【人間椅子連載】ナザレス通信Vol.38「歯医者」

twitterツイート

最近また歯の調子が悪いのでまたいつもの歯医者さんに行ってきました。一年ほど前に診てもらった時はBGMがずっと洋楽のラップで、とても落ち着いているとは言えない状況での治療だったのですが、今回は有線のチャンネルをクラシックロックにしていたようで多少ましです。確かに、待合室で待つ間はCHICAGOの「Saturday In The Park」がかかっていて和やかな雰囲気でした。でもこのチャンネル、時としてそうではない感じの曲もかかるので大丈夫かなと思っていたのですが不安的中です。診察台に座って先生に症状を訴えるやいなや、「この前抜ききれなかった歯を抜いてしまいましょう」と即決、心の準備がないうちに麻酔を打たれ、メスでガリガリ音をたてながら事は進みます。前に抜けなかったのですからすんなりと済むはずもなく、麻酔をしている割に痛くて「ぐぁー」と声が出ているその時にかかった曲は、JOURNEYの「Separate Ways」でした。この世界的な大ヒット曲がこんなにも不安をかき立てるとは思いませんでした。「ダーッダーダダダッダッダダ、ツカツンタンツク」のあのギターリフがバクバクする心臓と共鳴します。キーボードの冷徹な繰り返しが悲壮な結末を予感させます。超絶技巧のギターソロは今まさに抜かれようとしている歯の断末魔のようです。そして何より腹立たしいのはSteve Perryの絶叫するボーカルです。動揺する気持ちを逆撫でし、「そんなに絶叫しなくていいだろう」と言い掛かりをつけたくなるようなハイトーンボーカルです。先生はいろいろと話しかけて気を紛らわしてくれるのですが、自分の耳にはJOURNEYしか入ってきません。本当に歯の治療にはそぐわない曲です。


JOURNEYは「産業ロック」などと変な名前のジャンルに分類をされたりしましたが、ポップで明るいアメリカンハードロックの大好きなバンドです。「産業ロック」という言葉は「売れ線狙い」といった悪い意味を込めて使われますが、ヒットを何曲も飛ばさなければそのように呼ばれない訳ですからそれだけで凄い事なのです。歯医者でかかった「Separate Ways」は「Frontiers」という大ヒットアルバムの代表曲ですが、おすすめはその前作「Escape」です。特に圧巻なのは「Don't Stop Believin'」という曲。ヒットのための十か条を詰め込んだような名曲です。涙が出そうになる程こてこての展開は職人技の域で、特にNeal Schonのギターのビブラート加減はたまりません。Steve Perryの「歌い上げる」という言葉がぴったりのボーカルも愛すべき暑苦しさです。バラードあり、ハードありで、聴き応えのあるアルバムです。



と、ここまで書いて歯医者の予約時間になったので行ってきました。消毒だけの診察だったのですぐ終わりました。今日のBGMはVAN HALENの「You Really Got Me」でした。思わず笑ってしまいました。

今回のマイベストテープ~「産業ロック」の名曲

A1.Any Way You Want It / JOURNEY
A2.I Want To Know What Love Is / FOREIGNER
A3.Rockin' The Paradise / STYX
A4.Keep On Loving You / REO SPEEDWAGON
A5.Eye Of The Tiger / SURVIVOR

B1.Open Arms / JOURNEY
B2.Dirty White Boy / FOREIGNER
B3.Babe / STYX
B4.Can't Fight This Feeling / REO SPEEDWAGON
B5.Burning Heart / SURVIVOR=

20thオリジナルアルバム『異次元からの咆哮』

10月4日(水)発売
初回盤:CD+DVD ¥3,704(税別)TKCA-74561
通常盤:CD ¥2,685(税別)TKCA-74562

<人間椅子提供 地獄の感謝祭~第一弾>

2018年1月22日(月)
@TSUTAYA 0-WEST
出演:人間椅子/DOOM
※人間椅子メンバーが厳選したバンドと2マン企画をシリーズ化
開場18:30/開演19:00
前売り5000円/当日5500円(別途1ドリンク600円)
※3才以上要チケット
一般チケット発売:2017年12月24日(日)~チケットぴあ、ローソンチケット、e+
[問]DISK GARAGE:050-5533-0888(weekday 12:00~19:00)

◆人間椅子 公式LINEアカウント
◆【連載】人間椅子 鈴木研一の「ハードロック喫茶ナザレス」まとめ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス