【インタビュー】ジャクソン・ブラウン「人生は永遠じゃないんだ、と思うよ」

twitterツイート

これと言って困っているわけではない。不満を言えば幾らでもあるが、人並みではないかと思いながら、日々を重ねる。それでも、理由もなく淋しくなったり、悲しくなったりすることがある。家族や友人たちに囲まれていても、こころの何処かに孤独や不安を抱えていて、それが頭をもたげてくる瞬間というのがある。ジャクソン・ブラウンは、そういう瞬間や感情を、誰にも真似できない言葉と、憂いを帯びた歌声で見事に描く。

◆ジャクソン・ブラウン画像

1972年にデビュー、今年45周年だ。その昔、最も重要な若き吟遊詩人とも、成熟した若きシンガー・ソングライターとも呼ばれた彼も、69才になった。てんびん座、誕生日は、ジョン・レノンと同じだ。正義感という点でもジョンに負けはしない。世の中に対して、時代に対して、真摯に向きあい、その結果として、反戦運動や環境問題を含めたいろんな市民活動にも積極的にかかわってきた。

そのジャクソン・ブラウンの来日公演が数日後に控えている。今回は、ライヴ・アルバム『ザ・ロード・イースト』を携えてのライヴだ。副題に“ライヴ・イン・ジャパン”とあるように、『ザ・ロード・イースト』は、2015年の、つまり前回の日本公演を収録し、日本への、殊に核廃絶を訴える彼の広島への思い、祈りにも似た思いがいっぱい詰まったアルバムになっている。

▲『ザ・ロード・イースト -ライヴ・イン・ジャパン-』

「バリケーズ・オブ・ヘヴン」や「青春の日々」のように、人生について何かを学ぼうと悩む若い頃の彼の息遣いが聞こえる歌や、「ザ・クロウ・オン・ザ・クレイドル」や「ライヴズ・イン・ザ・バランス」のように、社会への激しい願いを託した歌の数々が、ドリーム・バンドと彼が呼ぶ仲間たちの演奏でよみがえる。

「『孤独なランナー』のときに一緒だったバンドも、大好きだった。ダニー・コーチマー、ラス・カンケル、リー・スクラー、クレイグ・ダーギ、ぼくのヒーローたちだったからね。ツアーをしながら、レコーディングする自信をくれたのは彼らだ。今回のバンドは、何年も一緒にプレイしてきた人たちでできている。そのせいか、一度たりとも同じ演奏にはならない。それほど、息が合っているんだ。

ヴァル(・マッカラム)とグレッグ(・リーズ)の二人のギタリストも、組み合わせが最高で、一人が高音域に行けば、もう一人が低音域に、というように、お互いを補いながら、常に向き合い、刺激しあっている。みんながこうやってまた日本に帰ってこれたのは幸運だよ。みんな忙しいからね。殊にグレッグは超多忙だし、しかも、彼の創意をそそるのはお金ではないんだ。

現在のバンドは、グレッグがいなかったら、みんなここにいなかったと言えるかもしれないね。少なくとも、ぼくはそうだよ(笑)。みんな、グレッグとやりたいんだ(笑)。それに、ぼくらが演奏している曲は、デヴィッド(・リンドレー)と同じくらい上手いスライド・ギタリストが必要だからね」

グレッグ・リーズは、ジャクソンはもちろんだが、ジョニ・ミッチェルからエリック・クラプトンまで、数えきれないほどのアーティストたちから声がかかる超売れっ子のスティール・ギタリストだ。しかも、ジャクソンとは同じ高校の後輩にあたる。

「ただ、当時は知らなかったんだ。知っていたら、一緒にバンドをやっていたよ。最初、デヴィッドがどうやってるのか、グレッグがわからなくて時間がかかる曲もあった。少し変わったチューニングをやっているところがあるからね。それがわかってからは、もう素晴らしいとしか言いようがない。最初だけは、デヴィッドに敬意を捧げる意味で、彼と全く同じフレーズを弾くんだ。その後は、グレッグならではの個性を注いでいく」

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon