イーグルス・オブ・デス・メタル、パリ・テロ事件から2年、追悼式でパフォーマンス

twitterツイート

2015年11月13日にフランス・パリで発生した同時多発テロ事件で、コンサート会場(バタクラン劇場)が標的となったイーグルス・オブ・デス・メタルのジェス・ヒューズ(Vo)とデイヴ・キャッチング(G)が、事件からちょうど2年が経った今週月曜日(11月13日)パリ市内で開かれた追悼式に出席した。

◆イーグルス・オブ・デス・メタル画像

彼らは、犠牲者を偲び「Save A Prayer」と「I Love You All The Time」の2曲をパフォーマンスした。

エマニュエル・マクロン仏大統領とアンヌ・イダルゴ・パリ市長も出席した追悼式では、黙祷が捧げられた後、犠牲者の名前が読み上げられた。『Euronews』によると、大統領とヒューズは固く手を握り、言葉を交わしていたという。


バタクラン劇場では89名の尊い命が奪われた。

またこの日、パリに滞在中だったジャレッド・レト率いるサーティー・セカンズ・トゥ・マーズも劇場前に足を運び、犠牲者を追悼したという。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報