ア・パーフェクト・サークル、公演撮影は「無礼だし、口で伝えたほうがパワフル」

ツイート

コンサートでの写真・動画撮影を禁じており、週末(11月4日)米ペンシルベニア州で開いた公演で、それに反した観客60名以上を会場から追い出し批判されたア・パーフェクト・サークルが、厳格な規則を定めた理由を説明した。

◆ア・パーフェクト・サークル画像

ギタリストのビリー・ハワーデルは、『Billboard』誌にこう話した。「まず何よりも、周りの人たちに対して失礼だ。僕もこのことでは有罪だけど、他の人の視界を遮らないようにしているし、もし誰かからやるなと言われたら、やらない」

「それに、その場に存在し僕らと繋がって欲しいからだ。抑え気味な曲で、より注意を払って欲しいサウンドスケープだってある。ビデオ撮ってネットにあげたって、見た目もサウンドも最悪だ。僕らは、口で伝えてもらいたい。君が見たもの感じたものを人々に話して欲しい。そのほうが変なもの投稿するより、もっとパワフルだ」

フロントマンのメイナード・ジェームス・キーナンは、25年に渡り、ア・パーフェクト・サークルだけでなく、トゥール、プシファーの公演でも撮影を禁じているそうだ。

ア・パーフェクト・サークルは現在、ニュー・アルバムを制作中で、2018年春のリリースを計画しているという。彼らの新作は2004年の『Emotive』以来となる。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報