残り続けると思います。

Avel:僕も前のバンドでやってたのは「見ろ、聴け、かっこいいだろ!」っていう意識だった。でもこのバンドではお客さんも一緒になって全員でライブしたなって。それが印象に残ってます。

吏:僕はライブとかミュージックビデオとかそういうのよりももっと日常な…。例えば誰かが「あのときさ」って言えば「あぁそんなこともあったな!」と話が盛り上がるとか、こいつらとはどんな話も通じるんですよね。そういう仲間ができたということが、一番バンドをやっていて良かったと思うことです。移動中の車中での会話とか、スタジオに入ったときとか、今思えば全部にひとつひとつ意味があったんだなと感じています。


▲豪(Dr)

――いったん脱退、活動休止をしますが、みなさん音楽活動は続けていくんですよね。

詩季:はい。誰も引退はしません。

――Sick.は詩季さんと風輝さんだけになりますが、活動休止後の予定は?

詩季:曲の雰囲気をちょっと変えようかなと思っています。これを取り入れたら絶対にいいなっていうものが一個確立しているので、いろいろ準備も進めています。早くあたらしい新しいSick.を見せたいというか、楽しみです。

風輝:11月1日をもってSick.は2人になってしまいますが、止まるつもりはないんで心は離れないで欲しい。今後とも応援よろしくお願いします。

豪:今後のSick.に、乞うご期待!

吏:次、いつ顔見れるのかまだ現時点ではわからないから、今のうちにSick.のライブを見に来てください。<千歌繚乱vol.14>もぜひ。

Avel:そう、残りの期間もよろしくお願いします。Sick.もまた戻ってくるし、僕らも新しい彼らに期待しています。そしてもし良かったら、抜けていくメンバーのことも忘れないでください。

取材・文◎Yoko Hattori(BARKS)


<千歌繚乱vol.14>

日時:2017年10月16日(月) 開場17:00/開演17:30
開場:渋谷REX
出演:Sick./ZERO MIND INFINITY/ハクビシン/まみれた/未完成アリス/ラッコ
料金:【先行チケット】3,500円 【一般チケット】3,800円 【当日券】4,000円

チケット受付スケジュール
9月12日(火)12:00~10月15日(日)
チケット購入ページURL:
[イープラス]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002235976P0030001

3rdミニアルバム『PhAntom.』

2017年9月13日発売
【収録曲】
1.PhAntom
2.Under.
3.A.S.B
4.Pandemic.
5.Monster.
6.Cinema.

<Sick.1周年記念主催「Screaming inside can kill.」>

11月1日(水)心斎橋FanJ twice
OPEN 16:30/START 17:00
ADV ¥3500/DOOR ¥4000(共にD別)

【CAST】Sick.
シェルミィ/IGGY/DIMLIM/Leetspeak monsters/CANIVAL/DIEALO
O.A タソガレニ鳴ク。
【チケット】
A. e+(10月1日〜発売)
B. バンド予約
C. 当日券
【企画・制作】(∀)RECORDS

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon