【ライブレポート】MAY’S、15年の歴史詰まったツアーファイナル「本当に本当にありがとう」

ツイート

MAY’Sが11月19日、東京・WWW Xにて結成15周年記念ツアー<MAY’S 15th Anniversary “39” Tour>のファイナル公演を開催した。

◆MAY’ ライブ画像

今回のツアーコンセプトは、インディーズ時代から現在に至るまでにリリースしたアルバムを全国各地のライブハウスを巡りながら再現していくというもの。10月8日に片桐舞子の出身地である群馬・高崎clubFLEEZ公演を皮切りにスタートし、全国8箇所15公演で構成。ツアーファイナルは裏テーマとして<Back to the “Everything”>と掲げ、“MAY’Sの活動15年の歴史全てを振り返る”という、非常にプレミアムな内容で構成された。

会場が暗転すると、インディーズ1stアルバム『Beginning』収録の「Still a girl」からライブがスタート。SHIKATAをゲストに迎えた「Wanna Be Your Only One」やMAY’Sの代表曲「ONE LOVE 〜100万回のKISSでアイシテル〜」など全30曲をメドレーアレンジで休むことなく披露し、実に1時間ぶっ通しでアクトし続けるという圧倒的なパフォーマンスを見せつける。



その後もISH-ONE、KIMI(DA PUMP)、KAEDE LAPIN、武田めぐみ、吉川雄介、KGと次々にゲストが登場し、MAY’Sの15周年を祝福。MCでメンバーから「結成してから15年、誰かが加入することもなく、誰も辞めることもなく(笑)、無事に2人で続けてくることができました。こうして歌い続けていけるのは、こうしてステージに立ったら駆け付けてくれて、気持ちを分かち合ってくれるみんなが居るからです。本当に本当にありがとう。」と感謝の言葉が述べられると、涙ぐむファンの姿も見られた。

アンコールでは、片桐から「アンコールありがとうございます! えー、実はここで発表があります。まず1つ目、2018年2月3日サンリオピューロランドにて、アルバム『Nothing』のリリースイベントが決まりました! ここにはなんと、アルバムにフィーチャリング参加してくれたメンバー全員が参加してくれます!」と発表。さらに「そして2つ目、2018年のツアーの開催が決定しました! 私たちMAY’Sの誕生日である5月からスタートします!」と続き、会場からは歓声が巻き起こった。最後には会場全員で「My Everything」を合唱。熱気冷めやらぬまま本公演は幕を閉じた。



撮影◎田中真光

セットリスト

<MAY’S 15th Anniversary “39” Tour
Back to the Everything&Go to Nothing
2017年11月19日(日)東京・WWW X
1. Still A Girl
2. KNIGHTS
3. ロドリゲス
4. Sha la la
5. Joyful Joyful
6. REAL
7. LOVE SONG ~今なら言えるよ~
8. Sparkling Girl
9. THANK YOU
10. Diggin’ Diggin’ Diggin’
11. Amazing
12. Is this LOVE??
13. 線香花火
14. あなたが好きです。
15. Cruising
16. 星の数だけ抱きしめて
17. WONDERLAND
18. SUPER SONG
19. True Love Story
20. Intro 〜Prologue Of Smiling〜
21. BONDS
22. Honey
23. Devil’s Girlfriend
24. Kissing(Intro)
25. Just For You 〜君だけが僕の未来〜
26. Wanna Be Your Only One(MAY’S × SHIKATA)
27. Traveling
28. TOKYO TOWER ~秘密のラブソング~
29. ONE LOVE 〜100万回のKISSでアイシテル〜
30. Can't Stop My Synthesizer feat. ISH-ONE
31. Just Another Day feat. KIMI(DA PUMP)
32. I Remember you
33. バラードメドレー(JULY, 君に届け... , 永遠, 運命のバラード, I LOVE YOUが言えなくて, I WISH, MaMa, シンデレラ, DESTINY, Teddy's Story, SKY)
34. 笑顔になれるおまじない
35. Appreciation
36. F&R
37. Ready To Dive(MAY’S × KG × SHIKATA)
38. WAになっておどろう
39. Smiling
40. Hey Dreamer
EN1.たとえ世界が真っ白になっても
EN2.My Everything

リリース情報

8th Album『Nothing』
2017年12月6日(水)発売
■TYPE-A(CD+DVD) / CRCP-40535  ¥3,611(+税)
■TYPE-B(CD) / CRCP-40536 ¥2,778 (+税)

DISC1(CD)
01. ハレバレ
02. Baby Call Me Sunshine Girl
03. 仰げば尊し
04. Lockdown
05. Real Perfection feat. KIRA, AISHA, FUZIKO
06. CHEER GIRL
07. Can’t Stop My Synthesizer feat. ISH-ONE
08. Singing Bird
09. Just Another Day feat. KIMI(DA PUMP)
10. Romantic Song
11. 僕と私のストーリー feat. 海蔵亮太
12. たとえ世界が真っ白になっても
13. Nothing But Love

DISC2(DVD)
1. たとえ世界が真っ白になっても(Music Clip)
2. 仰げば尊し(Music Clip)
3. MAY’S 15th Anniversary “抱きしめてShining” Live Tour 2017 at 代官山UNIT
・抱きしめてShining 〜 ずっとあなたに逢いたかった 
・Traveling 
・ハートビートがとまらない feat. KEN THE 390
・JULY
・ROMANCEはアフターワーク feat. predia  

ライブ情報

<MAY’Sスペシャルフリーライブ in サンリオピューロランド>
2018年2月3日(土)11:30~
場所:ピューロランド1階知恵の木ステージ

<MAY’S “Nothing” リリースパーティー in サンリオピューロランド>
2018年2月3日(土)16:00〜(開場は30分前)
※豪華ゲスト出演予定
場所:ピューロランド1階エンターテインメントホール

<MAY’S LIVE TOUR 2018 “FUN & JOY">
2018年
5月6日(日)群馬・高崎FLEEZ
5月12日(土)福岡・INSA
5月13日(日)大阪・梅田Shangri-La
5月20日(日)愛知・名古屋ell.FITS ALL
5月26日(土)宮城・仙台MACANA
5月27日(日)東京・新宿BLAZE

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス