元ステレオポニーのAIMI、Amazonドラマ『チェイス第一章』のエンディング曲を書き下ろし

ツイート

2018年春にソロ初アルバムをリリースする元ステレオポニーのボーカル&ギターのAIMIが、2017年12月22日(金)にAmazonプライムビデオにて独占配信開始する『チェイス第一章』のエンディング曲を担当することを発表した。

『チェイス第一章』は、脚本を「HERO」「海猿」「龍馬伝」の福田靖、監督を「神様のカルテ」「白夜行」の深川栄洋、出演に大谷亮平と本田翼のW主演、主題歌はポルノグラフィティが担当するという話題作だ。AIMIはエンディング曲に、楽曲「FAKE」を書き下ろした。

2017年4月に初のワンマンライブも成功させたAIMIは、今年9月よりCAMPFIREでクラウドファンディングを実施。ミニアルバムを予定していたのをフルアルバムにランクアップして制作するプロジェクトをスタートさせた。プロジェクトの目標額を開始8分で達成し、最終的に目標額の360%の支援を集めた。また海外から支援したいとの声に応え、「TOKYO MIRAI MODE」で海外向けにもクラウドファンディングを実施し、9,600ドルが集まった。

楽曲「FAKE」は、ドラマの配信開始と同日2017年12月22日から予約開始となり、Amazon.co.jp限定盤で2018年1月24日(水)にAmazon Recordsから発売される。


この記事をツイート

この記事の関連情報