水曜日のカンパネラ、Eテレ『にほんごであそぼ』に「江戸っ子どこどこ」書き下ろし

twitterツイート


水曜日のカンパネラが、NHK Eテレで放送中の「にほんごであそぼ」と異色のコラボレーションをするという。

◆水曜日のカンパネラ×「にほんごであそぼ」場面画像

「にほんごであそぼ」は、日本語の楽しさや美しさ、おもしろさを伝えるNHK Eテレの子ども向け番組で毎週月〜金の午前6時35分〜6時45分に放送されている。今回、番組のために書き下ろされた楽曲「江戸っ子どこどこ」は、言葉使いは荒いが裏表の無いさっぱりとした心情の表現が多い江戸言葉をモチーフにしたもので、ケンモチヒデフミが作詞作曲を担当し、語感もユニークで口ずさみやすい楽曲とのこと。

同曲は、来週11月13日に放送の「にほんごであそぼ」の中で初披露される。コムアイの他に、番組でもおなじみの、みわサン(美輪明宏さん)、コニちゃん(KONISHIKI)、ラッキィ池田、そして子どもたちらという面々が登場し一緒に楽しく歌っているというから興味深い。





また、コスチュームデザイナー・ひびのこづえさんが手がけたカラフルな着物の衣装、豪華な江戸の街のセットにも注目だ。



そんな水曜日のカンパネラは、来週11月18日には香港で開催される音楽フェスティバル<Clockenflap Festival 2017>へ出演し、香港初ライブを実施。海外へもチャレンジを続ける水曜日のカンパネラが、次はどんなことで楽しませてくれるのか。今後の動きにも期待したい。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報