ゴシックユニットSchwarz Stein、東京公演にMana様登場

twitterツイート

デカダンスユニット「Schwarz Stein(シュヴァルツシュタイン)」の東名阪ワンマンツアーが開幕、初日となる2017年11月12日(日)渋谷REX公演にMana様(MALICE MIZER/ Moi dix Mois)がサプライズ登場した。

◆Schwarz Stein ライヴ画像

「Schwarz Stein」は、性別を超越した美しきソロシンガーKayaと、キーボード&コンポーザーHoraの2人によるゴシックユニット。2002年にMALICE MIZER/Moi dix MoisのManaプロデュースにてデビュー、解散後、様々な活動を経て2014年に活動を再会し、今年が15周年となる。この15周年を記念して開催される東名阪ワンマンツアーの初日東京公演に、元プロデューサーであるManaがサプライズ出演した。




「Perfect Garden」「Current」などの人気曲をはじめ、新曲「方舟」「Apocalypse -eclipse ring-」や、アッパーな「PREDICT -Rosen Clarion-」、Horaがボーカルを務める「CREEPER」など激しい曲が続き、フロアのテンションが最高潮に達したところで、Manaがサプライズ登場。自身がプロデュースするMoi-meme-Moitieの漆黒の衣装を身にまといManaが登場すると会場は大歓声に包まれた。ManaがSchwarz Steinプロデュースを決めるきっかけになったと言われる至高のバラード「transient」や、初期のレア曲「Beautiful the virgin」にギターで参加。



アンコールではライブでの人気曲「Succubus」にManaがキーボードとして参加する嬉しいサプライズが発生。サウンドチェックでManaがMALICE MIZERの「再会の血と薔薇」イントロ部分を演奏し、会場かた悲鳴にも似た大歓声が起こる一幕も。


明日17日の大阪公演では同じくMALICE MIZER_ZIZのKoziがゲスト出演、名古屋公演にはKein/deadmanの眞呼がゲスト出演することが決定している。昨日15日には初となるベストアルバム(15曲入りアルバム2種)が発売となったSchwarz Stein。ビジュアル系シーンの歴史を変えた伝説のバンド・MALICE MIZERの美意識を正当に受け継ぐゴシックユニットの活動に今後も注目したい。

写真◎Mayumi Fukaminato

最新情報

<Release>
『Schwarz Stein THE BEST -LICHT-』『Schwarz Stein THE BEST -DUNKELHEIT-』発売中
ZEAL LINK全店およびライブ会場、オフィシャル通信販売にて発売
オフィシャル通信販売 http://traumerei.theshop.jp/

<Schwarz Stein Profile>
MALICE MIZER/Moi dix MoisのリーダーManaプロデュースで2002年にデビュー。現在ソロシンガーとして活動するKayaと、Kayaソロ楽曲の大半も作曲するコンポーザーHoraからなる2人組ユニット。耽美な歌詞とノスタルジックなメロディをEDMやトランスサウンドといったダンスサウンドで構築し、唯一無二の世界を作り上げている。

<Schwarz Stein LIVE情報>
11月17日(金)ワンマン公演:大阪RUIDO ゲスト:Közi(MALICE MIZER/ZIZ)
11月12日(日)ワンマン公演:今池GROW ゲスト:眞呼(Kein/deadman)

<Mana LIVE情報>
12月02日(土)Moi dix Mois15周年スペシャルイベントライヴ15th Anniversary ~Grand finale〜Dis inferno XV:新宿ReNY

<Kaya LIVE情報>
11月23日(木)アコースティックライブ『CafeNOIR』:サラヴァ東京
12月06日(水)『シャン!シャン!シャンソンフェスティバル2017』:第一生命ホール
12月24日(日)クリスマスディナーショー:サラヴァ東京
◆Schwarz Stein オフィシャルサイト
◆Kaya オフィシャルサイト
◆Mana オフィシャルサイト
◆BARKS ヴィジュアル系 V-ROCK
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報