平岡恵子、“桃乃未琴”を経ての20周年ライブを開催

twitterツイート

シンガーソングライターの平岡恵子が、デビュー20周年を記念したワンマン・ライブ<平岡恵子 芸歴20周年祭~11.29は桃乃未琴に会いに行こう~>を2017年11月29日(水)下北沢CLUB251にて開催する。

“平岡恵子”の名前に耳馴染みがなくても、“桃乃未琴”をご存知の方は多いだろう。1997年に桃乃未琴としてメジャー・デビューし、ポップとロックを行き来し繊細さと粗削りが同居した豊かな表現力と抜群の歌唱力、稀有なセンスを放つソングライティングで音楽シーンに鮮烈な爪痕を残してきた。

2003年より本名の平岡恵子名義で再出発し、自身のアーティスト活動のみならず、楽曲提供やコーラス参加/CM音楽の制作など幅広い音楽活動を真摯に積み重ね、2009年に発表したフル・アルバム『25』は耳の肥えた音楽リスナーから“名盤”と呼び声高く秀逸な作品を生み出している。

アニバーサリー・イヤーを迎えて打ち出す今回のライブは、桃乃未琴時代から現在に至る彼女の音楽的キャリアを総括する場となり、彼女の音楽を支え共に創り上げてきた豪華ミュージシャン陣が一堂に会しバックを務める。そのメンバーには公私にわたるパートナーであるギタリスト名越由貴夫をはじめ、上田健司(B)/ASA-CHANG(Per)/中幸一郎(Dr)/五十嵐慎一(Key)/SWING-O(Key)/細海魚(Key)/TIGER(Cho)/加藤哉子(Cho)/Lyn(Cho)というそうそうたるメンバーが、楽曲タイトルにちなんで名付けられた“海の底バンド”として参加する。さらにはスペシャル・ゲストに佐藤タイジ(THEATRE BROOK)等のほか、彼女と縁のあるビッグ・アーティストも登場する噂がある。なお、平岡とベーシスト上田健司によるポッドキャスト『どくでんぱ』では、“音楽”と“日々の泡”のトークを中心に、本公演への意気込みやシークレット・ゲストのヒント等も盛り込まれている。こちらもライブの予習を兼ねてチェックを。


<平岡恵子 芸歴20周年祭~11.29は桃乃未琴に会いに行こう~>

2017年11月29日(水)
@下北沢CLUB251
OPEN 18:30 START 19:30
前売 3,500円 当日 4,000円(1Drink代別)
[出演] 平岡恵子(a.k.a.桃乃未琴)
“海の底バンド”
中幸一郎(Dr/ Demi Semi Quaver)
ASA-CHANG(Per)
上田健司(B)
名越由貴夫(G/ Co/SS/gZ)
五十嵐慎一(Key)
SWING-O(MC&Key)
細海魚(Key)
TIGER(Cho)
加藤哉子(Cho/ torimtorishuk/a.k.a.CANNABIS)
Lyn(Cho)
[Special Guest] 佐藤タイジ(G/ THEATRE BROOK)and more
[チケット]CLUB251にて発売中

◆公式Facebook
◆ポッドキャスト『どくでんぱ』(上田健司&平岡恵子/毎週木曜更新)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報