【短期連載】wyseのアルバム『Breathe』制作記 第11回_ツアー編「不安なんてものはない」

twitterツイート


どうも、月森です。次は誰が……とかもういいよね。たぶん誰も俺以外が書く事なんて想像すらしてないよね。

◆wyse 画像

最近、コラムの内容を“メンバーに”凄く褒められます。「あの文章は良い!」とか「やっぱり月森が書いた方が良い!」とか。おまえら、どーせ読んでないだろ(笑)!

さて、<wyse Live Tour 2017 Breathe>もいよいよ終盤。残すところあと3ヵ所4公演のツアー日記となりました。では今回はこちらから。

   ◆   ◆   ◆

2017年11月11日(土)の仙台 HOOK。

熱く、暖かい。そんなライブだった。仙台だけがそうだったわけではないけれど、このツアー熱く暖かいライブになる事が多い。熱く暖かい……同じような言葉でいて、並べると矛盾しているように聞こえるが、その場にいた人ならわかる。

仙台といえば『Breathe』に収録されている「RinNe」。震災後に作り仙台のライブのみでプレゼントした曲だ。今、改めてこの土地でこの曲を届けられた事が本当に嬉しかった。

それとこの日、このツアーで完成されたエンディングへ向けての王道の流れを、ぶった切るように入った「Like sewing up」。オープニングが始まった瞬間、みんなの幸せのオーラがステージの俺らを飲み込み、会場全体を包み込んだのが目に見えたような気がした。演奏しているのは俺らだが、改めてライブの空気を作るのはファンの方なんだなと、再確認した。

   ◆   ◆   ◆

2017年11月23日(木・祝)の札幌 COLONY。

13年ぶりの札幌。しかも2Days。2Days……実は個人的に2Daysというのがあまり好きではない。俺は何年やってもライブのペース配分というものがさっぱり解らない。なので、初日で生命力を使い切ってしまう。というか、なんなら本編で使い切るので、基本的にアンコールは虫の息でやっている。ただそこは13年ぶりの札幌。ツアーファイナルまでまだちょっと時間があるので、一週間くらい死んでもいいかというノリで、いつも通り全力で行かせてもらった。

ツアーをやっていると、全国から一緒にツアーを回ってくれているファンも多い。この子達も13年ぶりの札幌に一緒に帰って来たんだ。その中でも札幌ではとくに札幌(北海道)ファンが沢山いたのがわかった。お互いになかなか会えないせいか、伝えたい想いをしっかり届け/受け取れるように、初めは少しぎこちなく、だんだん力強く、でもその一連の流れ全てがたまらなく嬉しかった。

札幌1日目だけの曲「イイんじゃない」をやる頃には会場全体に笑顔しかなくなっていた。札幌のライブ、またすぐにでも帰って来たいと思ったが……そう、次の日もある。なるほどね……2Days、そんな悪いものでもないじゃないか。

   ◆   ◆   ◆

2017年11月24日(金)の札幌 COLONY。

昨日の疲れはまったく回復してない。これだから2Daysはいやなんだ……。ただ、ライブが始まるとまたすぐに考えを改めさせられる。

なにこれ、一曲目からまるで昨日の続きような空気感……。簡単に言えば“もう出来上がってる状態”なわけだ。なるほどね……2Days、そんな悪いものでもないじゃないか(笑)。もちろん全員が昨日と同じファンではない、初日にしか来れなかった子、二日目にしか来れなかった子もいるとは思う。でもよくツアーの空気感は繋がっていくと言われるが、それが翌日に同じ場所ともなれば、なるほどね……2Days、そんな悪い…………もういいか(笑)。

2Daysとはいえ<Breatheツアー>である事に変わりなく、しっかりとツアーコンセプトである『Breathe』の曲は伝え、それ以外は昨日とは全然違い、「言葉を無くした僕と空を見上げる君」「Magic」からスタートした。

札幌二日目のための曲「float」からの「slow time」。実はこれらの曲は全て歌詞に冬や雪のワードが入っている。今回のツアーは全ヵ所そのように、その土地ならではの曲が選ばれている。もちろん単純に歌詞の意味だけじゃなく、今までのツアーの記憶や、いろいろな想いがあり、全ての土地で特別なセットリストを用意した。

本当にこの13年ぶりツアー、やれてよかった。13年ぶりに会えた喜びや、沢山の場所を一緒に回った楽しさ、今のwyseというバンドの力強さや、そしてファンの想いの強さ……。書き出そうとすればキリはないが、本当にいろんな想いを抱えてセミファイナルである札幌二日目、この土地で出来た「無色の雪」、そしてアルバム『Breathe』の最後の曲「in the Moonlight」で本編を終えた。

   ◆   ◆   ◆

残すは、いよいよツアーファイナル、12月10日の新宿 ReNYだけ。

どんな気持ちで自分がステージ上がるのかまだわからないが、きっといろいろ考えてしまうだろう……、でもそこには不安なんてものはない。このツアーに参加してくれた人達が背中を押してくれているから、熱く、暖かい、人の想いの強さを、俺らは全部背負って新宿 ReNYに立つ。

このライブ、wyseに少しでも興味がある人は参加してほしい。もしこの日に何も感じなければ、もうその人にはwyseは合わない、一生見なくていい。そんなライブを、今、俺らはやっている。


■<wyse Live Tour 2017 Breathe>Tour Final

2017年12月10日(日)新宿 ReNY

■<Opening of the 20th year Special Live「360° 〜1999-2018〜」>

2018年02月10日(土) TOKYO FM HALL
OPEN16:30 / START17:00
▼チケット
4,800円 / 5,300円 (別途 D代)
一般発売:12/16(土)10:00〜
【chain?会員先行(FC先行)】
受付期間:11/24(金)15:00〜12/4(月)23:59
当選発表:12/9(土)15:00
【Yahoo!チケット先着先行】
受付期間:12/9(土)15:00〜12/13(水)21:00


■<RUIDO × REX SPECIAL NIGHT 2018>

▼Day1 石月努 × wyse
2018年1月20日(土)SHIBUYA REX
▼Day2 wyse「拳NIGHT」
2018年1月21日(日)SHIBUYA REX
▼Day3 CARESS × wyse
2018年1月27日(土)OSAKA RUIDO
▼Day4 wyse「拳NIGHT」
2018年1月28日(日)OSAKA RUIDO
OPEN16:30 / START17:00 (全ヵ所)
▼チケット
前売4,800円/当日5,300円
【e+一般発売】
10/28(土)10:00〜

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報