OLDCODEX、ライブ映像&「Million from Codex」ライブクリップのスペシャル上映会レポ@ユニカビジョン

twitterツイート

ほぼ毎日、様々なアーティストのライブ映像が上映されている新宿のユニカビジョン。12月16日(土)には、OLDCODEXのライブ映像を上映するスペシャル上映会が開催された。このスペシャル上映会はこの日の午後3時と午後5時の2回のみの開催で、<OLDCODEX Tour 2016-2017“FIXED ENGINE”>ツアーを収録した『OLDCODEX Live Blu-ray “FIXED ENGINE” 2017 in BUDOKAN』からのライブ映像6曲に加え、「Million from Codex」のライブクリップも上映された。「Million from Codex」のライブクリップはこれが初出しとなる。


視聴会場はいつものとおり、ユニカビジョンの向かい側にある西武新宿駅前ペペ広場。この日は早くから多くの観客が集まった。第1回目の上映会は午後3時スタートだが、早くも2時過ぎには人が集まり始めた。広場ではスペシャル上映会恒例の、ヘッドフォンの無料貸し出しも行われた。ビジョンに映し出される映像とリンクしたサウンドが無線で配信され、高音質で上映会を楽しめるというもの。毎回好評のこの企画、今回も受付には早くから行列が作られ、ヘッドフォンを受け取って視聴エリアへ移動するという人の流れができていた。30分ほどすると、足元のテープで区切られた2か所の視聴エリアは満員になってしまった。


この高音質サウンドを自前のヘッドフォンで楽しめる、スマホアプリの「Another Track」との連動企画も実施された。あらかじめデータをダウンロードしておき、上映中にアプリを起動したスマホをビジョンにかざすと、映像にシンクロした高音質サウンドをヘッドフォンで聴くことができる。このことはビジョンでも告知が表示されていたが、すでに知っていた人もかなりいたようで、スマホを片手にスタンバイする人が広場のあちこちに見られた。


午後3時になると、ビジョンには広場の様子が映し出され、観客は手を振ってそれに応える。そんな会場の様子を、自宅などで見た人もいるだろう。というのは、この上映会は全国に向けて生中継もされていたからだ。ユニカビジョンの公式サイトやフェイスブック、ツイッターでは、上映中のビジョンの画面や会場の模様がストリーミング配信されていて、PCやスマホで見られるようになっていたのだ。これもユニカビジョンのスペシャル上映会では恒例の企画だ。


ビジョンにはシャウトするTa_2が大きく映し出され、周囲の空気を切り裂くような歪んだギターが響いて、「Deal with」から上映会が開始。いきなり中盤の盛り上がっているところからのスタートだ。客席は意外に淡々と見ているような雰囲気だったが、よく見ればほとんどの人がOLDCODEXの攻撃的なビートに合わせて少しずつ身体を動かしている。2曲目の「Scribble, and Beyond」へとアグレッシブなサウンドが続くと、頭も大きく揺れ動くようになり、客席全体が熱気を帯びてきた。

視聴エリアの反応は全体的におとなしい感じだが、それはヘッドフォンを使っている人が多かったからだろう。ビジョン近くのスピーカーからも十分な音量でサウンドが流れているが、目の前の映像により集中して楽しむにはやはりヘッドフォンがいい。映像の中でTa_2が煽り観客が応えるシーンなどでは、武道館を埋め尽くした満員の観客が本当に周囲にいるかのようにさえ感じられた。


「カタルリズム」、「Rage On」と最後までハードなナンバーが立て続けに流れて、武道館のライブ映像6曲が終了。最後にこれが初出しとなるライブクリップの「Million from Codex -Releasing Live 7.29 Edition-」が上映され、1回目の上映会は終了した。

2回目が始まる午後5時少し前、すっかり暗くなった広場には再び多くの人が集まり、1回目以上に視聴エリアは膨れ上がっていた。1回目と同じく「Deal with」がスタートすると、今度はほとんどの人の身体が動き出した。周囲が暗くなっているので、映像の中の目まぐるしく変化するド派手な照明やレーザー光線、凝りに凝ったセット、そしてYORKE.の操るペイントがとても鮮やかに目に飛び込んでくるから盛り上がる。とくにレーザーは画面から飛び出してきそうなほど強烈で、通りすがりに足を止めて画面を見上げる人も多くいたし、視聴エリア付近の観客の数も増え続けた。


4曲目の「WALK」が流れた頃には、ほとんどの人が縦に大きく身体を動かしていて、客席全体が固まりになって揺れているようだったし、最前列ではビートに合わせてジャンプする集団もいた。速いビートの「Rage On」が流れると今度は首が左右に揺れる。最後の「Million from Codex -Releasing Live 7.29 Edition-」まで、大いに盛り上がって2回目の上映も終了した。


1回目の上映会終了後、集まった人たちに話を訊いてみると、映像の美しさとヘッドフォンのサウンドを絶賛する意見が多かった。中でも、長年のOLDCODEXファンで、東京近辺のライブにはつねに足を運ぶという若い女性2人組は、今日の上映会は2回とも参加したという。“ヘッドフォンの音がとにかくよかったけれど、ときどきは外して聴いていた”、“武道館にも行ったけれど、そのとき楽しかった記憶がよみがえった”などとコメント。そして“OLDCODEXの魅力はライブ。ペインターもいるユニークなスタイルだから、ライブなら歌とペイントのリンクもよくわかるし、今日またここで見られてよかった”と話してくれた。

なおこの日はスマートフォンアプリ「VISION α」を使ったプレゼント企画も実施されていた。上映中にアプリを起動し、ユニカビジョンにスマホをかざして応募するというもので、この日は応募者中、10名にOLDCODEXのツアーグッズ、50名にAmazonギフト券がプレゼントされたという。

ユニカビジョンでは今後も様々な上映会が予定されているので、Webサイトで日時やヘッドフォン貸し出しの有無などを確認のうえ、ぜひ参加してみてほしい。

取材・文●田澤仁

<OLDCODEX スペシャル上映会>上映曲目

『OLDCODEX Live Blu-ray “FIXED ENGINE” 2017 in BUDOKAN』より
1.Deal with
2.Scribble, and Beyond
3.Anthem
4.WALK
5.カタルリズム
6.Rage on
7.Million from Codex -Releasing Live 7.29 Edition-

ライブ・イベント情報

【LIVE】OLDCODEX Arena Tour 2018 “we’re Here!”
■1月13日(土) 【兵庫】ワールド記念ホール
■2月8日(木) 【神奈川】横浜アリーナ
12月16日(土)10:00am~ 一般発売開始

リリース情報

OLDCODEX Live Blu-ray “FIXED ENGINE” 2017 in BUDOKAN
LABX-8203 - 8204 (2枚組) /¥7,800(税抜価格)
DVD
【DISC1】
HEAVEN
flag on the hill
Lead Me Not
Feed A
Meteor Train
Cold hands
The Misfit Go
Calling
Harsh Wind
Dried Up Youthful Fame
Lantana
Milestone
bund
〔Blue〕
Aching Horns
Deal with
The Experience
Scribble, and Beyond
Anthem
WALK
night flight
Landscape
カタルリズム
Rage on
En1 kick out
En2 Eyes in chase
【DISC2】
OLDCODEX Tour 2016-2017 “FIXED ENGINE” Behind the scenes

OLDCODEX 15th Single「Growth Arrow」 Releasing 2018.2.7
【初回限定盤】CD+DVD LACM-34703 / \1,800 (税抜価格)
【通常盤】CD Only LACM-14703 / \1,300 (税抜価格)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報