【インタビュー】DAIGO [BREAKERZ] 編「絆がクロスしてより広がっていく」

twitterツイート

BREAKERZが10月18日、10周年記念スペシャルアルバム『X』(※クロス)をリリースする。同アルバムは<BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS->公演の際に披露された新曲を収録したスペシャルコラボレーション盤と、ファン投票によるリクエストベスト盤から構成されるものだ。

◆アルバム『X』ティザー 動画

2017年にデビュー10周年を迎えた彼らは、GLAY、VAMPS、倉木麻衣、GRANRODEO、ゴールデンボンバーなど10組と対決型ライブ<10番勝負>を各地で繰り広げた。前述したとおり、スペシャルコラボレーション盤には共演を果たしたアーティストたちに敬意を払いつつ制作した新曲を収録しているのだが、そのレコーディングには共演アーティスト自身が参加。なんとも豪華なコラボ曲集ともいえる作品として届けられる。一方のリクエストベスト盤にはファンからのリクエストによってセレクトされたライブに欠かせぬ全15曲が収められた。

このスペシャルアルバムを記念して、BARKSではメンバー3人のソロインタビューを実施。その第1弾はDAIGOだ。ジャンルを超えて、刺激を受けたアーティストたちとのクロスがあったからこそ生まれたコラボ曲の全曲解説をレアなレコーディングエピソードとともにお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■この1枚でライブができるような選曲
■人格者のファンが多いんだなって(笑)

──デビュー10周年を振り返って、この事があったからBREAKERZの絆が強くなったとか、忘れられない出来事はありますか?

DAIGO:BREAKERZは渋谷の小さなライブハウスから始まって、コツコツ一緒に積み上げてチャンスを掴んできたんです。そんな中、初の武道館ライブ(2009年開催)はメモリアルだったし、“やり続けたらいいことあるんだな”って思えた瞬間でしたね。BREAKERZとして武道館に立てたのがホントに幸せで。

▲DAIGO (Vo)/<BREAKERZデビュー10周年記念ライブ【BREAKERZ Ⅹ】>初日

──そこまで辿り着けたことが、バンドを続けていく支えにもなったんでしょうか?

DAIGO:自分たちにとって自信にもなりましたね。そこから4年連続で武道館に立って、5周年でメンバーそれぞれがソロ活動をしたことも良かったんだと思うし、待ってくれたファンのみなさんがいたから、また歩き出せたっていうのもある。僕が音楽活動以外で一気に忙しくなってから、BREAKERZを知ってもらう機会も増えたんだけど、サウンド面でAKIHIDEさんやSHINPEIがしっかり固めてくれたことはもちろん、メンバーが俺の活動に理解を示してくれたのはすごくありがたいことだなって。

──DAIGOさんはスケジュール的にも忙しくなってしまうけれど、そのあたりも含めて受け止めてくれる懐が深い2人だからこそ?

DAIGO:ええ。僕がTVに出たり、いろいろな活動をすることによって、“何かをBREAKERZに持ち帰ってくれるんじゃないか”ってわかってくれていたと思うんです。全てをチャンスに変えるだろうって感じてくれてたんじゃないかな。そこはシンプルに大きかったと思います。10年、一歩一歩、進んできて積み上げてきたものがBREAKERZの絆を強くしたんじゃないかなって。

──なるほど。そんな10年の歩みと今のBREAKERZが詰まったスペシャルアルバム『X』はスペシャルコラボレーション盤とリクエストベスト盤のアルバム2枚で構成されていますが、どういう経緯があってこの形になったんですか?

DAIGO:最初からヴィジョンが固まっていたわけじゃなかったんですよ。今年、いろいろなアーティストと共演した<BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS->では、出演を快諾してくださったみなさんに感謝の気持ちを込めて、ライブで新曲を1曲ずつ発表していったじゃないですか。そういう曲たちが自ずと10曲溜まったので、「せっかくだからリリースしたいな」って。で、出すんだった対決してくれたみなさんと楽曲でもコラボできないかなという発想から、どんどん話が転がっていったんです。それがスペシャルコラボレーション盤で、じゃあ、ファンのみなさんともコラボしたいねっていうことでリクエストベスト盤に繋がっていきました。いろいろなことが掛け算のごとくクロスして形になった感じですね。

──ということは<10番勝負>で、共演したアーティストに敬意を込めて作った新曲を発表した時には、まだ音源化は考えていなかったんですね。

DAIGO:そうなんですよ。当初はそんなこと考えていなかったし、そもそも“毎回毎回、本当に新曲を作れるのか?”って思ってましたからね(笑)。

──アルバムのタイトル『X』(※クロス)は最後に付けたんですか?

DAIGO:はい。BREAKERZとアーティストたちのクロスと、ファンのみなさんたちとのクロスと、10周年の“X”の3つの意味を込めて付けました。

▲『X』10th Anniversary Special Deluxe Edition

──ではまず、シングルチューンに限らず、過去のアルバム収録曲が収められたリクエストベスト盤の投票結果について、感想を教えてください。

DAIGO:リクエストベストには全15曲が収録されているんですけど、BREAKERZの10年の歴史の中、ライブでやっていない曲は入らなかったんですよ。そういう意味でもファンに応援されているバンドなんだなって改めて思いましたね。

──ライブに来てくれていることがわかるセレクションというか?

DAIGO:はい。この1枚だけでライブができるんじゃないかっていうバランスの選曲だし、人格者のファンが多いんだなって(笑)。リクエストで構成するのは初めてですけど、やってみて良かったなって思いました。

──シングルベストとは違う結果になりましたしね。BREAKERZがソロ活動をするタイミングでファンに向けられたメッセージの曲「心をつないで」は、入ると思ってました?

DAIGO:「心をつないで」はソロ活動に入る前のBREAKERZのツアーが始まる直前に僕がスタジオで「こういう曲どうかな」って作った曲なんです。この曲がランクインしていたので、「みなさんに届いたんだな」って改めて思ったし、大切に思ってくれていて嬉しいですね。

──曲順はリクエストの投票結果順ではないんですよね?

DAIGO:ええ。選ばれた曲を見て、初めてBREAKERZを聴く人たちに向けてファンのみなさんが「こういう曲、いいよ」って提示してくれた曲たちだと思ったんですね。だから、僕もそういう想いを汲み取って、いい意味で入りやすい曲順を考えてみたんです。セットリストを考えるみたいな感覚で決めていきました。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報