デンマーク首相、メタリカのボックス・セット贈呈は“ハード・ロック外交”

twitterツイート

デンマークのラース・ロッケ・ラスムセン首相が、先月、インドネシアを訪問した際、同国のジョコ・ウィドド大統領に、ラーズ・ウルリッヒのサインが入ったメタリカの『Master Of Puppets』ボックス・セットを贈ったことが話題になったが、ラスムセン首相はこれを“ハード・ロック外交”と呼んでいる。

◆ラーズ・ウルリッヒ コメント、画像

首相は、メタリカのアルバムを贈ることに決めた理由を『Channel NewsAsia』にこう話した。「インドネシアの大統領は真のメタリカのファン、ヘヴィ・メタル・ファンだって聞いていたからだ。ロイヤル・コペンハーゲン(デンマークの陶磁器メーカー)等を贈るより、彼が本当に喜ぶものを贈ろうと思ったんだ。だから、これを“ハード・ロック外交”と呼ぶがいい。中国には“パンダ外交”がある。そして、我々は“ハード・ロック外交”を考案した」

ラスムセン首相に頼まれボックス・セットにサインしたラーズ・ウルリッヒは、先月終わり、それがウィドド大統領の手に渡ったときの写真をインスタグラムに投稿し、「これは、かなりクールだ…」「音楽は本当に人々を結び付ける!!!」との感想を述べていた。



Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報