【インタビュー】とけた電球、スタイリッシュな味わいと抒情性を併せ持ったアルバム『魔法が使えないから』

ツイート

■岩瀬の歌がこのバンドの一番の武器だと思っているので
■そこを引き立たせるプレイや音作りを心がけています


――今度はプレイ面について話しましょう。本作を録るにあたって、それぞれプレイヤーとしてこだわったことは?

高城:僕は岩瀬の歌がこのバンドの一番の武器だと思っているので、そこを引き立たせるプレイだったり、音作りだったりを心がけていて、今回もそれは変わらなかったです。2曲目の「魔法が使えないから」の音作りとかもこだわって、スネアの音をかなり低くしたんですよ。そういう音にすることで、内面のモヤモヤした感じを表現できるんじゃないかなと思って。それが聴いてくれた人にも伝わると良いなと思います。

塩田:このバンドを始めた当初は経験者3人の中にベースを持ったばかりの僕が入った感があったので、最初はもうみんなに着いていくのに必死だったんです。リズムのことに関しては、今でも指摘を受けるし。このバンドでは高城がビートを生むというところで大きな役割を担っているので、そこに上手く乗って、かつボーカルを立たせるベースを弾きたいと思っていて。そういうところで、今回もあまり動き過ぎない、上に行き過ぎないみたいなところを意識しました。

――ボトムを支えるベースといえますが、休符を上手く使ったグルーブがすごく気持ち良いです。

塩田:その辺は、かなり高城に指導されました(笑)。


――それに、グルービィでいながらスラップをしないというのも個性になっています。

塩田:たしかに、スラップはあまりしないですね。スラップはそんなに好きじゃないからやって来なくて、正直できないというのもあるんですけど、このバンドにはあまり合わない気がして。ライブでは「ムーンラヴァー」でちょっとやったりするけど、歌が入っていないところでやるというのを前提にしています。僕の中では飛び道具の一つみたいに捉えていて、それこそオートワウを踏むのと同じような感覚でスラップをするので、スラップ主体でフレーズを作ったりすることはないですね。

境:キーボードに関しては、シーケンスを組んだり、凝った音色を作り込んだりするんじゃなくて、“手弾き”ということにこだわっています。「魔法が使えないから」とかはわりと柔らかい歌で、それに対して壊す方向のキーボードにしたんです。煮え切らない人間味を出せると良いなというのがあって、オルガンを歪ませて、さらに表情のある演奏をすることを意識した。そういうニュアンスは手じゃないと出せないですよね。

岩瀬:歌に関しては自分で言うのもナンですけど、僕はどちらかというと歌が上手いほうだと思うんですよ。

一同:うわっ! まぁ、たしかにそうだけど……(笑)。

岩瀬:ただ、今までは表現とかを意識して歌っていたわけではなくて、とりあえず音程が合っていて、人が聴けるレベルのものというくらいの意識しか持てていなかった。自分はピッチが良いという驕りがあって、そういう風になっていたと思うんですけど。だから、今までは歌録りは1~2回、どんなに多くても4テイクくらいでOKですという感じだったけど、今回は4分とかの曲を録るために7時間くらい歌ったりしました。レコーディング・エンジニアの方がディレクターみたいな感じで、この歌はもっとこういう感じだと僕は思う…という風に真正面から曲を解釈してくれて。僕も言ってくださった言葉を噛み砕いて、たしかにこういう表現のほうが良いなと思うことが多々あって。なので、もっと感情とか心情を入れる歌い方ということを意識して全曲と向き合いました。


▲塩田航己(Bass)

――内面の想いが溢れてしまった瞬間が多くて、グッと来る歌になっています。

岩瀬:ありがとうございます。ただ、僕は今回のレコーディングを終えて、まだまだだなと思いました。もっと表現豊かな歌を歌えるようになりたいですね。ギターは、どうだろう? ……僕は本当に理論とかは分からないので、もっとこうしたいみたいなことを意識したことはなくて。僕以外のみんながしっかりやってくれているので、僕は思ったことをパパッと弾いて、みんなが良いと言ったら「じゃあ、これで」みたいな(笑)。人が聴いてどう思うかということを意識しているから、こういうアプローチのほうが良いんじゃないかと言われたら変えるんですよ。ギターはまだあまり理解できていないので自由に弾いてみて、みんなの意見を聞いて、いろいろ吸収している最中です。

――ギターは、引き算の上手さを感じましたよ。『魔法が使えないから』は良質な楽曲に加えて、プレイの聴きどころが多くて楽しめました。話は変わりますが、皆さん普段カラオケには行かれますか?

岩瀬:たまに行きます。

高城:中学の頃とかは、週に何日も行ってたよな?

岩瀬:行ってた。僕と高城は中学時代に、突然カラオケに目覚めた時があって(笑)。週に4~5回行っていました。

高城:で、岩瀬は毎回「ハナミズキ」を歌うという(笑)。

岩瀬:懐かしい(笑)。徳永英明さんがカバーしたバージョンの「ハナミズキ」(笑)。中学生の頃は、よく1人カラオケとかもしていましたね。当時は今と違って1人カラオケをする人はほとんどいなくて。だから、すごく恥ずかしくて、後から1人来ますと嘘をついたりしていました(笑)。

一同:ハハハッ!! その気持ちは分かる(笑)。

高城:今は“ヒトカラ”する人多いけどね(笑)。僕は、最近はカラオケに行くと高校生時代に聴いていたBUMP OF CHIKENさんとかASIAN KUNG-FU GENERATIONさんとかを歌います。あとは、スキマスイッチさんとかも、たまに歌ったりしますね。キャッチーな曲とか、メロディアスな曲を歌うのが好きなので。


▲境直哉(Keyboard)

――歌う時はオリジナルをコピーするタイプでしょうか? それとも自由に歌う派?

高城:ご本人の歌い方を意識して歌うほうです。自由に歌えるほどの表現力はないので。なり切りまではいかないけど、寄せて歌うという感じですね。

塩田:カラオケは飲み会の二次会とかで行くことが多くて、先輩とかと一緒に行くことが多いんですよ。で、一番若いヤツということで、大体トップバッターを任されるんですよね。そうなると、絶対に嵐さんの「Love so sweet」を入れて、全編完コピで、振付までやって場を湧かすというのが鉄板ネタになっています(笑)。

――良いですねぇ(笑)。そのために振付も覚えたのでしょうか?

塩田:いえ、僕は元々嵐さんの大ファンで、自分が小6~中1くらいに出た曲はほとんど踊れるんです。1人でもライブに行きますし。先日も嵐のライブに行って、振付を覚えている曲は全部踊りました(笑)。

岩瀬:僕はカラオケに行くと、Mr.Childrenさんばかり歌っています。桜井(和寿)さんはいくつになっても良い歌を歌い続けているし、歌詞もめっちゃ良いし。それに、速い曲もスローな曲もあって、歌っていて楽しいんですよ。ただ、桜井さんの歌い方を真似するんじゃなくて、自分の解釈で歌います。僕が桜井さんだったら…という感覚で歌いますね。

境:僕は恥ずかしがりだし、歌がヘタなので、カラオケに行ってもずっとタンバリン係なんですよ(笑)。最近遊んでいる友達がみんなカラオケが大好きで、しょっちゅう飲みに行って、そのままカラオケに行って、めっちゃタンバリン叩いてる…みたいな(笑)。

岩瀬:みんなが歌っているのを聴いて、“歌いたい欲求”が湧いてきたりしない?

境:“歌いたい欲求”は、家の風呂で満たしてる(笑)。それに、タンバリン係も楽しいから、歌わなくても退屈しないし。

――カラオケは、みんなで盛り上がれることも魅力ですよね。とけた電球の曲をカラオケで歌いたいと思っている人へのアドバイスなどもお願いできますか。

岩瀬:今回のリード曲の「魔法が使えないから」はちょっと難しい部分もあると思いますけど、失恋した日とか、どうしても1人が淋しい夜とかにカラオケに行って歌って欲しいですね。ミュージック・ビデオ付きで流れるみたいなので、僕の顔を見ながら歌ってもらえれば良いなと思います(笑)。

一同:……はいはい、そうですね(笑)。


――とけた電球の曲はメロディーが良いので、楽しく歌えるような気がします。話をバンドに戻しますが、『魔法が使えないから』のリリースに伴って2018年2月18日にTSUTAYA O-nestでレコ発ワンマンライブも行います。

岩瀬:前回のワンマンライブからちょうど1年くらい経っていて、『魔法が使えないから』というアルバムも2年ぶりに出して。長期間空いたうえでのことなので、僕らもその間の人生で積み重ねてきたものがあって、心も身体も大人になった。なので、昔から知っている人には変化や成長を楽しんでもらって、初めて見る人にはめちゃめちゃ凄いバンドがいるなと感じさせたい。レコ発ライブは、そういうワンマンにしたいと思っています。

高城:2年前に初めて出した『最初の恋のように』と比べて、『魔法が使えないから』は印象がかなり変わったなと感じると思うんですよ。実際ツィッターとかで、「変わってしまった」とか「昔のほうが良かった」みたいな声もあったりするけど、バンドの本質的な部分は変わっていないんですよね。ライブを観れば分かってもらえると思うけど、僕らは変わってしまったわけではなくて広がったんです。今のとけた電球はベストの状態だと思っているので、それをTSUTAYA O-nestで見ていただければと思います。

塩田:『魔法が使えないから』が出来上がった時に、今のそれぞれが出来るMAXのものを詰め込めたし、音源ならではの良さがある作品になったなと思ったんです。それを引っ提げてのワンマンになるので、今度は生ならではの良さをしっかり出したいですね。そうやって、とけた電球は音源も良いし、ライブも良いと思ってもらえるようなライブにしたいなと思っています。

境:アルバム全体もそうだけど、特に表題の「魔法が使えないから」という曲は、岩瀬が凄い曲を作ってくれたなと僕は思っていて。きっと今まで以上にいろんな人に響いて、とけた電球という名前が広がっていると信じているんですね。ずっと応援してくれている人も、「魔法が使えないから」で僕らのことを知った人も期待してくれていると思うので、それを超えていけるようなライブにしたい。観応えのあるライブをして、良い流れでその先へ繋げていきたいなと思っています。

取材・文●村上孝之

リリース情報

2nd Album『魔法が使えないから』
12.06 ON SALE
HPTD -0001 ¥2,000 +税
<CD 収録内容>
1.ご機嫌な平日
2.魔法が使えないから
3.ムーンラヴァー
4.Welcome
5.終電が邪魔をする
6.Baby night, Baby love
7.素敵な靴
8.心が忘れない

ライブ・イベント情報

<スターフィッシュツアー仙台編>
12/14(火)仙台FLYING SON
とけた電球
OVER THE DOGS (東京)
Minato
ナキシラベ (神奈川)
THE ARNOLDS

12月22日(金)『TOKYO EYE Vol.2』
w/ Omoinotake、わたしのねがいごと。
@下北沢 LIVE HOLIC

<TEDDY pre.『Lotus tour 渋谷編』>
1月6日(土)渋谷TSUTAYA O-Crest
TEDDY
とけた電球
マカロニえんぴつ
Dear Chambers
SAME
大平伸正

<アルバムリリース記念ワンマンライブ『魔法をかけてあげよう』>
2018年2月18日(日)
@TSUTAYA O-nest
《チケット情報》
プレイガイド(e+、ローチケHMV)にて発売中!
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002245191P0030001
http://l-tike.com/order/?gLcode=73360
Lコード:73360

<『魔法が使えないから』リリース記念インストアライブ>
1/12(金)TOWER RECORDS新宿店7F イベントスペース
ミニライブを行なった後、購入者様限定でのチェキ撮影会を行います。

1/20(土)タワーレコード難波店5F イベントスペース
ミニライブを行なった後、購入者様限定でのチェキ撮影会を行います。

<見放題東京2018>
3月3日(土)新宿歌舞伎町界隈10会場
新宿LOFT / 新宿LOFT BAR / HOLIDAY SHINJUKU / 新宿MARZ / Shinjuku Live House Marble / 新宿Motion / ACB HALL / RUIDO K4 / 新宿SAMURAI / Zirco Tokyo

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報