【連載】BAROQUE TOUR DIARY 第2回 「白い衣装!よし!それ、仙台!」

twitterツイート

そう、まだ12月14日の移動日に書いてます、書き続けてます、BARKSコラム『BAROQUE TOUR DIARY』を。怜です。仙台Rensaリハーサルの写真が他にも眠っていたので、載せちゃいます。

◆BAROQUE 画像

こんな写真好物です。何歌ってんだろう。あ、歌ってない時ですね。曲によっては歌わないで、構成確認とかで定位置にいたりするからね。


これも何気ない良さがあるなぁ。リハーサルをライブの時のように撮って貰うのあまりないからさ、新鮮。あーすっぴん。足元にお茶が転がってます。転がってます……。気になります。


この後ろの蛍光灯、後ろから抱かれてる様に思えてよかった。これもひっそり見えるお茶。ギター。


という追加もありましたが、コラム第一回では、仙台前日リハーサルの様子を書きました。是非見てくださいですます。

   ◆   ◆   ◆

<BAROQUE 「ALL OF THE LOVE, ALL OF THE DREAM」>ツアー初日、仙台darwinです! こちらはお久しぶりの会場ですが、結構な回数ステージで歌っているので、安心感あります。この日は、前日から10時間以上も熟睡という、完璧なコンディションで挑めました。喉ばっちりです。やはりボーカリストという事もあり、喉のコンディションキープには慎重です。ツアー中は色んな環境へ凄い速度で駆け回るので普段よりも更に。

当日へ向けてのリハーサル、準備、チームとのコミュニケーション、ほんとに声を鳴らす機会が多いんです。音が大きい場所では、声を張って喋ることも多いので、この辺、特に喉の負担に気をつけています。ツアーへ行く前は、喉専門の病院で調子を確認してから回ってるので、万全です。己の喉を知る。ほんと大事な事なので、自分の喉は知りに行く事をオススメします。と、話がそれましたが、ばっちりです。

朝から会場行くまでも、勿論沢山あります。情報確認やら、グッズの件の打ち合わせやら、諸々ばばばはーっと。外に出たら、すごく寒くて、雪で皆転んだり、雪に慣れてない子達も各地から集まるから、“風邪ひかないようにだよなぁ”とか、まるでお父さん気分にひっそりとなったりするんです。

さてさて、足を運んでくれたバロッカー達はすぐ気づいてくれたと思うけど、今回は撮影ブース&メッセージボードを設置しました。二年前のクリスマスライブで設置した時に、メッセージを書いて貰ったボードが素敵だったもので。これこれ。

▼2015.12.25<G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S>@SHIBUYA VIVION

髪長!……は、置いといて、今回も撮影ブース&メッセージボード設置しました。


各会場、位置は異なりますが、是非記念にね。SNSでも伝えてはいますが、このメッセージボードは各公演、それぞれ用意しています。仙台、大阪、名古屋公演の3枚をディファ有明に持って行き、4枚並べて、撮影ブースにできたらなと想像しています。理由は、“ライブに来た瞬間から、シンプルに楽しみが増えればいいな。基本ライブ会場内では撮影NGなので、ツアーの記憶を皆も切り取れたら”と思ってて。

あとは、ここが重要なんだけど、俺達が今、こうやって各地に行けているのは、参加してくれてるみんながあってこそ、だから参加してくれてる事をその気持ちをちゃんと連れて行きたいです。なので、各会場チームにもサプライズゲストにもお願いしようと思ってるので、来るみんなは、各地それぞれの想いも見てくださいね。そして、みんなの声もちょうだいね! 俺は欲しがりです(笑)。

   ◆   ◆   ◆

では、長いこと書いてるけど、会場インです。ひっつーと会場へ。一緒にメッセージボードへカキカキと。思いのほか、高くて、苦労しました(笑)。

会場着いたら、全体の調子はどうかなぁ?と色んなところへ挨拶しまくりに行きます。ワンマンツアーの時は特に喉のコンディションに慎重な為、怜はゆっくりめに入らせて貰ってます。準備はお任せしてるのです。チームのみんな愛してる!ありがとう!

そして、気になっていた、グッズへと足を運びます。“帽子被って決めれたら”という声もあり、この辺も含め、売り場のスタッフさんへ説明し、設置をお願いしました。“俺でも見える高さなので、安心だよね?”って高さにしてもらってます(笑)。

念願の、念願の……トレーナーです……。このサイズ感なかなか売ってなくて、作ってしまいました。“さて、どんなもの作ろうかな”と業者さんと形の打ち合わせをして、怜が着たいサイズ感のオリジナルを作成。アートは圭ちゃんに貰い、これをどう表現すれば良くなるのか、刺繍なのかなぁ、とか。その辺、長らくやって来たので、完成は嬉しかったです。値段相応だとは思うデキ。

Tシャツも良き良き。帽子もよしよし。安定のラババン。ロト、中身の確認は汚れちゃうから、そっとしておきました(笑)。この辺の写真を撮ろうと思ってたのですが、なんと、あまりにも初日は時間がなくて、撮れませんでした!! なので!大阪では撮るぞと思います。どうぞ、これで今日は見逃してください。どやっ(笑)。



BAROQUEロトカードは毎回テーマを決めて撮影しています。今回はギャルソン風っていうやつです。ロトカードのほうは“画質をあげてほしい”という声もあり、良い感じに綺麗になったのかなと思います! 楽しみの一つにしてね。グッズはこの辺で。

   ◆   ◆   ◆

そうそう、初日の現場には独特なムードがあります。言葉で言い表せない、パリッとした感じ。それぞれをカバーしながらチームがみんなを迎える準備をします。そう、チーム力! これ、今年一年で積み上げてきているので、それも含めて、楽しみの一つになってきているんです。俺は、幸せもんですね。

BAROQUEは現場マネージャーと、さらに総括するマネージャーの二人体制でやってるんだけど、今回ツアーへ来れないマネージャーとTシャツを作製している時に、「バロチームのTシャツ欲しいよね」って話になり。一緒にあーでもこーでもないと練りましたが、マネージャーから現場へのサプライズだったのです。なので、当日までは秘密。これはPA小松さん。


そして、ギターテック龍二と現場マネージャー川本ちゃんにはこちら。スケベなボウイへ“スケベボウイ”を(笑)、今回のツアーグッズTシャツに印刷しております。見かけたら、「あー!!! スケベボウイさんだーーー! スケベ!」って言ってみてください、喜びます。言えば言うだけ、喜びます。


当日リハーサルも時間いっぱい段取りもやっていたんですが、今回、スタートがおしてしまってごめんなさいでした。約束の時間を守らないとね。精進します。

   ◆   ◆   ◆

それで、色んな準備を経て、ステージへ! ステージ上がる前にパシャりと。


あとは“段取り通り”を気にするわけでもなく、みんなの心を解放しに、準備してきた事を信じ、そしてチームを信頼して、思う存分、ボーカリストとして、ステージで解放しました。ステージへ一歩足を踏み入れた時、カチッとスイッチが入るタイプです。昔は緊張感あったんですが、今は、やけに気持ちがスッと穏やかです。人生の中で何度も変化を遂げた自分が、全て自分の心へと還ってきた感じ。これは感覚の問題だから深くは書かないけど。

そして、少しだけどライブしたてホヤホヤの写真です。12月13日の仙台公演では白衣装にしてみました。大阪は別のもの着ますますです。


色味は今のBAROQUEにしつつも、もともと服が好きでコロコロ変えていたので、“やはり気分で会場ごとに変えよう、その方が視覚的にもワクワクするんじゃないかな?”と思い、実行中です。全身白服は久しぶりだったなぁ。どうして白にしたかと言うと、ツアー初日、夏ぶりに会うし、すぐにみんなの心をバゴーンと開けたかったから、やはり、そこは光輝く白い世界、PLANETARY LIGHT、白い衣装!よし!それ、仙台!!みたいな。書いてみると、ざっくりな性格だね、怜さんは(笑)。ほんとは髪も真っ白にしちゃおうかと思ってたもんね。

そして全体の一枚、これは何歌ってる時かなぁ、


自然と座っちゃうんだよね、ほんと不思議と。例に挙げると、これ<PARTYZOO >、座ってる!

▼2017.11.23<PARTYZOO DAY2>@Zepp Tokyo

DURAN君とのツーマンライブ、ほら座ってる!

▼2017.12.06<TOKYO // NIGHT>@shibuya WOMB

A9とのツーマンライブ、座ってる!!

▼2017.09.08<Singularity>@Zepp DiverCity

撮影も座ってる!!!


と、振り返ると、座ってる写真多いです。落ち着くんだろうなとは思うし、実際、落ち着いてるから、良い写真多いので採用率高いのかもしれないね(笑)。おっとと、話がまた飛んじゃいました。後半の衣装はこれでしたっ。


   ◆   ◆   ◆

そんなこんなで、仙台公演、ちょっと長めにやりました。選曲はこちら。今年一年の総括になればと組んだセットリストです。


個人的には、どこかな、全体的に毎回更新し続けてるとは思う。「PLAY」と「GIRL」はとてつもなくよかったな。この日の「MEMENTO」は少し物悲しさが歌にのったような。どの曲も生きてるから、毎回変わるよねぇ。それが生のライブの良さだったりするので、みんなも色々感じたこと教えてね。俺もファンとしてもBAROQUE観てみたいけど、どーしても観れないからさ(笑)。教えてね!

と、長い一日も終わりと思いきや、打ち上げという名の……、打ち合わせという名の……、それが両立した夜をチームで過ごします。今日現場で感じた事や、各公演違うセットリストへの工夫、良いこともアレって思うことも、話しまくります。美味しいご飯と、お酒、みんな話も弾みます。と、12月13日の仙台はこんな日を過ごしていました。

   ◆   ◆   ◆

長い、長いよ、このコーナー。読むの疲れない? でも読んで。普段、ブログとかないんで。文字制限ないといくらでも書いていられるね。そんなに暇なの?って思うでしょう。はい。移動中で、この時間の全てのエネルギーをBARKSコラムへ注入してます。多分、大阪のホテルに着いたら即寝でしょう。昨晩は寝れなかったな。ライブ後は中々寝つきが悪くてね。

移動中は、景色が変わる速度が速い。晴れているなぁ、暑いと思いきや、雪景色になったり。




東京へ戻らず大阪だと800キロぐらいあるんだよね、もうちょい少ないか? うちの敏腕マネージャー川本ちゃんに命預けてます。移動の際はどうか、無事を祈っててくださいね。スタッフチームも安全にね!

と、後半、またお父さんみたいになってきたので、多分、眠いので、この辺で終わろうかな。一日で一気に12月12日のリハ日、12月13日の仙台darwin公演、12月14日の仙台から大阪移動日まで書きました。途中何度か寝落ちました……。12月14日の半分はBARKSコラムを書いていたけど、書くことは心の整理にもなるので楽しいです。

では、まだまだ、書きますよまたです。


<ALL OF THE LOVE, ALL OF THE DREAM>

2017年12月13日(水)仙台darwin
OPEN 18:30/START 19:00
Guest:Gt. 柩 From NIGHTMARE,GREMLINS
(問)GIP 022-222-9999
2017年12月15日(金)梅田BananaHall
OPEN 18:30/START 19:00
Guest:Gt. 海 From vistlip
(問)SOUND CREATOR 06-6357-4400
2017年12月16日(土)名古屋ReNY limited
OPEN 17:30/START 18:00
Guest:Vo. 夕霧 & Gt. なお From DaizyStripper
(問)SUNDAY FOLK PROMOTION 052-320-9100
2017年12月25日(月)ディファ有明
OPEN 18:15/START 19:00
(問)NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:00~18:00)
▼チケット
・仙台、大阪、名古屋 公演:¥5,400 ※D別
・ディファ有明 公演:¥5,800 ※D別
※全会場 スタンディング
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/baroque/
・ローソンチケット http://l-tike.com/baroque-tour/
・イープラス http://eplus.jp/baroque17e/
(問)NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:00~18:00)
【LIVE MEMBERS】
BAROQUE:Vocal 怜/Guitar 圭
Support Members:Bass 高松浩史(THE NOVEMBERS)/Drums KENZO

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報