フレッシュゴッド・アポカリプス、来日公演は予定通り開催

ツイート

11月に来日公演を控えるフレッシュゴッド・アポカリプスが、リード・シンガーの脱退を受けて新たなラインナップで来日公演を行うことを発表した。

先日、リード・シンガーを務めていたトマソ・リカルディがバンドを脱退することを発表していたフレッシュゴッド・アポカリプスだが、バンドの創立メンバーでありドラマー/ソングライター、フロントマンを務めるフランチェスコ・パオリが、結成当初に務めていたヴォーカル/ギターのパートに復帰するとのことだ。

来日公演を主催するAliveは、バンドから日本のファンに向けたメッセージ動画を公開して新しいラインナップで来日公演が開催すると発表、公演にはソプラノ・シンガーのヴェロニカ・ボルダッチーニ、イタリアン・メタルの伝説的ドラマーであるデイヴィッド・フォルチット(ストームロード、プロフィラックス)、リード・ギタリストとしてファビオ・バルトレッティ(ディセプショニスト)が帯同することを明らかにしている。


フレッシュゴッド・アポカリプスのジャパン・ツアーは、11月21日の東京公演を皮切りに4公演が東京・名古屋・大阪で開催される。ジャパン・ツアーではオーストラリアの3バンド、サイクロプティック、アース・ロット、デッドスペースがサポート・アクトを務める。

なお、以下がオフィシャルからのアナウンスだ。

   ◆   ◆   ◆

フレッシュゴッド・アポカリプスのリード・ヴォーカリストを務めていたトマソ・リカルディがバンドから脱退した件を受けて、一部のお客様から来日公演の開催是非についてのお問い合わせを頂いております。

フレッシュゴッド・アポカリプスの来日公演は予定通り開催致しますので、ご安心ください。来日を控え、フレッシュゴッド・アポカリプスから日本のファンの皆様に向けたメッセージ動画も届いていますので、ご覧頂ければと存じます。

バンドは既にトマソ・リカルディの脱退についてFacebookに英語で公式声明を発表しており、バンドの創立メンバーでありドラマー/ソングライター、そしてフロントマンを務めるフランチェスコ・パオリが結成当初に務めていたヴォーカル/ギターのパートに復帰することが発表されています。

また、今回のツアーには、言わずと知れたソプラノ・シンガーのヴェロニカ・ボルダッチーニに加えて、イタリアン・メタルの伝説的ドラマーであるデイヴィッド・フォルチット(ストームロード、プロフィラックス)、リード・ギタリストとして実力派のファビオ・バルトレッティ(ディセプショニスト)が帯同予定です。

バンドは現在セプティックフレッシュとの南米ツアー中で、ツアーは大好評を得ています。

上記を踏まえ、彼らがバンド史上最もダークでヘヴィーなフレッシュゴッド・アポカリプスのライヴを披露してくれるに違いないと楽しみにしており、フレッシュゴッド・アポカリプスのファンの皆様を自信を持って迎える準備が出来ております。

また、フレッシュゴッド・アポカリプス来日公演には、サイクロプティック、アース・ロット、デッドスペースという素晴らしい海外の3バンドが帯同することもお忘れなく。

皆様にお目にかかるのを楽しみにしております!

Alive代表 サム・モクターリ


   ◆   ◆   ◆


<FLESHGOD APOCALYPSE JAPAN TOUR 2017>
11月21日(火)17:00 OPEN / 18:00 START 東京:CYCLONE
11月22日(水)17:00 OPEN / 18:00 START 東京:DUO MUSIC EXCHANGE
11月23日(木)17:00 OPEN / 18:00 START 名古屋:CLUB 3STAR IMAIKE
11月24日(金)17:00 OPEN / 18:00 START 大阪:FANJ TWICE

FLESHGOD APOCALYPSE (from Italy)
PSYCROPTIC (from Australia)
EARTH ROT (from Australia)
DEADSPACE (from Australia)

◆来日公演オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報