エド・シーラン、骨折により来日公演を延期

twitterツイート

10月25日(水)から予定されていたエド・シーランの日本公演<エド・シーラン ライヴ・イン・ジャパン2017>の延期が発表された。

これはエドが自転車事故で右手首と左肘を骨折したことによるもので、10月25日(水)の大阪・大阪城ホール公演、10月31日(火)、11月1日(水)の東京・日本武道館公演を含むアジア・ツアーの一部日程の延期がアナウンスされている。日本公演については、振替公演の開催に向けて現在日程調整中とのことだ。

エド・シーランからのコメントは以下の通り。

   ◆   ◆   ◆

「病院へ行き、右手首と左肘が骨折していると診断を受け、この先しばらくは演奏を断念せざるを得なくなりました。残念ながら次の公演を予定通り行うことが出来ません。
【 台北、大阪、ソウル、東京、香港 】
今はケガの経過を見つつ、これから先の予定を調整したいと思います。更なる情報を引き続き待っていてください。」

“A visit to my doctors this morning confirmed fractures in my right wrist and left elbow that will leave me unable to perform live concerts for the immediate future. Sadly, this means that the following shows will not be able to go ahead as planned: Taipei, Osaka, Seoul, Tokyo and Hong Kong. I’m waiting to see how the healing progresses before we have to decide on shows beyond that. Please stay tuned for more details.”

   ◆   ◆   ◆

振替公演の日程およびチケット払い戻しに関する詳細は、近日中に来日公演公式サイト(http://edsheeran-japantour.com)にて発表される予定となっている。

<延期公演>

2017年
10月22日(日) 台北(台北南港エキシビションホール)
10月25日(水) 大阪(大阪城ホール)
10月29日(日) ソウル(オリンピック公園)
10月31日(火) 東京(日本武道館)
11月1日(水) 東京(日本武道館)
11月4日(土) 香港(アジアワールド・エキスポ・アリーナ)
11月5日(日) 香港(アジアワールド・エキスポ・アリーナ)


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報