ビヨンセ、モハメッド・アリ・レガシー賞のプレゼンターに

twitterツイート

火曜日(12月5日)、アメリカのスポーツ誌『Sports Illustrated』主催の<2017 Sportsperson Of The Year Show>がNYで開かれ、ビヨンセがプレゼンターとしてサプライズ出演した。

◆ビヨンセ&コリン・キャパニック画像

ビヨンセは、長年に渡りスポーツマンシップの模範に徹し、世界に影響を与えた選手へ贈られるモハメッド・アリ・レガシー・アワードを今年の受賞者、アメリカンフットボール選手のコリン・キャパニックへ授与した。

キャパニック選手は、「人種差別がまかり通る国に敬意は払えない」と、2016年8月、試合前の国家斉唱で起立するのを拒否し膝をつき、人種差別に抗議した。

ビヨンセは「ありがとう、コリン・キャパニック。あなたの無死無欲の心、強い信念、個人的な犠牲に感謝します。コリンは結果や反響を恐れず、世界が良くなることだけを願い行動を起こしました。認識の変化、そして私たちがお互い、とくに有色人種に対しての待遇の仕方を変えることを願い」と、キャパニックの言動を称えたという。



キャパニックは2016年のシーズン終了後、サンフランシスコ・フォーティナイナーズを退団。フリーエージェントとなったが、いまだ名乗りを上げるチームは現れていない。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報