<RBMF2017>第3弾ラインナップにDJ KRUSH、MURO、小室哲哉、小西康陽ら

twitterツイート

2017年10月22日(日)~11月17日(金)まで、レッドブルによる音楽フェス<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017>(以下、RBMF2017)が開催される。本日17日、第3弾となるラインナップが発表された。

<RBMF2017>で登場するのは、ポップス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニック、ノイズからゲーム音楽まで、ジャンルはさまざま。日本の音楽に“翼をさずける”をテーマに、日本の音楽にまつわるイベント、ワークショップ、レクチャーが都内各所で約1ヶ月間にわたって展開される。第3弾発表では、DJ KRUSH、MURO、小室哲哉、小西康陽、GONNO、Licaxxxらの出演が明らかになった。

DJ KRUSHは、日本の音楽シーンに一石を投じた著名アーティストを招き貴重な経験談を直に聞ける音楽講義<LECTURE>への登壇が決定。この日は自身初となるラップアルバム『軌跡』について語られる。

また、東京について唄われた楽曲をテーマに歌詞の朗読やトークショーを繰り広げる<言霊 - KOTODAMA>には小西康陽とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが登場。電子音楽の祭典<MUTEK>の最終日には、小室哲哉と脇田玲(慶應義塾大学教授)によるオーディオビジュアル・インスタレーション・プロジェクトの出演が決定した。彼らは世界最高峰のメディアアートの祭典<アルス・エレクトロニカ・フェスティバル>受賞式後のシークレットライブに改良を加えたオーディオヴィジュアル・パフォーマンスを日本科学未来館で世界初披露する。

このほか、日本の歌をテーマにしたクラブナイト<歌謡浪漫 - KAYOU ROMAN>には、MURO、MACKA-CHIN、Licaxxx、DJ IKUの出演が新たに決定。タワーレコード渋谷店が一日限りのライブハウスに変貌する<音楽摩天楼 - ONGAKU MATENRO>にはHER NAME IN BLOOD、NOTHING TO DECLAREの Mas(Vo)によるアコースティックセット、元・カラスは真っ白のシミズコウヘイによるソロプロジェクト、sooogood!の出演が決定した。

ハロウィンの夜、松竹初の特撮怪奇映画『吸血鬼ゴケミドロ』を上映する<FILM NIGHT>では高橋ヨシキと中原昌也による対談が実現し、リハーサルなし、一発勝負の即興セッション<ROUND ROBIN>には小林うてな、灰野敬二、蓮沼執太、TANCO、菊地成孔、鈴木勲ら、世代やジャンルを超えた実力派ミュージシャン15名が登場。日本のゲーム音楽に焦点をあてた<DIGGIN' IN THE CARTS>には、GONNOの出演が決定している。

レッドブルならではのユニークなイベントの数々に、日本の音楽シーンを代表する著名ミュージシャンから新進気鋭のアーティストたちまで総勢150組以上が登場する<RBMF2017>。各公演のチケットは現在発売中となっている。詳細はオフィシャルサイトにて。


<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017>

2017年10月22日(日)~11月17日(金)
会場:都内各所(渋谷・恵比寿・六本木など)
チケット:https://eplus.jp/ath/word/114863
オフィシャルサイト:http://tokyo.redbullmusicfestival.com #redbullmusic
主催:レッドブル・ミュージック・フェスティバル実行委員会
後援:一般財団法人渋谷区観光協会
*未就学児は入場不可。一部イベントは 20歳未満入場不可
*実施内容は予告なく変更となる場合がございます

◆<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017> オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報