【連載】Hiroのもいもいフィンランドvol.49「マイケル・モンローソロ活動30周年」

twitterツイート

マイケル・モンローときけばHanoi Rocksが思い浮かぶ方も多いと思います。中にはHanoi Rocks解散後どうしているのかな?と思う方もいるかもしれません。彼はずっとソロ活動を続けていて、今年そのソロ活動30周年を迎えました。


最初のソロアルバム『Nights Are So Long』が発売になったのが1987年。当時80年代イギリスのニューロマンティックブームにどっぷりはまっていた私は、1985年にHanoi Rocksが解散した後のマイケル・モンローのソロ活動についてはそれほど詳しくはありませんでした。自分がフィンランドに来たのが1991年。当時はネットなどもなく、最初はフィンランド語もわからなかったので、90年代の音楽事情はポッコリ穴があいたように私の頭の中は空白。2001年にHanoi Rocksが再結成されたときTVの音楽チャンネルなどで見かけることがあり、あぁ再結成されたんだなと思ったものです。その後ネットの普及もあり、フィンランド語もわかるようになり、音楽が自分の中で復活!マイケルのソロについてよく知るようになったのは再結成したHanoi Rocks解散後、マイケル・モンローバンドとして活動を始めた頃からになります。ちょうど2011年末からスタートしたシンガーのオーディション番組The Voice Of Finlandのメンターを彼が務めることになり、TVでもおなじみとなったマイケルはメディアでもよく見かけるようになりました。普段ロックを聴かない人にもTVのレギュラー出演により、彼の知名度は一気に上昇。さらに彼のポジティブな姿勢が共感を呼び、年配の人にまで国民的な人気を獲得するまでに至ったように思います。

その今や国民的ロッケンローラーとなったマイケル・モンロー30周年記念ライブが先月ヘルシンキの文化ホールで開かれました。普段の彼のライブはオールスタンディングのライブハウスがほとんどなのに対して、今回はスタンド席もあるというマイケル・モンローのライブにしては異例の会場に思えましたが、ソールドアウト!普段は全席指定席の会場ですが、マイケルのライブではフロアは椅子を取り除きスタンディングに!




開場1時間半ぐらい前に会場にいってみると、寒い中すでに20人ほどの見るからにロック好きといった感じのファンが開場を待ってました。オープニングナンバーはDemolition 23の「Nothin's Alright」!マイケルがステージに現れたとたん、ステージにぱっと華やかになる!彼は独自のオーラを持っています。1曲目から飛ばして元気に動きまくるマイケル。そのあとはマイケル・モンローバンドからの曲が続きました。この30周年記念ライブにはゲストが出演するとのことで、最初のゲストはBackyard Babiesのドレゲン!彼が参加していたアルバム「Horns and Halos」の曲を何曲かプレイ!ルーズなふんわりパンツを身に着け、イメージが昔と変わってましたが、ちょっと控えめなバンドメンバーよりもはるかに目立ってました。

2人目のゲストはHanoi Rocksのメンバーだったナスティ・スーサイド。ということで彼が登場してからはHanoi Rocksの曲が続いたのですが、「Don't You Ever Leave Me」ではチェロメタルバンドとして知られるApocalypticaのエイッカ・トッピネンが登場!チェロの音色が曲にしっとり哀愁感を加えた感じに。ドレゲンとナスティのゲストは予想されましたが、2人ともバンドに溶け込んで息もぴったり。特にナスティは控えめなんだけど、ステージで一緒にプレイすることができてすごく楽しそうに見えました。Hanoi Rocks時代からのメンバーサミ・ヤッファもナスティの登場が嬉しそう!最後にもう一人ゲストが。The Voice Of Finlandでマイケルのチームだったアンドレア・ブロシオ!




マイケルはいつものようにステージを動きまくり、高い場所に登ったり、ステージ前のフェンスにひょいっと飛び乗ったり、ステージで足を180度開脚とか、ほんとに元気。さらには自分でサクソフォーンやハーモニカも吹き、多彩なステージパフォーマンスを披露!最後に「Up Around the Bend」や「Dead, Jail or Rock 'n' Roll」をやり、会場は最高に盛り上がりました。というか盛り上がらないはずがない!アンコールではHanoi Rocksの「Tragedy」や「Taxi Driver」「 I Feel Alright」などをプレイ!会場は歓声の渦に!実に2時間以上にも及ぶライブでした。マイケルはもちろんのこと、メンバーもゲストたちもとっても楽しそうで、それはやっぱり観る側にも伝わってきますね。観客も一緒になって素晴らしい30周年のショーとなりました。






セットリスト


このソロ活動30周年記念ツアー、12月には日本にも上陸!追加公演も加わり4公演が予定されています。
・大阪 2017/12/5(火) 梅田CLUB QUATTRO
・東京 2017/12/6 (水) 恵比寿 LIQUIDROOM(ソールドアウト)
・東京 2017/12/7 (木) 渋谷WWW X(追加公演)
・愛知 2017/12/8 (金) 名古屋 ReNY Limited

皆さん、この機会をお見逃しなく。

ソロ30周年記念として、ドキュメンタリー映画も公開になる予定です。こちらも楽しみですね。さらにこれからの活動も期待したいです。

文・写真:Hiromi Usenius

◆【連載】Hiroのもいもいフィンランドまとめページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報