【インタビュー】DROP DOLL、メジャーデビューの先に見る未来「3人で1つ」

twitterツイート

女子高生スリーピースバンド、DROP DOLLがメジャーデビューシングル「未完成なDreamer」をリリースする。同曲は日本テレビ系『バズリズム02』のエンディングテーマとしてもオンエア中だ。実は彼女たちはもともと3人とも女優志望の女子。映画出演のために組んだガールズバンドだったのが練習を重ねる内にどんどんバンドの魅力にハマってしまい、授業が終わったらリハーサルスタジオに直行、3人で1つと言い切る結束力を発揮するまでになったストーリーが面白い。

BARKSでは彼女たちの日常と言っていいリハーサルスタジオに潜入。ドラム、ギター、ベースという最もシンプルなバンド編成でなおかつ3人が交互にヴォーカルもとるDROP DOLLの気合いの入った練習風景を目撃した直後にインタビューを行った。

  ◆  ◆  ◆

■音楽を自由自在に作れる感じが楽しかった(U)

──初登場となるので、DROP DOLL結成のいきさつから教えてください。3人はそもそも女優を目指していたんですよね。

U(B&Vo):はい。3人とも女優志望だったんです。女子高生ガールズバンドの映画を撮るに当たって集まったメンバーなんですけど、だったら本物のガールズバンドを結成して映画に挑みたいなって。そしたら学校が終わったら、全部バンドに時間を費やすぐらい夢中になっちゃったんです。

──バンドをやった経験がある人は?

J(Dr&Vo):誰もやったことなかったんです。

I(G&Vo):未経験です。

──楽器はどうやって決めたんですか?

U:私はもともとバンドを聴くのもライブを見るのも好きだったので、ベースには憧れがあったんです。LUNA SEAさんが好きで初めて見に行ったライブもLUNA SEAさん。SHOW-YAさんにも憧れてます。

──SHOW-YAはガールズバンドの大先輩ですね。

J:私は吹奏楽部だったんですけど、バンドに関しては全くわからなくて、ギターとベースの区別もつかないぐらいだったんです。で、ドラムをやることになってYouTubeで動画を見まくって猛勉強しました。叩き方や歌い方を参考にして、もう学校の勉強より夢中になって(笑)。それまで歌もうたったことがなかったので。

──カラオケに行ったりしなかったんですか?

J:行っても歌わずに友達が歌ってるのを聴いてノッてるだけです。でも、今はバンドが大好きで、ホントにやってよかったなって。

I:私もJと同じで吹奏楽部だったんですけど、ギターには触ったこともなかったので当初はどうやって弾くのかもわからず、コード押さえられないって(笑)。今はスタジオで練習してるのが楽しいし、ライブでみなさんの前で演奏してるとホントに幸せです。

──吹奏楽部では何の楽器を担当してたんですか?

I:私はホルンです。

J:私はトロンボーンだった。

──全員、音楽好きではあるんですね。

U:はい。3人の共通点です。

▲U(B&Vo)

──さっき学校の勉強よりもバンドの練習という話が出ましたが、週に何回ぐらいスタジオに入ってるんですか?

I:3人とも高校が終わったら、そのままスタジオに直行っていう感じなので毎日のように。土曜も日曜もやっているので。

──そんなにフルタイムで? 試験中はどうするんですか?

I:試験の前も毎日、練習することもあります。

J:逆に試験期間だと「早く学校が終わるから早く集まれるね」って(笑)。

──最初はどんなふうに練習していたんですか?

I:「JUST MY WAY」っていう私たち初のオリジナル曲があるんですけど、その曲を3人で試行錯誤しながら、ひたすら練習してました。

──何十回、何百回と繰り返すみたいな?

U:数えきれないぐらいにやりましたね。


──なぜ、そんなにバンドにハマっちゃったんでしょう?

U:いろんな音楽のジャンルがある中、私たちのバンドの場合、ギターとベースとドラムだけで完結するというか、音楽を自由自在に作れる感じが楽しかったんですよね。

──スリーピースバンドでしかも全員が歌うって、まったく気が抜けないだろうし、ハードル高いですよね(笑)。

I:はい。でも楽しいんですよね。演奏していて音がピッタリ合う時とか。

J:バチッと合った時にはお互いに顔を見合わせて、めっちゃ笑顔になるんです。気持ちいい。

──ライブでお客さんの笑顔を見るのも、やる気アップに繋がりそう。

J:初ライブの時は緊張しすぎてお客さんの顔も見れなかったんですけど、2回目のライブではミュージックビデオがアップされていたこともあって、覚えてくださったお客さんが口ずさんでくれたんですよ。その様子を見た時はすっごい感動して、「ライブってこんなに楽しいんだ!」って。

U:ライブは会場の熱気が感じられるし、お客さんと近い距離で演奏していると、スタジオで曲を形にしていった意味や、やりがいを感じますね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報