<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017>、10月28日(土)開催の<音楽摩天楼 ONGAKU MATENRO>に迫る

twitterツイート

2017年10月22日(日)〜11月17日(金)まで、レッドブルによる音楽フェス<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017>(以下、RBMF2017)が開催される。今回は10月28日(土)開催の<音楽摩天楼 ONGAKU MATENRO>に迫ってみたい。

◆<音楽摩天楼 ONGAKU MATENRO> 関連画像

<音楽摩天楼 ONGAKU MATENRO>は、“世界最大の品揃えを誇る「タワーレコード渋谷店」が上から下まで1日限りのライブハウスに”というのがコンセプトとなっている。

渋谷で音楽ファンが集まる最も有名な場所、といえば「タワーレコード渋谷店」に違いない。渋谷は神南郵便局前交差点の一角にそびえ立つ、おなじみの「タワーレコード渋谷店」。誰もが知る今の場所になったのは、実は1995年のことである。

タワーレコードは1979年、米国タワーレコードの一事業部として輸入レコードの卸業を開始し、日本上陸。翌1980年には札幌に第1号店、1981年には渋谷・宇田川町に第2号店をオープンしたのが始まりだ。宇田川町のタワーレコード……それ相応の年齢の人なら、思わず“懐かしい!”と呟いてしまうだろう。1981年当時、広大なフロアに整然と並べられた豊富な品揃えのレコード、リーズナブルな価格帯、手書きPOPによるレコメンドなど、従来のレコード店の常識を覆す本場アメリカの雰囲気をそのまま持ち込んだスーパーマーケット型スタイルの販売方法が話題を呼び、その後日本に上陸した数々のメガショップの先駆的な役割を果たしていったのである。

音楽配信全盛の今も、CDや映像作品の販売をはじめ、国内外の雑誌や書籍を取り扱うTOWER BOOKSやTOWER RECORDS CAFE、8Fの催事場「SpaceHACHIKAI」、B1Fのインターネットによる映像配信も行えるライブスペース「CUTUP STUDIO」など、音楽好きの集う憩いの場として渋谷の街を盛り立てているのはご存じの通り。

そんな「タワーレコード渋谷店」がライブハウスに?という今回の<音楽摩天楼 ONGAKU MATENRO>は、“ライブならB1とか、各階でよくやってるよね?というタワレコ渋谷フリークも驚くイベントとなっているのだ。この日はなんと地下一階(有料)はもちろん、ほかフロアにも無料で観覧できるイベントが目白押しとなっているのがミソ。1日限りのタワレコ回遊型インストアイベントといえそうだ。

▲Joy Opposites
▲Survive Said The Prophet
▲FAKY

地下一階では今年3月、活動を再開したメタルコアバンド“HER NAME In BLOOD”や、2016年1月惜しまれつつ解散したFACTの元メンバーで新たに結成されtら4人組のロックバンド“Joy Opposites”、台湾、香港のフェスティバルに積極的に参加し東京ラウド・シーンの最終兵器とも呼ばれるサバプロことSurvive Said The Prophetらが参戦、他フロアでは元・カラスは真っ白のシミズコウヘイによるソロプロジェクトsooogood!をはじめ、Red Bull Music Academy卒業生であり国内外で活躍中のエレクトロニカアーティスト“HAIOKA”、日本の原宿系ダンス&ボーカルパフォーマンスユニット“新しい学校のリーダーズ”、今春ミニアルバム「Unwrapped」でメジャーデビューしたガールズグループ“FAKY”など、ジャンルや性別を問わないアーティストたちが集結することになっている。

ジャンルを問わず音楽をこよなく愛す人ならいつ行っても楽しい「タワーレコード渋谷店」が、いつも以上に楽しめる<音楽摩天楼 ONGAKU MATENRO>。音楽好きを自称するなら、この日は朝から晩まで空けておいていただきたい。


<音楽摩天楼 ONGAKU MATENRO>

日程:2017年10月28日(土)
開場12:00/開演13:00〜
場所:TOWER RECORDS SHIBUYA(渋谷)
料金:前売1,500円 >>チケット購入

*B1F有料・ほか無料
出演(B1F):HER NAME IN BLOOD, Joy Opposites, NOISEMAKER, NOTHING TO DECLARE (Mas, Acoustic Set), Survive Said The Prophet
出演:Aisha, FAKY, FEMM, HAIOKA ft YU ISHIGAKI from YANAWARABA, Michael Kaneko, RIRI, sooogood!, YANAKIKU, 加治ひとみ, 新しい学校のリーダーズ, 東京女子流, 夢みるアドレセンス
オフィシャルサイト:https://www.redbull.com/jp-ja/ongaku-matenro


<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017>

2017年10月22日(日)〜11月17日(金)
会場:都内各所(渋谷・恵比寿・六本木など)
チケット:https://eplus.jp/ath/word/114863
オフィシャルサイト:http://tokyo.redbullmusicfestival.com #redbullmusic
主催:レッドブル・ミュージック・フェスティバル実行委員会
後援:一般財団法人渋谷区観光協会
*未就学児は入場不可。一部イベントは20歳未満入場不可
*実施内容は予告なく変更となる場合がございます
*会場内での出演者及びライブの撮影・録音・録画等は禁止いたします
*客席を含む、会場内のオフィシャル映像及び写真は公開されることがあります

◆<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017> オフィシャルサイト
◆<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017> BARKS内特設サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報