Cheeky Parade、千葉商科大学に登場。学生たちの一体感に笑顔

twitterツイート

Cheeky Paradeが11月4日、千葉商科大学の学園祭<瑞穂祭>のステージに登場した。

◆ライブ画像

千葉商科大学ではメンバーの似顔絵入り巨大立て看板を用いてライブが告知されているなど、“フェスのチキパ”に対する学生たちの期待が学内のいたるところから感じられた。メンバー楽屋として用意された教室の黒板も、メンバーの似顔絵入りのウェルカムボード仕様になっているほどの期待の入れよう。

Cheeky Paradeは開演時間になり気合い入れを終えると、学生たちのクラップに促されてステージに。そのまま「Hands up!」へとなだれ込む。最初はファンだけが反応を示していたコールや振りも徐々にノリのいい学生たちへと伝播していき、ステージ前エリアにはどんどんと拳があがった。

「第68回瑞穂祭、呼んでくれてありがとうございます! 後ろの方とか、歩いている人とかも手を振ってくれて、めっちゃ嬉しい。」と、リーダーの鈴木友梨耶が学生たちのレスポンスに嬉しさを伝える。「今日、めっちゃ一緒に踊ってくれるんだよね!」と、ほかのメンバーも、自分たちのライブを全身で楽しんでくれているオーディエンスに笑顔を見せた。

その後“初めてチキパのライブを観た”という人に、「君だけのSUPER STARになりたい」という思いを込めて「SUPER STAR」を届ける。そして「C.P.U !?」「カラフルスターライト」と、ライブで鉄板のアゲ曲を並べ学祭を一気に盛り上げにかかる。まるでワンマンライブかのような雰囲気と一体感の中、ラストに歌われたのは「僕らの歌」。チキパの7人が自ら綴った想いや考え方は、やがて社会人として新しい一歩を踏み出す同大学の学生たちの背中を押してくれることになっただろう。


◆Cheeky Parade オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報