パール・ジャム、4年ぶりの新曲をインディペンデント映画に提供

twitterツイート

パール・ジャムが、映画『Basmati Blues』のサウンドトラックに新曲「Obey The Law Of The Heart」を提供した。彼らの新曲は2013年秋に発表した10枚目のスタジオ・アルバム『Lightning Bolt』以来となる。

◆パール・ジャム画像

ティーザーを公開したバンドのファン・サイトPealJamOnLineによると、「Obey The Law Of The Heart」はストーン・ゴッサード(G)が作曲/共プロデュースし、パール・ジャムがパキスタンのミュージシャンSain Zahoorとインド人女優/シンガーのPriya Darshiniと共にパフォーマンスしたという。


『Basmati Blues』はDan Baronが監督したミュージカル・ロマンチック・コメディのインディペンデント映画で、ブリー・ラーソン、スコット・バクラ、ドナルド・サザーランドらが出演。11月初め、スウェーデンで公開された。

パール・ジャムはニュー・アルバムを制作中だとも噂されるが、その進捗状況は明かされていない。

ギタリストのマイク・マクレディは今月初め、ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン(B)、元スクリーミング・トゥリーズのバレット・マーティン(Ds)と結成したサイド・プロジェクトThe Levee Walkersの新曲「All Things Fade Away」「Madness」をリリースした。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報