サイモン&ガーファンクル、ザ・ビートルズの白熱ステージがCD化

twitterツイート

ザ・ビートルズ、サイモン&ガーファンクルの1960年代のライブ音源を収めた実況録音盤がリリースされる。

◆アルバムジャケット

このアルバムは、エターナル・グルーヴス社の所持する音源を使用した「サウンド・ヘリテージ・シリーズ」より新たに発売されるもの。同シリーズからは、これまでにもザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランらの実況盤がリリースされている。今回は、サイモン&ガーファンクルの『マサチューセッツ 1967』と、ザ・ビートルズの『シェイ・スタジアム 1965』『アトランタ・スタジアム 1965』の計3タイトルが登場する。


サイモン&ガーファンクルの『マサチューセッツ 1967』に収録されるのは、サード・アルバム『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』のリリース直後、1967年3月11日に米マサチューセッツ州タフツ大学で行われたコンサートからの音源だ。公演1曲目「木の葉は緑」の途中から、「サウンド・オブ・サイレンス」やポール・サイモンが作曲を手がけたザ・サークルのヒット曲「レッド・ラバー・ボール」、そして「早く家へ帰りたい」「地下鉄の壁の詩」「エミリー・エミリー」などサード・アルバムからのナンバーまで、計18曲をヴィンテージ・マスターからのリマスターで収録。ポールが自身の英国からの帰国や「サウンド・オブ・サイレンス」のヒットに触れながら曲紹介に入る「59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー) 」など、ウイットに富んだMCの数々もノーカットで収められている。また、ボーナス・トラックとして、未発表曲「ティーネイジ・モロン」を含む1966年公演からのライブ音源3曲も聴くことができる。


ザ・ビートルズの『シェイ・スタジアム 1965』には、1965年8月15日、2度目の北米ツアーの幕開けを飾ったニューヨーク、シェイ・スタジアム公演の模様が完全収録される。映画『ヘルプ!4人はアイドル』の全米公開を間近に控えたこの日のステージで、彼らは発売されたばかりのアルバム『4人はアイドル』より「涙の乗車券」やバック・オーウェンスのカバー「アクト・ナチュラリー」、「ヘルプ!」も披露。1曲目「ツイスト・アンド・シャウト」からジョンの肘弾きオルガン・ソロが唸る最終曲「アイム・ダウン」まで、約55,600人の大観衆を前に繰り広げられたエネルギッシュな熱演が、演奏や機材上のハプニングもそのままにノーカットで収められる。なお、ボーナス・トラックでは公演前日に収録された『エド・サリヴァン・ショー』での6曲のパフォーマンス音源も楽しむことができる。


『アトランタ・スタジアム 1965』は同北米ツアーのアトランタ公演の模様を収めたアルバムで、シェイ・スタジアム公演ではプレイされなかった「彼氏になりたい」を含む11曲が収録される。1965年8月18日、オープンしたばかりのアトランタ・スタジアムを舞台に行なわれたコンサートには約34,000人のファンが集結。地元Baker Audioの協力のもと整えられた音響設備の助けもあって、観客の大歓声にかき消されることなくメンバー自身にも演奏の音が届くという当時としては珍しい好条件下で、ノリにのった絶好調のステージが展開された。今回のCDでは「ディジー・ミス・リジー」の音源が一部カットされているほか、本編ラストの「ハード・デイズ・ナイト」が未収録となっているが、コンサート終盤に熱演のあまりベース弦を切ってしまうポールなど、当時の熱狂が生々しく切り取られた実況盤となっている。このほか、ボーナス・トラックとして1964年2月の『エド・サリヴァン・ショー』から6曲が収められる。

サイモン&ガーファンクルの『マサチューセッツ 1967』およびザ・ビートルズの『シェイ・スタジアム 1965』は10月25日(水)に発売。『アトランタ・スタジアム 1965』は11月22日(水)に発売予定となっている。

■リリース情報

サイモン&ガーファンクル『マサチューセッツ 1967』
2017年10月25日(水)発売
EGSH-0011 ¥2,300+税
※デジパック・日本語帯付
※チェコプレスEU直輸入仕様
※日本著作権協会JASRAC許諾商品
※ボーナス・トラック収録
01. The Leaves That Are Green
02. MC by Paul Simon
03. Sparrow
04. Homeward Bound
05. You Don't Know Where Your Interest Lies
06. MC by Paul Simon
07. A Most Peculiar Man
08. MC by Art Garfunkel
09. Red Rubber Ball
10. MC by Art Garfunkel
11. The Dangling Conversation
12. MC by Paul Simon
13. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)
14. MC by Art Garfunkel
15. Richard Cory
16. MC by Art Garfunkel
17. Benedictus
18. MC by Paul Simon
19. Blessed
20. MC by Art Garfunkel
21. A Poem On The Underground Wall
22. I Am A Rock
23. Anji
24. The Sound of Silence
25. MC by Paul Simon
26. For Emily Whenever I May Find Her
27. A Church Is Burning
28. Wednesday Morning 3 A.M.

Live at Tufts University, Medford, MA, March 11th 1967

29. Hazy Shades Of Winter
30. Cloudy
31. MC by Paul Simon
32. Teenage Moron

Live at Johns Hopkins University, Baltimore, MD, October 21st 1966

ザ・ビートルズ『シェイ・スタジアム 1965』
2017年10月25日(水)発売
EGSH-0012 ¥2,300+税
※デジパック・日本語帯付
※チェコプレスEU直輸入仕様
※日本著作権協会JASRAC許諾商品
※ボーナス・トラック収録
[LIVE AT SHEA STADIUM 1965-08-15]
01. Twist And Shout
02. She's A Woman
03. I Feel Fine
04. Dizzy Miss Lizzy
05. Ticket to Ride
06. Everybody's Tryin' To Be My Baby
07. Can't Buy Me Love
08. Baby's In Black
09. Act Naturally
10. A Hard Day's Night
11. Help!
12. I'm Down

Live at Shea Stadium, New York, NY, August 15th 1965

[ED SULLIVAN SHOW 1965-08-14]
13. I Feel Fine
14. I'm Down
15. Act Naturally
16. Ticket to Ride
17. Yesterday
18. Help!

Ed Sullivan Show, New York, NY, August 14th 1965

ザ・ビートルズ『アトランタ・スタジアム 1965』
2017年11月22日(水)発売
EGSH-0013 ¥2,300+税
※デジパック・日本語帯付
※チェコプレスEU直輸入仕様
※日本著作権協会JASRAC許諾商品
※ボーナス・トラック収録
[Atlanta '65]
01. Introduction
02. Twist And Shout
03. She's A Woman
04. I Feel Fine
05. Dizzy Miss Lizzy
06. Ticket To Ride
07. Everybody's Trying To Be My Baby
08. Can't Buy Me Love
09. Baby's In Black
10. I Wanna Be Your Man
11. Help!
12. I'm Down

Live at Atlanta Stadium, Atlanta, August 18th 1965

[Bonus Tracks '64]
13. Introduction
14. She Loves You
15. This Boy
16. All My Loving
17. I Saw Her Standing There
18. From Me To You
19. I Want To Hold Your Hand

Ed Sullivan Show, Miami, February 16th 1964
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon