ジュリアン・ベイカー、2018年1月に初来日公演

ツイート


2ndアルバム『Turn Out The Lights』を本日10月27日にリリースしたジュリアン・ベイカーの初来日公演が決定した。

◆アルバム『Turn Out The Lights』画像

2015年最も高い評価を集めた作品の一つとされたデビュー作『Sprained Ankle』を友人と共に若干18歳で作り上げ、希有のソングライター&リリシストとして注目を集めたジュリアン・ベイカー。女性であること、同性愛者であること、クリスチャンであること── 自身のアイデンティティーと壮絶な経験を通して、孤独や自己破壊への衝動、信仰とそこから生まれる葛藤を誠実にドキュメントしたその内容は聴く者の心を打ち、同年の多くの音楽メディアで年間ベストのリストに選出されもした。今年21歳となったジュリアンは、名門マタドールと契約し、待望の2ndアルバム『Turn Out The Lights』を本日リリースした。

▲アルバム『Turn Out The Lights』

初来日公演は、2018年1月26日(金)に渋谷のWWWにて、2018年1月28日(日)に大阪のCONPASSにて実施される。詳細は近日発表されるようなので、続報をぜひチェックして欲しい。





この記事をツイート

この記事の関連情報