「THANKS BOΦWY」ファンからのメッセージが新聞広告に

ツイート
▲12月24日(本日)の朝日新聞に掲載

本日2017年12月24日、「THANKS BOOWY」というメッセージとそれを囲む482名の名前を記載した1ページの広告が朝日新聞全国版に掲載された。

◆BOOWY アーティスト写真

これは、株式会社レコチョクが運営する共創・体験型プラットフォーム「WIZY」が呼び掛けた「12月24日の新聞上でBOOWYにお祝いメッセージを伝えるプロジェクト」が、プロジェクトをサポートしたファンとともに広告掲載したもの。

1987年12月24日、東京・渋谷公会堂公演で解散を宣言したBOOWYは、翌日に新聞広告で「BOOWY解散。」とファンへ解散を知らせた。今年はBOOWYのデビュー35周年であり、解散告知から30年後の12月24日にBOOWYの35周年をお祝いするファンの気持ちをカタチにできる場を用意しようと、このプロジェクトがスタート。プロジェクトをサポートしたファンからは「30年前の12月25日 あの新聞の広告を見て涙しました」「解散宣言から30年経ったあの時と同じ日に同じ媒体で感謝を述べられるなんて」などの声が寄せられているとのことだ。

なお本日は、映像作品『BOOWY 1224 -THE ORIGINAL-』のリリース日。こちらは、BOOWYが1987年12月24日に東京・渋谷公会堂で行なった<DR.FEELMAN'S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR>最終公演の模様を完全収録したもので、新たに発掘されたオリジナルフィルムを4Kスキャニングし、BOOWY作品を数多く手がけた映像ディレクター、前島輝が編集を担当。2001年に発売された『1224』では数十秒ほど欠損していたアンコールの「ONLY YOU」も完全版で収録された、高画質、高音質、16:9画角の新たな作品となっている。

※「BOOWY」の2つ目のOはストローク符号付きが正式表記


この記事をツイート

この記事の関連情報