【4連続対談】9nine 吉井香奈恵×HARUNA(SCANDAL)、ヴォーカリストの鍛え方

twitterツイート

▲写真左から:吉井香奈恵(9nine)、HARUNA(SCANDAL)

現在4人のメンバーから成るパフォーマンスガールズユニットの9nineが、2017年の締めくくりとなる12月26日にワンマンライブ<Quattro Formaggi>(読み:クワトロフォルマッジ)をZepp Tokyoにて開催する。ライブタイトルが4種類のチーズを用いたピザの名前になぞらえられているように、ライブ内容もまたメンバー4人それぞれの個性が絶妙に溶け合ったものになるよう作り込まれているとのことだ。

今回お届けする特集では<Quattro Formaggi>公演を前に、9nine各メンバーごとに異なる領域のスペシャリスト達を対談ゲストに迎えた。“かんちゃん”こと吉井香奈恵のゲストは、ガールズバンドSCANDALのボーカル・ギター担当であるHARUNA。ライブに欠かせないボーカルへの2人の思いはもちろん、かんちゃんから飛び出した突然のリクエストもあわせて楽しんでほしい。

◆吉井香奈恵(9nine)、HARUNA(SCANDAL)写真

■私たちはライブがコンスタントにあるんですよね。だから、日々のライブがトレーニングみたいになっているところがあって。(HARUNA)

──お2人はどうやって知り合ったんですか?

吉井香奈恵(以下、吉井):だいぶ前に洋服の展示会で私がトモちゃん(TOMOMI)と会って、次の展示会にHARUNAちゃんも一緒に来たのかな?

HARUNA:それだ! そのときは「初めまして」ぐらいで、しばらく経ってから、私が7~8年通っているボイストレーナーの先生のところに、9nineのみんなも来るようになったんだよね? 先生から「9nineの子は普段こんな感じ」みたいな話を聞いていて、「また今度、話してみたいな」と言ってたら、先生を交えて一緒にご飯をすることになりました。

吉井:この前も大阪でSCANDALさんのライブを観させていただいたのですが、3年前の横浜アリーナにも行って、一緒に写真を撮ってもらいました(笑)

HARUNA:そうだ。思い出した。

吉井:もともと私はデビュー前に大阪の高校に通っていたとき、軽音楽部に入っていて、SCANDALさんの「DOLL」をカバーして文化祭で歌ったんです。

HARUNA:そんな過去があったの? 全然知らなかった。

吉井:普通にファンでした(笑)HARUNAちゃんは会う前はツンとした感じの人かと思っていたら、お話するとすごく優しいし、お姉さんだし、いつも甘えています。話を「うん、うん」って聞いてくれて、私が「ごはんに行きたい」と言ったら「いいよ、行こう」と言ってくれます。



HARUNA:かんちゃんは会うとキャピキャピいろいろなことを話してくれるので、楽しいです。

吉井:HARUNAちゃんには何でも話しちゃいます。でも、この前のライブを観て思ったのが、やっぱりステージだとめっちゃイケメン(笑)!

HARUNA:ハハハハ(笑)

吉井:男前で、本当にカッコ良かったです。

HARUNA:ありがとう。9nineはテレビの収録でも一緒になったことがあったし、MVも観ていて。自分も元はダンススクールに通っていて、9nineのみんなみたいに歌って踊れるアーティストを目指していたので、注目していました。かんちゃんはパフォーマンスを観ていると「すごく歌が好きなんだな」と伝わってきます。

──吉井さんの歌にはどんな印象がありますか?

HARUNA:キュートさとクールさ、カッコ良さを持ち合わせたヴォーカリストだと思います。アイドルの部分とアーティストの部分を両方表現できる人はそんなにいないので、そこはすごく良いところですよね。

吉井:私自身、枠に捉われず、幅は常に広がるように意識しているので、そう言ってもらえるのはうれしいです。私たちは楽器を持たないので、体だけで表現しないといけないので、曲によって「クールにキメよう」とか「かわいく行こう」とかみんなで話し合って、色を付けるように考えています。

HARUNA:それと、ダンスがめちゃくちゃ上手。かんちゃんがインスタグラムに上げるダンス動画をよく観てますけど、すごくカッコイイ。私もこういうことを幼少期からやりたかったので、羨ましさもあります(笑)ライブにはまだ行ったことがないから、ぜひ今度観に行きたい。

吉井:ぜひ! HARUNAちゃんはライブ前って、どんなことをしています? 私たちのライブは2時間歌って踊るので、1ヵ月前から体を整えておかないと、重くて動かなくなるんですよね。

HARUNA:私たちはライブがコンスタントにあるんですよね。ツアーだけでなく、その間にフェスが入ったり。だから、日々のライブがトレーニングみたいになっているところがあって。「このライブに向けて体作りをしよう」みたいなことは全然していません。むしろ気にしないことで、モチベーションを保っています。

吉井:私は何かと食べすぎちゃうので……。フィッティングした衣裳に合わせて体を作っていかないと、ステージでずっと動いているから、しんどくなるんです(笑)

HARUNA:でも、普段ダンスをやっていたら、そんなに体重は気にならないんじゃない?

吉井:いや、結構食べるんですよ。9nineの食事はヤバいです(笑)

HARUNA:マネージャーさんが無言でうなずいてます(笑)

吉井:だって、1回でお弁当2コとか食べますから。焼肉なら1人3人前は食べるんじゃないかな(笑)

HARUNA:怖いな(笑)それは食べるほうだね。

吉井:そうなんです。そこからデザートも行けちゃう(笑)だからこそ、ライブの1ヵ月前から節制しないと。でも、お肉はタンパク質だから食べています。

HARUNA:筋肉は必要だからね。

吉井:甘いものは極力避けます。リハーサルで動くから、糖分も摂らないと頭が回らないので、果物を食べたり。気持ちの問題かもしれないけど、「ライブに向けて頑張っている自分が好き」みたいなところもちょっとありますね(笑)



HARUNA:ストイックだね。

吉井:そう! ストイックなんですよ、私(笑)

HARUNA:そういうところを人に見せないと、やっていけないタイプ?

吉井:そうかも。でも、そこを見せないほうがカッコイイですよね(笑)

HARUNA:人それぞれだと思うけど、かんちゃんは人に見せて自分を追い込むタイプだよね。

吉井:「やってんで!」って自己満で(笑)

HARUNA:私はあまり見せないタイプ。

吉井:そのほうがカッコイイと思う。そういえば気になっていたのが、この前、大阪マラソンで42.195キロを走り切ったんですよね? 「ウソやろ!」と思いました(笑)

HARUNA:走り切ったんですよ(笑)

吉井:マラソンは前からやっていたんですか?

HARUNA:全く。でも、今年に入ってから走るようにはしていた。週1回、5キロくらい。それも誰にも一切言わなかったけど(笑)走るのは好きになっていて、春くらいに大阪のラジオ局から「大阪マラソンを走りませんか?」とお誘いをいただいたとき、「人生で1回はやってみようか」と思って挑戦しました。

吉井:すごい! 実は私も最近少しずつ走るようにしているんですけど、急にそんな距離、考えただけでもムリだから!

HARUNA:私は普段5キロから10キロを1キロ6分半から7分半で走れば、息が切れないことがわかってきて。大阪マラソンもそのペースで走ろうと思っていたら、やっぱり息はそんなに切れなかったんですよ。でも、ずーっと走っていると、だんだん脚が痛くなってきて。上半身は辛くないのに、下半身はどんどん辛くなる。それがマラソンの厳しさだと知りました。

吉井:私もいつか、マラソンをやってみたい!

HARUNA:達成感はあるし、「これをやり遂げられたんだから、何でもできるかも」って、自信になりました。

──ヴォーカリストとしてプラスになった部分も?

HARUNA:気持ちの面はもちろん、やっぱり普段から走ることはヴォーカリストとして大事だと思います。走り始めてから肺活量が上がって、自分のなかでライブでの安心感が全然違います。ムチャができるので。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報