3種のサウンドシェイプ機能で音作りができるアコースティックギター用ポータブルEQ/エンハンサー「COLOURIZER 2」

twitterツイート

アコースティック楽器用アンプで知られる独AER社から、トーンバランス、エンハンサー、パラメトリックEQの3種類のサウンドシェイプ機能で、自在に音作りが行えるEQ/エンハンサー「COLOURIZER 2(カラライザーツー)」が登場した。

AERのPocket Toolsシリーズは、スタジオクオリティの性能をポータブルなボディに凝縮した製品として、ライブでの使用だけでなく、レコーディングでも便利なツールとして人気を博した。中でも「COLOURIZER」はさまざまな方法でアコースティックサウンドをシェイプするユニークなユニットとして、こだわりのギタリストに支持されてきた。残念ながら「COLOURIZER」は諸事情により生産中止となっていたが、今回、一部仕様を変更したうえで、「COLOURIZER 2」として再生産が開始された。

「COLOURIZER 2」は、楽器またはマイクロフォン(ボーカルや楽器収録)に対応したポータブルなEQ/エンハンサー。トーンバランス、エンハンサー、パラメトリックEQといった3種類の“サウンドシェイプ”機能を備える。ラインアウトの他、DI出力も装備したプリアンプ兼DIとしても使用可能。とくにアコースティック楽器に最適な仕様となっている。演奏場所に合った音作りはもちろん、フィードバック対策用ツールとしても活躍。また、録音用プリアンプとしても重宝する。


機能の中心は、3種のサウンドシェイプ機能。「トーンバランス」は、この機種独自の機能で、高音域と低音域のバランスを取ることで元のサウンドを生かしながらEQとは違った音作り可能にする。「エンハンサー」は、高調波を加えることで、サウンドの明瞭さを向上させる機能で、オン/オフが可能。最後の「イコライザー」は、柔軟性の高いパラメトリックタイプ。センター周波数は±15dB可変で、そのセンター周波数の可変範囲が、f1(90Hz~1.6kHz)とf2(680Hz~11kHz)で切り替えらられるので、使用する楽器やソースに応じて使い分けられる。なお、パラメトリックEQはフィードバック(ハウリング)を抑える目的で使用するのも効果的だ。

新機能としては、独立したアッテネータースイッチが追加された他、ライン入力をミュートするためのフットスイッチを接続可能となった。ラインモード時のみミュートとして動作するので、ギターの繋ぎ替えのときに便利。また、入力ソースレベル(マイク/ライン)の切替がスイッチではなく、インプットに接続するコネクター形状で行われるようになっている。本体サイズは65×105×135(H×W×D)mm、重量は480g。電源は付属の24VDCパワーサプライを使用する。


▲inputはXLRと標準ジャックのコンボタイプ。XLR接続で低い入力レベルに対応するマイクモードに(ファンタム電源供給可能)、標準フォーン(TRS)で接続した際は楽器などを接続するラインモードになる。bypassにはフットスイッチを接続。出力はline out(モノラル標準フォーン)とPA接続用のDI out(XLRタイプ)を用意。

製品情報

◆COLOURIZER 2
価格:66,000円(税別)
発売日:2017年11月2日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報