パール・ジャム、ライブ・ドキュメンタリーの日本上映が決定

ツイート

パール・ジャムのドキュメンタリー映画『Let's Play Two』が、12月2日(土)から7日(木)にかけて北海道、宮城、東京、愛知、大阪の5都市で上映されることが明らかになっている。

◆パール・ジャム画像、動画

同作は2016年8月20日、22日の二夜にわたってイリノイ州シカゴの野球場、リグレー・フィールドで行なわれたライブの模様を追った作品だ。この公演でバンドは、1991年のファースト・アルバム『Ten』から最新作『Lightning Bolt』まで、自身の25年以上におよぶキャリアを網羅したステージを展開。同球場を本拠地とするシカゴ・カブスの108年ぶりの優勝が近づく中、シカゴ近郊出身でカブスの大ファンとして知られるエディ・ヴェダーが過去に球団のため書き下ろしたナンバー「All the Way」も披露された。

フォトグラファー/映像作家のダニー・クリンチが監督を務めた『Let's Play Two』では、当日のライブ・パフォーマンス映像はもちろん、舞台裏映像、初公開となるインタビュー映像などを交えながら、バンドが自身のファンやシカゴという都市、シカゴ・カブスとの間に築いてきた関係が描かれる。



クリンチは作品の公開に際して、「本作を通して僕はバンドと彼らのファン、そしてシカゴという街との関係性を描くことを楽しんだ。パール・ジャムとシカゴ・カブス、そしてそのファンが主役で、しかもリグレー・フィールドが舞台。その歴史的な瞬間を記録するとなれば、それが最高傑作になることは間違いない。僕らの直感は正しかった。カブスは108年ぶりにワールド・シリーズを優勝し、歴史的なゲームを体験することができた。みんなが期待するものが詰まった作品になっている」とコメントしている。

なお、本作は劇場上映に続いて、12月8日(金)に国内版Blu-rayとして発売されることも決定している。

Photo by Danny Clinch


■リリース情報

Blu-ray『Let's Play Two』(レッツ・プレイ・トゥー)
2017年12月8日(金)発売
UIXU-1002 ¥6,000+税
※日本語字幕付き
※ドキュメンタリー映像120分+5曲のボーナス・ビデオを収録
※監督ダニー・クリンチが撮影した写真を掲載したブックレット付き
※豪華特殊デジパック仕様
(輸入盤発売 : 11月17日(金))
【収録曲】:
1. ロウ・ライト
2. ベター・マン
3. エルダリー・ウーマン・ビハインド・ザ・カウンター・イン・ア・スモール・タウン
4. ラスト・イグジット
5. ライトニング・ボルト
6. Black, Red, Yellow
7. ブラック
8. コーデュロイ
9. ギヴン・トゥ・フライ
10. ジェレミー
11. インサイド・ジョブ
12. ゴー
13. クレイジー・メアリー
14. リリース
15. アライヴ
16. オール・ザ・ウェイ
17. アイヴ・ガッド・ア・フィーリング

ボーナス・ビデオ
1. ブラック
2. マインド・ユア・マナーズ
3. リアヴューミラー
4. 戦争の親玉
5. イモータリティー

■上映情報

日程: 2017年12月2日(土)~12月7日(木)
公開映画館:
東京・新宿ピカデリー
北海道・札幌シネマフロンティア
宮城・MOVIX仙台
愛知・ミッドランドスクエア シネマ
大阪・なんばパークスシネマ

料金:均一料金 ¥2,500(税込)
上映時間:約120分
配給:カルチャヴィル合同会社

この記事をツイート

この記事の関連情報