【インタビュー&レポ】GRAND FAMILY ORCHESTRA「この曲たちでみんなの人生がパッと華やぐ瞬間があると信じている」

ツイート
【GRAND FAMILY ORCHESTRAライヴレポート】


2017年11月18日(土)東京・下北沢SHELTER<GRANDFAMILYORCHESTRA presents ~レコ発 大家族会議 Vol.3 東京編~「漢たちの挽歌」>

「デカいこと言います!日本最強のロックバンド、GRANDFAMILYORCHESTRAです!」ライヴ前半で松山晃太(Vo.G)は叫んだ。11月18日(土)東京・下北沢SHELTERにて行われたGRANDFAMILYORCHESTRAのライヴ<GRANDFAMILYORCHESTRA presents ~レコ発 大家族会議 Vol.3 東京編~「漢たちの挽歌」>は、愚直なまでにロックンロールの熱源を振りまいた鬼気迫るほどの熱いライヴとなった。

このライヴは当日から会場限定リリースされた1stEP『EUREKA E.P.』のリリースを記念したツアーの初日として行われたもの。対バンにハルカミライを迎え、会場は立錐の余地もないほどの超満員に。

「お待たせしました!はじめます!」松山晃太(Vo.G)の第一声から始まったのは、「TAXI」。千葉龍太郎(B)、ピクミン(Dr)による重たいリズムに森山良太(G)、サポートメンバー・OCHAN(Gt.Key)によるファンキーなギターのカッティングが乗った、意外にもミディアム・テンポのクールな立ち上がりだが、沸々と高揚感がよじ登ってくるようにサビへとつながり、その沸点でフロアから一斉に右手が突き上げられた。パワフルなドラムを核としてかなりキメを多用するあたりに現在のバンドのコンディションや5人の一体感が伝わってくる。松山が指弾きでオリエンタルなリフを爪弾き、新作からのロックンロール・チューン「早く寝なさい」へと進む。性急なリズムでグングン突っ走るこの曲では、早くもサビで観客とも一体になる様子も見られた。新曲であろうとも観客を乗せてしまうあたり、GRANDFAMILYORCHESTRAがライヴバンドたる所以を感じることができた。




「新しい作品のレコ発にお越し頂きありがとうございます!素晴らしい作品ができたと思って、自信満々でステージに立ってます」とのMCから歌われたのは、新作EPのリード曲「ユリーカ」。既にオフィシャル・ウェブサイトでMVが公開されていることもあり、すっかりファンには浸透しているのだろう、サビのメンバー全員によるコーラスでは、観客も共に声を上げながら飛び跳ねる。続いてすかさず始まった「リンディンドン」「ラバーソウル」でも合唱が続き、祝祭感に満ちた光景が繰り広げられた。手数が多く派手なピクミンのドラムと、千葉の太いビート、タッピングを交えたトリッキーなプレイも見せる3本のギターの分厚さ、それに加えて全員がコーラスが行うものだから、ステージから放たれるサウンドは洪水のようで、観る者は巻き込まれざるを得ない。ステージが暗転すると、バスドラとベースの重いビートが響き出し、メンバーによるコーラスのハーモニーから深淵なサウンドが始まる。空間系のエフェクトを活かしたギターが絶妙にサイケなニュアンスを表現していた「ニコウエ」は、ここまでほとんどノンストップでロック・チューンを畳みかけた後だっただけに、良いアクセントになっていた。



「最高に楽しいー!ただ灼熱すぎるんじゃー!」と、髪からボタボタと汗の雫をしたたらせながら叫ぶ松山に、観客から笑いが起きる。メンバーは全員汗だくでびっしょりだが、観客も汗だくで、まさに会場は灼熱地獄、いや灼熱天国だ。そんなライヴの熱さは、松山のこんなMCからも。「今日という日に、東京の下北沢SHELTERでロックバンドとして歌を歌えている僕個人の人生としては、本当に100点満点です。そして、今日ここに好きなロックバンドの音楽を聴きに来ているあなたたちの人生も100点満点だと思うし、そうあってほしいと願っています」。そんな言葉から歌われたのは、「東京」。グッと音圧を抑えたメロディに寄り添った演奏で抒情的な歌を聴かせ、続く新作からの「流星群の夜に」では、抑揚のある演奏と歌で星空が浮かぶようなサウンドスケープを見せた。松山が歌う世界に、ふと自分自身の日常を重ねてしまうようなこの2曲は、この日のライヴの核となっていたように思う。


「ツアー行ってきます!俺、本当に今が一番音楽が楽しいです!ロックンロール・バンドが大好きです!ライヴハウスが大好きです!色んなことがあったけど、バンドで絶対前に進むって決めて、今日を迎えることができました。ここにいるみんなと作っているこの一瞬一瞬が、俺にとって宝物です。今日は本当に来てくれてありがとうございました!」


熱いMCから、『EUREKA E.P.』のラストを飾る「祭りの後」へ。2番に入った序盤の歌詞で松山が“青春とは何か?”と強調して叫んだのが印象的だった。ラスト・ナンバー「茜色」を終えてステージを降りたものの、観客の声に応えて強烈なギターリフからアンコールの「黄金になる」へ突入。ラストには千葉がベースを抱えたまま観客に飛び込み、クラウドサーフする中、エンディングを迎えた。「音楽は、ライヴバンドは、やっぱり最高だと思わねーか、オイ!」そんな叫びを残してステージを降りたGRANDFAMILYORCHESTRA。全力疾走で駆け抜けたライヴの余韻が、熱く熱くいつまでも会場に残っていた。


▲リラックスしたリハ風景


▲ライブを終えてほっと一息のメンバー

取材・文:岡本貴之

セットリスト

2017年11月18日(土)東京・下北沢SHELTER
<GRANDFAMILYORCHESTRA presents ~レコ発 大家族会議 Vol.3 東京編~「漢たちの挽歌」>
1. TAXI
2. 早く寝なさい
3. 大人の旅
4. スモーキーブルース
5. ユリーカ
6. リンディンドン
7. ラバーソウル
8. ニコウエ
9. 東京
10. 流星群の夜に
11. 祭りの後
12. 茜色
EN 黄金になる

ライブ・イベント情報

リリースツアー 「大家族会議Vol.3 漢たちの挽歌」
2017.12.14(木) 大阪Pangea w/ ジラフポット、Yellow Studs、フィッシュライフ
2018.01.12(金) 仙台MACANA w/ 真空ホロウ、The Cheserasera、ANABANTFULLS、小夜の聲
2018.01.18(木) 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL w/ Outside dandy、ANABANTFULLS
2018.01.26(金) 新代田FEVER w/ ircle、ANABANTFULLS

◆インタビューへ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報