【インタビュー】FES☆TIVE、元気いっぱいの新作は「声の色づけ」がポイント

twitterツイート

“日本を元気に!”をコンセプトとして活動する、お祭り系アイドルユニット・FES☆TIVEが11月29日に6thシングル「OIDEMASE!! 〜極楽〜」をリリースした。

お祭りソングとダイナミックなダンスを武器に海外でのイベントにもたびたび参加し、日本のみならず世界中にそのあふれる元気を振りまいている彼女たち。今回BARKSでは8人のメンバーのなかから桃原ひよ、坂元由奈、真野彩里愛に新作の話を訊くべくインタビュー現場に向かったのだが、メンバー内最年少の真野が衣装の一部を忘れるというハプニングが待ち受けていた。聴きどころや歌い方のこだわりなど、楽曲についてのトークはもちろんだが、真野のレアな姿もあわせてお楽しみいただきたい。

  ◆  ◆  ◆

■どんな時代でもみんなで一緒に楽しめば良いんだよ(桃原ひよ)

──真野さんが衣装を忘れてしまったということで、まずはそのあたりからお話をうかがってもよろしいでしょうか。

真野彩里愛(以下、真野):はい……集合時間の20分前くらいには現場に着いて、完璧だなと思っていたんです。でも、いざ着替えたら“あれ? なんか足りない気がする”と思って(笑)。そこで、すごく重要なベストを忘れたことに気づきました。本当に、本当に、反省しています。

一同:(笑)

▲衣装を忘れて落ち込む真野彩里愛

──イメージカラーのベストなんですよね。事務所の方からOKが出たので、今日はその姿で写真も撮らせていただきます(笑)。さて、ニューシングルにどんな楽曲が収録されているか、表題曲「OIDEMASE!! 〜極楽〜」から教えてください。

桃原ひよ(以下、桃原):最初に聴いた時に、すごくFES☆TIVEっぽいなと思いました。明るい曲で、ちょっと和風の音が入っていたり、“そいや!”という掛け声とかも入っていて、これは自分達らしい曲になるなと。それに、琴とか太鼓とかの音から始まって、一気にトランスっぽくなるじゃないですか。その流れもカッコよくて、シングルのリードにふさわしい、良い曲だなと思いました。

坂元由奈(以下、坂元):私は、一度聴くと耳に残る曲だなと思いましたね。FES☆TIVEは耳に残る曲を歌わせていただくことが多いんですが、今回もみんなに気に入ってもらえる曲だなという印象を受けて、勝手に自信を持ちました(笑)。あと、今までのFES☆TIVEとちょっと違うのはサビの歌詞の語尾が“〇〇なのだ”ってところです。そこが新しいかわいらしさになっているところも良いなと思います。ファンの人にも、ぜひ一緒に歌って欲しいです。

真野:イントロとかAメロはカッコいい感じなのですが、サビには坂元ちゃんが言った“〇〇なのだ”というかわいい部分が入っていて、カッコよさとかわいらしさを兼ね備えていますよね。FES☆TIVEの曲には“お祭りワード”がいくつかあって、前回のシングルのリード曲「ゴートゥーフェス☆」では“わっしょい! わっしょい!”だったんですけと、今回は“あっぱれ!”って言ってます(笑)。

坂元:2番のAメロに出てくる“楽しいことしましょ”というのは、私達のライブのことだと思うんですよ。なので、落ち込んだりした時はFES☆TIVEのライブに来て、サビで歌っているようにパーッとパーッと舞い踊って、パーッとパーッと騒いで元気になってもらいたいです。振付師の方が簡単にマネできるような振り付けを考えてくださったので、みんなに覚えてもらって、ライブの時に会場全体が動くと良いなと思っています。

──きっと、そうなると思います。桃原さんはイラストを描くのが得意ということで、この曲をイメージしたイラストをお願いしていましたが、見せていただけますか。

桃原:こんな感じです。この曲には和風の音が入っているので、平安時代のお姫様が「貴族の人達もそうじゃない人達も一緒に楽しみましょうよ」と誘っているようなイメージにしてみました。古風なだけのイラストじゃおもしろくないので、“今”と“昔”を合わせてミラーボールとかツートーンの床を描いたんですが、どちらも平安時代には絶対にないものじゃないですか。この部分には“どんな時代でもみんなで一緒に楽しめば良いんだよ”というメッセージが込めてあります。

──「OIDEMASE 〜極楽〜」を巧みに表現されていますね。この曲を録るにあたって、それぞれ意識したことなどはありましたか?

坂元:ファンの人に「FES☆TIVEの曲はライブで聴くと楽しいけど、CDで音だけを聴くと印象が薄い」って言われたことがあるんです。それで、今回はカップリングも含めて、歌詞に合わせて声のニュアンスを変える、“声の色づけ”を意識して録りました。

真野:私も、ボイトレの先生に、もっとこうすると伝わりやすくなるよとか、表現できるようになるよといったことを教えていただいたんです。大事なのは上手い/下手ということではなくて相手に伝わることだからとも言われて、そういうところも大事にしようと思って歌いました。

桃原:CDを聴いてくれた人に、ライブを観たいと思ってもらいたいという想いがあるので、音だけでも惹きつけるものにしようと意識しましたね。私も、発音とか、この言葉はここを強くすると、より聴きやすいよといったことをボイトレで教わったので、それをレコーディングで実践しました。

──それが功を奏して、メンバーが交互に歌っている姿が浮かんでくる仕上がりになっています。「OIDEMASE!! 〜極楽〜」の歌詞にちなんでお聞きしますが、皆さんは落ち込んだ時は、どうやって気持ちを上げているのでしょう?

▲桃原ひよ

桃原:私は、寝たら忘れちゃうタイプなんです(笑)。

坂元:わかる!(笑)

真野:私も、寝ます(笑)。嫌なことがあっても寝ると忘れちゃいますね。

坂元:寝るか、食べるかだよね?

桃原:うん、わりと単純なんですよ(笑)。嫌なこととか落ち込むようなことがあっても、あまり引きずらないです。“食べて、寝てやるぅー!”って言って、朝起きてスッキリ(笑)。

──そういう時に食べるのは、甘い物とかでしょうか?

桃原:いえ、何でも食べます。その時に食べたいと思ったものですね。

坂元:ひよは、すっごい大食いなんですよ(笑)。

桃原:ええ、否定はしません(笑)。お菓子が大好きで、特にじゃがりこが好きです。しょっぱいものを食べると甘いものが食べたくなるので、じゃがりこと甘いものを延々とループして食べて、満たされて寝る……みたいな(笑)。

坂元:私も、食べて寝れば大丈夫かな。というか、落ち込むことはあまりないですね。毎日のようにメンバーと一緒にいて、いろんな話ができて楽しいので、グループのことで悩むこともないです。なので、ヤケ食いは滅多にないです(笑)。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報