バイオリンに使用される高級材採用、世界限定1台のフェンダー・カスタムショップ製デジタルアンプ登場

twitterツイート

世界限定1台の高級木材を採用したFENDER CUSTOM SHOP製デジタルアンプ「Mustang GT40 Masuterbuilt Flame Maple」が、フェンダーミュージックより登場した。

「Mustang GT40 Masuterbuilt Flame Maple」は、世界初のWi-Fi搭載デジタルアンプ「Mustang GT」シリーズの中でも軽量&コンパクトな家庭練習用として人気の「Mustang GT40」をベースとした特別仕様。FENDER CUSTOM SHOPのアンプ製作専任のマスタービルダーであるショーン・グリーンが、アンプキャビネットをこだわりの木材で組み上げた、実験的でありながら優れた芸術性と音質を兼ね備えた限定モデルだ。


ショーン・グリーンにより今回誕生したのは、わずか世界に5モデル。それぞれが異なる5種類のエキゾチックウッドから製作されている。カナリーウッド、ブラジリアンウォールナット、アフリカンウォールナット、マチーチェなどの中から、日本へ投入されるのはフレイムメイプルを採用したモデル。バイオリンやアーチド・トップギターなどにも採用される木材で、正統派とも言える木目の美しさが上品な佇まいを演出、世界にひとつしかないモデルにふさわしい存在感を与えている。

フレイムメイプルのキャビネットは、すべて手作業で組み上げられた後、丹念に磨かれ、他の小型アンプでは味わえない、より豊かな味わいを生み出している。また、デジタルアンプでありながら、その木材の良質なレスポンスにより充実した低音域を実現。キャビネット以外のデザインも特別仕様で、マスタービルダーの遊び心であしらわれたフェンダーロゴの木材加工や、滑りにくいように加工された持ち手部分など、細部にも暖かみを感じられる仕上がり。さらに背面にはFENDER CUSTOM SHOP製であることを示す紋章が入っており、他のCUSTOM SHOP製品同様、認定証も付属する。

製品情報

◆Mustang GT40 Masuterbuilt Flame Maple
価格:500,000円(税別)
発売日:2017年11月24日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報