リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼公演のダイジェスト映像公開

twitterツイート

リンキン・パークが、10月27日LAで開催したチェスター・ベニントンの追悼公演<Linkin Park And Friends Celebrate Life In Honor Of Chester Bennington>の模様を収めた4分半ほどの映像を公開した。

◆追悼公演 ダイジェスト映像

公演には、リンキン・パーク、ブリンク182、Sum41のデリック・ウィブリー&フランク・ズーモ、アヴェンジド・セヴンフォールドのM.シャドウズ&シニスター・ゲイツ、コーンのジョナサン・デイヴィス、システム・オブ・ア・ダウンのダロン・マロキアン&シャヴォ・オダジアン、ONE OK ROCKのTaka、アラニス・モリセット、ブッシュのギャヴィン・ロスデイル、ブリング・ミー・ホライズンのオリヴァー・サイクス、Zedd、ア・デイ・トゥ・リメンバーのジェレミー・マッキノン、マシン・ガン・ケリー、スティーヴ・アオキらが出演した。



3時間におよぶパフォーマンスはYouTubeからライブ・ストリーミングされた。現在も公開中で、視聴回数は4週間弱で900万回を突破している。

チェスターの奥さん、タリンダ・ベニントンも出演し、バンドやファン、スタッフにこう感謝した。「なんて凄い公演なんでしょう。チェスターと私はいつだって人々が集まるのを見るのが大好きでした。チェスターは、家が家族、友人、子供たち、犬、猫、鳥、亀でいっぱいになるのを喜んでいました。多ければ多いほど浮かれていました。彼は今夜のこれを気に入っていることでしょう」

「そして、あなた達、リンキン・パークのファンのみなさん、ありがとう。チェスターはいつもリンキン・パークのファンは最高だって言ってました。わかります? 彼は完全に正しかったわ。この14週間、あなた達はお互いを支え合い、私を支え、子供たちを支えてくれました。世界中で開かれた追悼会に始まり、Twitterを通じ家族として日々支え合い、#MakeChesterproudと#fuckdepressionのハシュタグを使い愛を広めるにいたるまで」

「家族と過ごす時間、そして他の人々を助けるためになんでもやる、この2つがチェスターの人生に喜びをもたらしていました。彼は、Music For Relief(リンキン・パークが設立した支援団体)の活動をとても誇りに思っていました。彼はそれが人々の命を救ったことを知っていました。命を救う、これこそ、私たちがチェスターを追悼しやろうとしていることです。メンタル・ヘルスは身体の健康同様大事なんだと認識すべきときが来ました。メンタル・ヘルスへの支援にアクセスしやすくするのは、私のミッションです」

この公演の収益は、チェスターを追悼し設立された基金One More Light Fundへ寄付された。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス