MAY’S新作にKIMI(DA PUMP)、カラオケ世界大会チャンピオン・海蔵亮太ら参加

ツイート

MAY’Sが、12月6日にリリースする通算8枚目のフルアルバム『Nothing』のトラックリストおよびアートワークを公開した。

◆『Nothing』ジャケット画像

本作には、先日11日に先行配信がスタートした、永遠に朽ちない深い愛を歌ったバラード曲「たとえ世界が真っ白になっても」に加え、クールなサウンドをちりばめたMAY’S流卒業ソング「仰げば尊し」、<カラオケ世界大会 (KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS)2016>チャンピオンの海蔵亮太とのデュエットソング「僕と私のストーリー feat. 海蔵亮太」、クラブシーンで活躍するアーティスト陣をゲストに迎えた「Real Perfection feat. KIRA, AISHA, FUZIKO」「Can't Stop My Synthesizer feat. ISH-ONE」「Just Another Day feat. KIMI(DA PUMP)」のほか、全13曲を収録。

DVD付きのTYPE-Aには新曲のミュージックビデオに加え、2月に東京・代官山UNITで行なわれた<MAY’S 15th Anniversary “抱きしめてShining” Live Tour 2017>ツアーファイナルのライブ映像が収録される。

以下、参加アーティストから寄せられたコメント。

参加アーティスト コメント

■KIRA
このメンバーが集まった時、絶対に良い曲ができると感じていたのですが、実際にRECしてみたら想像以上の
楽曲になりました。女性に向けたメッセージが詰まった曲になっていますので、ぜひ聞いてみてください。

■AISHA
女性アーティストのコラボが初めてだったので、すごく楽しかったです。一人ずつのパートのRECも楽しかったんですが、4人でブースに入ってのRECがすごく楽しかったです。女性のパワーが集まった曲になりました。ぜひLIVEで披露したいです。

■FUZIKO
10年前からMAY’Sの大ファンで、お客さんとしてライブも最前列でみていました。まさか一緒に曲を作れるとは思っていませんでした。オファーがあった時「時は来た!」って返事を返しました。LIVEで披露する日を楽しみにしていてください。

■ISH-ONE
すごくクラブに映えそうな、かっこいい曲に仕上がったと思います。シンセサイザーを弾くような感じで、自分の感情を詰め込んだので、聴きながら踊って欲しいです。女性Voとのコラボは初めてだったのでワクワクしました。結成15周年おめでとうございます。これからもヤバイ音楽、良い音楽を皆に届けてください。

■KIMI(DA PUMP)
ソロとして初めてのコラボでオファーを頂いた時、すごくドキドキしたのですが、お二人が素晴らしいアドバイスをくれたので、曲の世界観に入り込めて、制作やレコーディングが楽しかったです。MAY’Sはエンタテインメント性もあり、曲のクオリティーも高い素晴らしいグループ。これからも一緒に音楽シーンを盛り上げていきましょう!

■海蔵亮太
今まで明るい曲を歌ったことがなく、デモを聞いた時にはワクワクしました。カラオケの歌唱とレコーディングはまた別物で、新曲は歌い方に正解がないので、歌詞の世界観をどう伝えるかというのを大切に歌いました。結成15周年ということですが、30年、40年と素晴らしい音楽を届けて欲しいです。ぜひライブでもデュエットしましょう!

▲MAY’Sと海蔵亮太

▲アルバム参加ゲスト

▲『Nothing』TYPE-A

▲『Nothing』TYPE-B


8th Album『Nothing』

2017年12月6日(水)発売
■TYPE-A(CD+DVD) / CRCP-40535 ¥3,611(+税)
■TYPE-B(CD) / CRCP-40536 ¥2,778(+税)

DISC1(CD)
01. ハレバレ
02. Baby Call Me Sunshine Girl
03. 仰げば尊し
04. Lockdown
05. Real Perfection feat. KIRA, AISHA, FUZIKO
06. CHEER GIRL
07. Can't Stop My Synthesizer feat. ISH-ONE
08. Singing Bird
09. Just Another Day feat. KIMI (DA PUMP)
10. Romantic Song
11. 僕と私のストーリー feat. 海蔵亮太
12. たとえ世界が真っ白になっても
13. Nothing But Love

DISC2(DVD)
1. たとえ世界が真っ白になっても (Music Clip)
2. 仰げば尊し (Music Clip)
3. MAY’S 15th Anniversary “抱きしめてShining” Live Tour 2017 at 代官山UNIT
・抱きしめてShining 〜 ずっとあなたに逢いたかった 
・Traveling 
・ハートビートがとまらない feat. KEN THE 390
・JULY
・ROMANCEはアフターワーク feat. predia  

[先行配信]
「たとえ世界が真っ白になっても」
2017年10月11日(水)〜
レコチョク、iTunesにて先行配信開始

<MAY’S 15th Anniversary “39” Tour>

2017年10月28日(土)石川・金沢vanvan V4
【1公演目】Back to the “Cruising”
開場14:30 / 開演15:00
【2公演目】Back to the “Smiling”
開場17:30 / 開演18:00
2017年11月19日(日)東京 Shibuya WWW X
開場17:30 / 開演18:00

<MAY’S X’mas Special Live SING SING SING!!! 2017>
2017年12月23日(土)東京・恵比寿ガーデンルーム
開場17:00 / 開演18:00

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス