今週金曜日(10月13日)はサミー・ヘイガーの70歳の誕生日。これを記念し、現在メキシコで<Birthday Bash!>公演シリーズを開催しているヘイガーは、同イベントのハイライトを収めたドキュメンタリーを制作し、12月に映画館で上映するそうだ。

◆トレーラー映像

<Birthday Bash!>は10月9日から14日まで、ヘイガーが経営するレストラン・ナイトクラブCabo Wabo Cantinaで4公演開催。マイケル・アンソニー、ジェイソン・ボーナム、ヴィック・ジョンソンに加え、元パンテラのヴィニー・ポール、カントリー歌手のトビー・キース、エディ・マネー、グレイトフル・デッドのボブ・ウェア、アリス・イン・チェインズのジェリー・カントレル、ニッケルバックのチャド・クルーガー、RUN-D.M.C.のダリル・マクダニエルズらが出演している。

ヘイガーは30年近く、毎年、バースデー・コンサートを開催してきたが、70歳の今年はスペシャルなもの。そのパフォーマンスやビハインド・ザ・シーンを収めたドキュメンタリー『Red Til I'm Dead: Sammy Hagar's Rock-N-Roll Birthday Party』は12月5日に全米各地の映画館で特別上映される。





ヘイガー関連ニュースとして、彼は2018年はチキンフットの活動に専念したいと考えているようだ。メンバーの1人、ジョー・サトリアーニは最近、ヘイガーから電話を貰い、「君に知らせときたいんだけど、2018年、俺はチキンフットに全てを捧げるつもりだ」と突然告知され、ぶっ飛んだと話している。

Ako Suzuki