ハードロック・ジャパン、統合型リゾートの新構想を発表

twitterツイート

「ハードロックカフェ」などの施設を世界74カ国で展開するハードロック・インターナショナルの日本法人、ハードロック・ジャパンが、11月13日(月)、日本における統合型リゾートの構想「ハードロック・エクスペリエンス」を発表した。

◆「ハードロック・エクスペリエンス」関連画像

“日本版IRの未来”をスローガンに掲げた「ハードロック・エクスペリエンス」では、日本文化の要素を取り入れながら、子どもからシニアまで幅広い世代を対象とする統合型リゾートの開発を目指した事業を展開。これまで各種ホスピタリティ事業の運営を通じて培われてきたハードロック社の経験を活かし、カフェやホテル、カジノ、さらに音楽ライブイベントやスポーツイベントなどを手がけていく考えだ。その第一弾として、11月13日(月)、14日(火)に横浜アリーナで行なわれるミューズの単独来日公演への協賛が実施された。

▲ハードロック・ジャパン兼ハードロック・アジアCEO エドワード・トレーシー氏

▲ミューズ来日公演会場の様子

Photo by TEPPEI

ハードロック・ジャパンのエドワード・トレーシーCEOは、日本における展開について「ハードロック社は、最先端の統合型リゾートの開発への準備を整えています。新たな構想の“ハードロック・エクスペリエンス”は、日本の文化の伝統的要素と現代的要素を取り入れることで、日本人も海外からの観光客も魅了します。年間1億人を超えるお客様へ世界レベルのエンターテイメントを提供している国際的なIR事業運営者である我々の知識と経験を喜んで提供いたします」と語っている。


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報