坂本龍一がキュレーターをつとめるイベント、『Glenn Gould Gathering』がスタート

twitterツイート

坂本龍一がキュレーターを務める、グレン・グールド生誕85周年を記念したイベント『Glenn Gould Gathering』のエキシビジョンと特別上映会が本日12月13日よりスタートした。

◆関連画像

2017年はカナダが生んだ孤高の音楽家グレン・グールドの生誕85周年、またカナダの建国150周年という記念すべき年。これを記念し、カナダのグレン・グールド・ファウンデーションは2017年に世界の数カ所でキュレーターやプロデューサーと同目的の企画展・コンサートを計画、実施してきた。

その最後を飾ることになるのが東京・青山にある草月会館で開催される『Glenn Gould Gathering』。幼少期よりグールドの音楽性と個性的な演奏スタイルに憧れ常にグールドを敬愛してきた坂本龍一はキュレーターとして、本イベントでさまざまな表現レイヤーを駆使しグレン・グールドをめぐるエキシビション、関連作品の特別上映、ライブを開催する。


エキシビジョン・特別上映会

■エキシビジョン
Glenn Gould—Remodels 
時間:9:30~17:30

Exhibition 草月会館1階 草月プラザ
サウンド・インスタレーション
坂本龍一

Exhibition 草月会館2階 談話室
インスタレーション
高谷史郎+坂本龍一
映像素材:Zakkubalan

■関連作品上映(入場無料)
上映参加には、下記URLより事前申し込みが必要です
https://enq2.l-tike.com/fm/pub/lawsonticket/ggg_movie
12月15日(金)分→12月13日(水)23:59まで 
12月17日(日)分→12月15日(金)8:30まで
 
・プログラム
12月13日(水)会場:カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター
13:30~14:30「いかにしてモーツァルトはダメな作曲家になったか」/How Mozart Became a Bad Composer」
16:15~17:00「グレン・グールドのトロント/Glenn Gould's Toronto」

12月14日(木)会場:カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター
14:30~17:00「砂の女/The Woman in the Dunes」

12月15日(金)会場:カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター
13:00~14:00「グレン・グールドについて/About Glenn Gould」
15:00~16:50「グレン・グールドの肖像/Glenn Gould: A Portrait」※
※諸事情により本作品が上映されない場合、上映作品は『グレン・グールドのトロント』に変更になります。
     
12月17日(日)会場:草月ホール
9:00~11:30「砂の女/The Woman in the Dunes」

全作品入場無料・自由席 
カナダ大使館へのご入館にあたりまして:
カナダ大使館入館には、政府発行の写真付身分証明書のご提示が必須です。
入館の際、手荷物検査がございます。
大使館構内には駐車場はございませんため、公共交通機関でのご来場へご協力お願いいたします。

上映タイムテーブルはこちらから
https://www.gggathering.com/timetable.pdf

Glenn Gould Gathering 公演概要

https://www.gggathering.com
会場:東京・草月会館

12月15日(金)
トーク・セッション 午後5:00開場/5:30開演
ライブ 午後6:30開場/7:00開演

12月16日(土) 
トーク・セッション 午後4:00開場/4:30開演
ライブ [昼公演]午後0:30開場/1:00開演・[夜公演]午後5:30開場/午後6:00開演

12月17日(日)
トーク・セッション 午後4:00開場/4:30開演
ライブ [昼公演]午後0:30開場/1:00開演・[夜公演]午後5:30開場/午後6:00開演

■出演者
キュレーター:坂本龍一(ライブ全公演へ出演)
ライブ:アルヴァ・ノト、クリスチャン・フェネス、フランチェスコ・トリスターノ ほか
トーク・セッション:浅田彰(批評家)、國崎晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)、山口一郎(サカナクション)、宮澤淳一(音楽評論家・青山学院大学教授) ほか

◆Glenn Gould Gathering 公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報